【ASKAはなぜお茶を】陽性で不起訴の謎に2chは…。冤罪だとミヤネ屋と井上公造に批判集まる

覚醒剤使用の容疑で逮捕されたASKA氏が、嫌疑不十分で不起訴処分、釈放されました。
尿検査に、尿のかわりにお茶を提出していたというから驚きです。
しかし、尿検査で陽性反応が出ていたはずなのになぜ?

ASKA氏はなぜお茶を提出したのか?
なぜ陽性なのに不起訴になったのか?
謎だらけの釈放に、2chなどネットでは警察による冤罪の可能性も指摘しています。

また、逮捕前にASKA氏がクロであると決めつけるように大々的に報道したミヤネ屋にも批判が殺到しています。
芸能リポーター井上公造氏は、ミヤネ屋で、発表前の新作音源をASKA氏の断りなく勝手に流すなど、著作権侵害も指摘されています。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ASKAはなぜお茶を?


ASKA氏は尿検査の際、なぜお茶を入れたのか?
ブログで理由を語っています。

なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?
これは、2014年に逮捕された時からの経緯が含まれています。

当日、瞬く間に警察が9人家にやって来ました。
被害を訴えて警察に連絡したはずでした。
「appleのアカウントが、一週間で2回も書き換えられてしまいました。何度も、このような目に遭ってきました。もう、我慢ができません。
警察のサイバー課の方を紹介してください。」
喋ったのは、わずかこれだけです。

警察は、
「わけのわからないことを言っている人がいる。」
僕の名前を、確認すると、
麻薬などを専門に扱う「組隊五課」に、連絡をしたのです。

これが、今回の出来事の始まりでした。
対応した警察官が、
「apple」「アカウント」「書き換え」
こんなことも知らないのですから。
いや、そのくらいは理解できたのかもしれませんが、
「わけのわからないことを言っている。」

人権問題です。

「組隊五課が、到着しますから。」
「組隊五課?」
麻薬などを専門に扱う部署です。
「検尿を求められるだろう。」
メヂィアに、
「ASKAが、意味不明なことを言っているので、検尿をした。」
発表しかねません。
それだけでも、大きな記事になるでしょう。
目の前にお茶がありました。
仕事部屋に置いてあったスポイトを思い出しました。

「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかったときには、素直に検尿に応じればいい。」
間も無く「組隊五課」が、やって参りました。
「これは、もう何をやっても事件にしようとするだろう。」

「ASKAさん、尿検査をさせてください!」
これは、僕の斜めからの思考だと思ってください。
ちょっと、意地悪な回路をくぐり抜けたのがしれません。
「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう。」

あまり詳しいことは書けませんが
3日目には、陽性となりました。
ありえません。
この経緯に関しては、もう少し語らなくてはならなくてはならないことがあります。
近いうちに、
詳細をお伝えさせてください。

引用:http://aska-burnishstone.hatenablog.com/

ASKA氏のブログからわかることは
appleのアカウントを書き換えられたことを警察に相談しようと連絡したら、「頭がおかしい」と断定され、尿検査をしてどんな結果が出ても陽性にされて事件にされるから、それを防ぐためにお茶を出した。
ということになります。

ASKA氏がなぜ、尿検査にお茶を出したのか、これで理由はわかりました。
しかし、次の疑問があります。
なぜ、お茶を出したのに検査結果が陽性になったのでしょうか?

■ASKA なぜお茶で陽性になった?


ASKA氏は次のブログにこう書いています。

あれでは、警察が一方的に悪者になってしまいますね。
失礼しました。
実は、陽性になったのには、ひとつの理由があるのです。
科捜研に間違いはないと思います。
ただ、まだ語ることなできない理由があります。

もう一度、書かせてください。
近いうちに、詳細を語らせていただきます。
これだけは、言えます。僕は無実です。
引用:http://aska-burnishstone.hatenablog.com/

「科捜研に間違いはないと思います」と語っているので、検査方法は正しかったようです。
ということは、「組隊五課」が何かをしたということなのでしょうか?
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ASKA なぜお茶で陽性になった?冤罪か?2chでは・・・


■尿は、ASKA氏の妻と捜査員が立ち合い、自宅トイレで採取した。
しかし、捜査員はASKA氏の背後にいたので手元までは確認できなかった。

■採取した尿は少量であり、鑑定ですべて使ってしまい残っていない。
 陽性反応は出たが、ASKA氏が任意提出したのは尿ではなくお茶だった。

警察は、採取したものを見て尿とお茶の区別はつかなったのか疑問です。
また、陽性反応が出たということは、お茶に覚醒剤が含まれていたということになります。
やはり自宅に覚醒剤があったのかもしれません。

2chなどでは警察の失態だといわれており、警察を手玉にとったASKA氏に驚きの声が。

結果的に「覚醒剤入りのお茶」を提出したわけですが、なぜ無罪になったのか不思議です。
何か裏があるのではと考えてしまいます。
尿検査で陽性になり逮捕されたのに、不起訴。
さらに、検体は残っておらず、再鑑定もできないという・・・。
2chでは陽性反応の分析結果を公表するべきという厳しい意見もあります。

もしも警察がお茶に覚醒剤を入れたのだとしたら、酷い冤罪逮捕になってしまいますが・・
真相が明かされる日はくるのでしょうか
ASKA氏のブログ更新に注目です。

■ASKA ミヤネ屋に批判殺到 井上公造の著作権侵害も


ミヤネ屋は、ASKA氏の逮捕前に大々的に報道をしたのですが、その際、電話の内容を放送したり、ASKA氏の未発表の音源を放送するなどしました。

芸能リポーター井上公造氏が、番組内でASKA氏のデモ音源を、本人の承諾なく勝手に流し、これは著作権侵害にあたるのではと批判されています。
電話取材の中で、ASKA氏から「曲流しちゃだめだって。曲流したらだめだって」と言われても井上公造氏は「逆に聞かせたほうがいいかなと思った」と苦しい言い訳をしたのでした。

すっかりASKA氏がクロであると決めつけたような報道の仕方だったのですが、結局は不起訴で釈放。
ミヤネ屋には批判が殺到しています。

ミヤネ屋以外にも、テレビ各局がドライブレコーダーのタクシーの車内の映像を流出したり、マスコミがASKA氏の自宅に殺到したときにベンツのエンブレムを破損するなど、マスコミに批判の声があがっています。

 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP