horse-430441_640

競馬【ジャパンカップ2016】出走予定と結果・着順「世界も注目のG1レースの行方は・・」

36回目となる「ジャパンカップ(G1)」が2016年11月27日(日)の日程で開催されます。
出走予定や注目の本命馬などの紹介とともに、結果・着順をしていきます。

世界からも注目を集めるG1レース「ジャパンカップ2016」
優勝賞金は国内全てのレースでもっとも高額で、わずか2分25秒ほどのレースでは破格ともいえる3億円です。
様々な予想が的中してもしなくても、果たしてどんな結果になるのでしょうか。

ジャパンカップ表彰式プレゼンターにも注目です。
去年2015年は、ラグビー界のスーパースター五郎丸歩選手」が務めました。
今年2016年は、リオ五輪柔道男子・銀メダリスト原沢久喜選手が務めます。
ちなみに去年の優勝馬は
五郎丸選手の背番号と同じ15番のショウナンパンドラ
今年も注目したいところですが
柔道着には背番号がないので誕生日7月3日がヒントになるかも?
  
  

【スポンサードリンク】

 
 

■競馬【ジャパンカップ(G1)2016】日程と時間など基本情報


■ジャパンカップ(G1)2016■

・名称 :第36回ジャパンカップ(GI)
・会場 :東京競馬場
・開催日:2016年11月27日(日)
・距離 :2400m(G1)
・時間 :15:40発走

■競馬【ジャパンカップ(G1)2016】出走予定


枠 馬 馬名 オッズ
1-1 キタサンブラック(武 豊)単勝3.5
1-2 ビッシュ(幸 英明)単勝51.6

2-3 ゴールドアクター(吉田 隼人)単勝4.3
2-4 ルージュバック(戸崎 圭太)単勝14.3

3-5 イキートス(I.ファーガソン)単勝89.4
3-6 ラストインパクト(川田 将雅)単勝70.1

4-7 ワンアンドオンリー(田辺 裕信)単勝87.7
4-8 イラプト(P.ブドー)単勝30.2

5-9 ディーマジェスティ(蛯名 正義)単勝6.9
5-10 トーセンバジル(内田 博幸)単勝48.2

6-11 フェイムゲーム(北村 宏司)単勝97.5
6-12 サウンズオブアース(M.デムーロ)単勝12.7

7-13 ヒットザターゲット(小牧 太)単勝173.1
7-14 レインボーライン(C.ルメール)単勝19.8

8-15 ナイトフラワー(A.シュタルケ)単勝31.0
8-16 リアルスティール(R.ムーア)単勝5.7
8-17 シュヴァルグラン(福永 祐一)単勝14.6

■競馬【ジャパンカップ(G1)2016】本命馬は?


本命に推されてる馬はこちらです。

・ゴールドアクター
 2015年の有馬記念で優勝
・キタサンブラック
 2015年の菊花賞や2016春の天皇賞を制した
・ディーマジェスティ
 2016年の皐月賞馬
・リアルスティール
 モーリスで秋の天皇賞を制したR.ムーア騎手
・ルージュバック
 秋の天皇賞では7着…巻き返しをはかる。
・サウンズオブアース
 GI制覇を狙います

■注目の馬は?

■武豊✖キタサンブラック
ジャパンカップでも注目はこの人、天才・武豊騎手(47才)。
歴代最多の3勝をあげている武豊騎手にとっても賞金3億円は魅力的なようです。
印象的だったのは、通算成績14戦12勝・史上最強といわれたディープインパクトで臨んだ2006年ジャパンカップ(G1)。年内引退の電撃発表、凱旋門賞での失格、激動の日々を乗り越え、最強のサラブレッドはその強さを見せつけました。
2016年の武豊選手は天皇賞(春)を制したキタサンブラックとのコンビでジャパンカップに挑みます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■競馬【ジャパンカップ(G1)2016】結果・着順


1着:キタサンブラック
2着:サウンズオブアース
3着:シュヴァルグラン
4着:ゴールドアクター
5着:リアルスティール


■競馬【ジャパンカップ(G1)2016】過去10年の歴代優勝


超豪華イベントのジャパンカップ(G1)
レースが創設されたのは1981年
「世界に通用する馬づくり」を目的として作られましたが、当初は外国馬が日本馬を圧倒していました。
しかしその後日本馬は徐々にその差を縮めると90年代以降、立場が逆転
とくにここ10年は負けなしで、外国馬を圧倒しています。
・直近10年成績:日本馬10勝外国馬0勝

2006年 ディープインパクト
2007年 アドマイヤムーン
2008年 スクリーンヒーロー
2009年 ウオッカ
2010年 ローズキングダム
2011年 ブエナビスタ
2012年 ジェンティルドンナ
2013年 ジェンティルドンナ
2014年 エピファネイア
2015年 ショウナンパンドラ
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP