【母を失くした坂口杏里】2016年の現在「消えた彼女は父を支えるためセクシー女優へ」

2013年22才という若さで、最愛の母を失くした坂口杏里さん。
バイキング小峠さんとの破局や、おバカキャラで笑われたりしても、母を失う悲しみの比ではなかったでしょう。

2015年5月には母の死去後、心のよりどころだった男性も逮捕され、6月に有吉反省会に出演するなどあれど「消えた」といわれていた坂口杏里さんですが、2016年現在、なんとセクシー女優へ転身していました。

2015年12月には坂口杏里さんに40億の借金を背負わせた父・田山恒彦さんが、母と同じくがんだと知り、憎かったはずの父と病院で泣きながら手をつなぎました。
そのとき「父を支える」と誓っていたのですが、2016年現在はセクシー女優の仕事で父を支えるようです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 坂口杏里の母・坂口良子


母・坂口良子さんは北海道出身1955年10月23日生まれ。
ドラマや映画「犬神家の一族」などに出演していた女優です。

1971年
母・坂口良子さんは、ミス・セブンティーンコンテストで優勝したのがきっかけで芸能界に入り。

■結婚

1987年春
母・坂口良子さんが31才の頃、19才年上の不動産王・田山恒彦さん(当時49才)と結婚しました。
旦那の田山恒彦さんは既にバツ2で18才の娘がいましたが、坂口良子さんは初婚でした。

坂口良子さんの当時のコメント
「私は甘えん坊で年上の人が好きだったし、年の差はあまり感じないんです」
なんだか娘の坂口杏里さんは母の血を継いでいるみたいですね。

・出会い
1984年の熱海温泉で、母・坂口良子さんと父・田山恒彦さんは出会いました。
そのあと複数回食事に行き、1985年のクリスマスに会った時に彼が独身だと知って、男性として意識するようになりました。
・結婚の決め手
良子さんが田山恒彦さんにおかゆと届けた時に結婚を意識しましたが、最も決定的だったのは、19才年の差に反対すると思っていた母・タミ子さんが「大事にしなさい」と言ってくれたことでした。
・子供
子供について「彼が元気なうちに」と語っていた母・坂口良子さん。
一男一女をもうけました。
(医師・坂口直彦さん、タレント・坂口杏里さん)

■ 坂口杏里の父・田山恒彦


父・田山恒彦さんは、ゴルフ場経営・都市開発などを事業とする「本州開発」の常務。
1人目の嫁は、良子さんと結婚する16年前にがんで亡くしました。
2人目の嫁と再婚するも離婚。
6年後に三度目の結婚相手となったのが良子さんでした。

■不動産王

「本州開発」を退職したあとは、ヤシマ産業で一匹オオカミで不動産王「地上げの神様」に成り上がりました。

■倒産・借金40億円

ところがバブル崩壊とともに転落し、不動産会社は倒産。
40億円もの借金を背負うことに。
しかも田山恒彦さんは、坂口良子さんが知らぬ間に彼女を勝手に連帯保証人にしていたのです。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 坂口杏里の母・坂口良子 父・田山恒彦と離婚


1994年39才の頃(坂口杏里さん3才の頃)
幸せだったはずの結婚生活から一転、田山恒彦さんの会社が倒産した坂口良子さんは離婚しました。
勝手に連帯保証人にされたので40億円の借金を背負います。騙されたのです。
借金返済のため、坂口良子さんの結婚前からの資産も失いました。

坂口良子さんは借金を返済するため、ギャラにこだわらず仕事を選ばずがむしゃらに働きました。

4年後の1998年43才の頃
プロゴルファーの尾崎健夫さんを知人に紹介してもらい、事実婚状態となります。
2012年57才の頃
15年間の事実婚を経て、尾崎健夫さんと結婚しました。

がむしゃらに働いた坂口良子さんは借金も完済し、娘の坂口杏里を売り込みためにバラエティで共演することも。坂口杏里さんの力だけでは売れないとわかっていたから、親として少しでも力になりたかったのです。

■ 坂口杏里の母・坂口良子 死去。死因はがんと肺炎


2013年の春3月27日
尾崎健夫さんと結婚した翌年のことです。
坂口良子さんは死去されました。死因は横行結腸癌および肺炎でした。

実は2011年に大腸がんが見つかり治療を続けていたのですが、仕事が減ることを恐れてずっとかくしていました。尾崎健夫さんはがんだと知って、覚悟して結婚してくれたのです。

最愛の母が死去したことで、娘の坂口杏里さんは心のよりどころを失うことに。
坂口杏里さん22才の頃でした。

■ 坂口杏里の最近から現在


■恩人男性が逮捕

2015年5月
坂口杏里さんが24才の頃、モデルの夢を叶えてくれた恩人男性が逮捕されました。
逮捕されたのは、ファッション誌「ジギー」の元社長でフィリピン国籍の男性。
容疑は、モデル志望の少女にわいせつ強要した児童福祉法違反です。

2013年に母を失った坂口杏里さんにとって、この男性は心のよりどころでした。
6月には「有吉反省会」に出演したものの、顔がすっかり変わっていて整形疑惑が浮上。
精神的不安定な女性は整形にハマりやすいといいますが、その典型という指摘もありました。

■実の父・田山恒彦ががん

2015年12月15日
坂口杏里さんはブログで、実の父親ががんで入院中と告白しました。
事務所から連絡があり知り、母を苦しめた父を憎んでいたのですが、自分が産まれたのは父のおかげでもあると悩んだ挙句、病院に行きました。
やはり親は親なのでしょう。20年ぶりに会い、泣きながら手をつないだそうです。
がんで変わり果てた父の姿は、同じくがんで亡くなった母に重なりました。

■2016年現在

消えたと思われていた現在、坂口杏里さんは芸能事務所を引退し、MUTEKIからセクシー女優としてデビューするとのことです。
セクシー女優の世界は、精神的不安定な女性も多いといいますが・・・。
母を失くし、信頼していた男性も逮捕され、拠り所を失った彼女。

父の見舞いに行ったときは「私にできることで後悔しないように生きよう」と父を支えることを誓っていましたが、それはセクシー女優になることなのでしょうか。

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP