【井岡一翔VSララ】7月20日の試合結果と両者コメント「次戦の大晦日統一戦への重要な試合」

ボクシングWBA世界フライ級王者・井岡一翔選手(27才)とキービン・ララ選手(21才)の試合が7月20日に行われます。結果がどうなるか注目です。
テレビ中継はテレ東で20:00から放送です。

井岡一翔選手は3度目の防衛戦であり、ララ選手との試合の勝てば、大晦日にスーパー王者エストラーダとのビッグマッチ実現の可能性が見えてきます。
対戦相手のキービン・ララ選手は世界フライ級6位・18連勝中で通称「ニカラグアの宝石」と呼ばれる21才のホープです。

※7月20日の試合テレビ中継を見て結果を更新※
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 7月20日の試合結果に期待 井岡一翔


■井岡一翔の戦績

・2009年 プロデビュー
・2010年 第33代日本ライトフライ級王座
・2011年 第13代WBC世界ミニマム級王座
・2012年 第21代WBA世界ミニマム級王座
・2012年 第27代WBA世界ライトフライ級王者
・2015年 現WBA世界フライ級王者
     ※世界最速で3階級を制覇する

井岡一翔選手は50.8キロで計量をパスしました。
目指しているのは念願の、メキシコのスーパー王者エストラーダとのビッグマッチ「王座統一戦」です。

井岡一翔選手は7月20日の試合でキービン・ララ選手に勝てば、来月20日までにエストラーダ陣営と交渉に入る予定です。
井岡陣営は、大晦日に行う次戦はエストラーダとの「王座統一戦」を最優先に考えています。
エストラーダ選手はWBO王者でもあるので、受諾しやすいようにWBAスーパー王座だけをかけるという条件でも受け入れる準備があります。

もし「王座統一戦」が実現しなかった場合は、フィリピンのIBF世界フライ級王者カシメロ選手との2団体統一戦も選択肢に入れているといいます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 7月20日の試合相手 キービン・ララ


キービン・ララ選手はニカラグア出身1994年10月2日生まれの現在21才。
世界フライ級6位・18連勝中で通称「ニカラグアの宝石」と呼ばれる21才のホープです。
KO勝ちは6試合です。
タイトルは
・WBCラテンアメリカスーパーフライ級暫定王座
・WBCラテンアメリカフライ級王座

■ 【井岡一翔VSララ】7月20日の試合結果


7月20日の試合は「王座統一戦」への通過点とはいえ重要な意味があります。
この試合に勝てば世界戦の勝利数でも日本歴代2位の12勝目となるからです。
井岡一翔選手はKO防衛を狙います。

見どころは「ボディー打ち」
井岡一翔選手がボディーでせめて、できればKOを狙ってほしいです。

※7月20日の試合テレビ中継を見て結果を更新※

1R
井岡一翔選手はガードを固めて様子を見ます。
ニカラグアのリズム感をつかんでいきます。
井岡一翔選手は的確に細かいパンチを当てていきます。
2R
ショートパンチを当てていきます。
ララ選手は上半身が柔らかいです。
井岡一翔選手はボディをバンバン打っています。
3R
ララ選手は好戦的で、ガードの上からどんどん攻めてきます。
ララ選手は「型のない攻め方」
井岡一翔選手これまでにない攻められ方をしています。
井岡一翔選手としてはやりにくそうです。
4R
前に出てくるララ選手。めちゃ手数が多いです。
ただ有効打を当ててるのは井岡一翔選手です。
5R
ララ選手はボディを嫌がっています。
井岡一翔選手のボディが効いてきたようです。
ララ選手が前かがみになってきました。
井岡一翔選手のラッシュが始まったところでゴング。
6R
ララ選手の手数が一気に減りました。
今度は井岡一翔選手がプレッシャーを与えていきます。
井岡一翔選手はパンチをすべてかわしながらパンチを当てていきます。
距離感をつかんだようです。
それでもララ選手は打たれ強いです。
井岡一翔選手はボディをどんどん当てていき、試合の主導権を得ています。
7R
井岡一翔選手はKOを意識しているようです。
きれいな音のする、的確なコンビネーションで芯を当てるパンチを当てていきます。
ララ選手は足が止まってきました。
8R
ララ選手もたまにいいパンチを出すので油断は禁物です。
井岡一翔選手がカウンターを当てますがタフで倒れません。
KOパンチをもらっているのにララ選手は倒れません。
9R
パンチを当てられララ選手は一瞬だけ足がふらつきます。
井岡一翔選手が連打を当て「アリ・シャッフル」のステップを見せました。
ララ選手は膝が伸びてきました。
まだダウンしません。
10R
ララ選手は勇猛果敢に前へ出て接近戦を挑んできます。
井岡一翔選手の右ストレートが決まり、仕留めに行きます。
ついにララ選手がダウンしました。
しかし立ち上がります。
井岡一翔選手の猛攻。ふらつくララ選手。ここでゴング。
11R
KOチャンスのラウンドです。
会場も盛り上がります。
井岡一翔選手の右ストレートが決まり、ふらつくララ選手。
ララ選手またダウン。立てない!
KO勝利!V3達成!!

井岡一翔選手が勝利!

これで勝利数12、日本歴代2位です。

■ 【井岡一翔VSララ】7月20日の試合後の両者コメント


■井岡一翔

ありがとうございました。
挑戦者のララ選手が手数が多かったですが、最後勝ててよかったです。

まだまだ終わらないです。
ここは通過点で、まだうえに向かって。
もっと強い相手との統一戦、期待していてください。

勝てる方程式を立てて勝てたのも、会場にいるみなさん(のおかげ)です。
全ての人に感謝します。

■キービン・ララ

コメントなし

■ ネットの反応



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP