【がん】椎名法子の旦那・斉藤紀由は結婚後「悪性リンパ腫に笑顔で闘うバー店長に」

歌手でも活躍した美人女優・椎名法子さん(33才)の旦那、元Jリーガーの斉藤紀由さん(34才)は、がん(悪性リンパ腫)に襲われました。

旦那・斉藤紀由さんは、Jリーグ引退後にバーを開店し店長に、その後は結婚もし、椎名法子さんもブログで幸せを綴りました。
しかしそのすぐあと、斉藤紀由さんはがん(悪性リンパ腫)を発症するのです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 椎名法子 プロフィール


椎名法子さんは大阪出身1982年11月22日生まれの現在33才。
歌手や女優として活動。

15才頃にJUNONコンテストで優勝して芸能界入りし、19才頃にはフジテレビのジジュアルクイーンにも選ばれました。
女優としてはドラマ「特命係長 只野仁」に女子アナ役で出演したりしていました。
歌手としてはshiina名義で活動し、自分で作詞・作曲もする本格派です。

■ 斉藤紀由 プロフィール


斉藤紀由(さいとうきよし)さんは仙台出身1982年10月11日生まれの現在34才。
椎名法子さんより1才年上です。

東京農業大学卒業後、FCホリコシ(後のアルテ高崎)で1年半プレー後、ロッソ熊本へ。
Jリーガーとして活躍しました。
そして2008年26才の頃、サッカー選手を引退。ロッソ熊本との2年半の契約満了が理由です。
熊本では「10番」だったので「10番なのにクビ」と笑いのネタになったんだとか。

■引退後はスポーツバー「UNION」を開店

プロサッカーを引退して、元Jリーガーとなった斉藤紀由さんは、スポーツバーを開店します。

斉藤紀由さんは引退後、サッカーと離れたことをしようと考え異業種交流をします。
そんななか、仲の良い地元の先輩である、お笑いトリオ「パンサー」尾形貴弘さん(39才)に電話すると、共通の知人がバーのオーナーで、店長を探していると言われます。
会ってみるとすぐ意気投合。その1ヵ月後には開店するという流れに。

しかし斉藤紀由さんはバーのことは何もわかりません。
残り1か月。
知り合いに頼んでお酒の作り方を教わったり、店の名前やメニューを考えたり、みっちり勉強しました。
サッカーで培った強いメンタルと、1人では何もできない「サポート精神」が役だったようです。
結局、サッカーからは離れらないと悟り、スポーツバーになったようです。

■スポーツバー「UNION」

〒106-0032
東京都港区六本木5-18-1 PURE六本木4F

今では、現役サッカー選手や関係者が集まる場所に。
サッカー業界では有名なんだとか。
一度行ってみたくなりますね。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 椎名法子 旦那・斉藤紀由との結婚


2012年11月22日「いい夫婦の日」
ちょうど誕生日で30才になった椎名法子さんは、斉藤紀由さんと結婚したことをブログで発表。
当時、斉藤紀由さんはサッカーを引退してたので「相手は一般人」ということになっています。

交際が始まってから3度目の誕生日での結婚。
なので、交際期間は3年以上4年未満です。

また、すでに女児も出産していました。

■ 斉藤紀由 がん(悪性リンパ腫)


2013年の夏
椎名法子さんが結婚発表した翌年

斉藤紀由さんを悲劇が襲いました。病名は悪性リンパ腫です。
これは、リンパ系組織から起こる血液のがん。

当時、斉藤紀由さんは「まさか自分が」と驚いたといいます。
サッカー選手なのでメンタルは強いのですが、様々なことが頭を駆け巡ったとか。
死ぬのだろうか、家族はどうなるのか、お店は…スタッフは…など。

■斉藤紀由のがん(悪性リンパ腫)闘病生活

闘病中は、カズや香川真司選手もサイン入りのユニフォームを贈ったり、仲間たちがチャリティーTシャツを作ったりして、励ました模様。
仲間たちと草サッカーや、Jリーグの前座試合など大好きなサッカーもしていました。
がん(悪性リンパ腫)でもやはり、サッカーとサッカー界に斉藤紀由さんは助けられたのです。

また、「笑顔で頑張ること」という意味の「スマイルファイト」も、復活の原動力となりました。
・笑顔でいることが、がん細胞を死滅させる
・笑顔でいると、ナチュラルキラー細胞が活発になる
という考え方。いつも笑顔で病気と闘おうと決めたのです。

そして1年間に及ぶ闘病生活の結果、斉藤紀由さんは奇跡的に回復して、大好きなサッカーも出来るほどに復活!
2015年には「レジェンドマッチ 2015」に出場。
病状はかなり快方してる模様です。

■斉藤紀由 スマイルファイトプロジェクト

斉藤紀由さんは2016年に「スマイルファイトプロジェクト」を立ち上げました。
夢や希望が必要な人々に、サッカーを通して「笑顔で頑張る」ことを伝える活動のことです。

JリーグOB選手らとチャリティーマッチに出場したり、賛同するブランドが限定サッカーボールを作って収益を被災とに寄付するなども。

斉藤紀由さんは「スマイルファイト」でがん(悪性リンパ腫)から復活しましたが、サッカーとサッカー界の支えがあったから出来たことかもしれません。もちろん嫁の椎名法子さんの存在も。


 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP