【美人ハーフ歌手トランク詰め殺人】杏真理子を殺した犯人と真相に迫る(画像あり)

「美人ハーフ歌手トランク詰め殺人」とは、サンフランシスコで行方不明になった美人ハーフ歌手・杏真理子さん(当時25才)が、市内のアパートで殺害されトランク詰めされた殺人事件です。

杏真理子さんを殺した犯人は、恋人?浮気相手?借金を巡りもつれた恋愛関係と、事件の真相に迫ります。
 
 

■ 「美人ハーフ歌手トランク詰め殺人」被害者 杏真理子


杏真理子さんは、青森県三沢市出身1949年1月15日生まれでした。
父親がアメリカ人で、母親が日本人というハーフ美人です。
三沢市はアメリカ軍三沢基地があるので、ハーフが多い地域です。

札幌のクラブで歌を歌っていたときにスカウトを受け
1971年22才の頃
「さだめのように川は流れる」で4月25日にシングルデッビューします。
この曲はTBSパックインミュージックなど深夜放送で話題となりました。

日テレ「NTV紅白歌のベストテン」にも選出され評論家から支持され注目されますが、不運にも同じ時期に小柳ルミ子がデビューして、そのヒットの陰に埋もれてしまい、売上枚数2.8万枚という結果でした。

作詞を手掛けたのは名作詞家の故・阿久悠さんの著書「なぜか売れなかったが愛しい歌」には、「さだめのように川は流れる」が記載されています。

杏真理子さんはそのあとシングルを4枚か発表しますがヒットすることなく、デビューから2年後の1973年に歌手活動を休んで、音楽を勉強するためアメリカへ渡ります。

アメリカでは、ウェイトレスとして働きながら、音楽活動や音楽の勉強に励んでいました。


 

 
 

■ 「美人ハーフ歌手トランク詰め殺人」の犯人と真相 杏真理子との関係


杏真理子さんを殺した犯人は、元カレのタネヨシ・ミギタというアメリカ出身の白人男性です。

杏真理子さんとタネヨシ・ミギタが知り合ったのは、彼女の故郷、三沢市です。
タネヨシ・ミギタは、生まれはアメリカですが、日本で育ったアメリカ人のようです。
杏真理子さんの高校時代の彼氏が、タネヨシ・ミギタでした。

タネヨシ・ミギタは、逮捕歴が何度もある札付きのワルで、当局のブラックリストに載るほどの人物でした。
実は、杏真理子さんが歌手として芸能界入りしてからずっと、ミギタは彼女に金の無心をしていたようです。

杏真理子さんがアメリカに渡ったと知ったミギタは、金の無心をしに彼女を追ってアメリカに行きました。
しかし、杏真理子さんが、金を渡すことを断ると、逆ギレて殺します。
杏真理子さんはミギタに、銃で撃たれ刃物で切られ、挙句の果てにトランク詰めにされたのです。


  
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP