【箱根駅伝2017】出場校から結果予想!エントリー発表を見てもやはり青山学院が優勝候補

お正月の風物詩「箱根駅伝2017」が2017年1月2日(月)3日(火)の日程で行われます。
テレビ放送時間や、出場校および優勝候補・注目選手、優勝の結果予想などを紹介します。

「箱根駅伝2017」は、毎年いくつものドラマを生む学生たちによるアツイ戦い。
優勝候補や結果予想に注目が集まりますが、なんとってもダントツの優勝候補は、前回2連覇を遂げた青山学院大学。今回優勝すれば3連覇の偉業達成です。
出雲駅伝と全日本駅伝でも優勝し、勢いに乗っています。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■箱根駅伝2017 日程やテレビ放送予定など基本情報


・名称  :第93回東京箱根間往復大学駅伝
・日程  :2017年1月2日(月)、3日(火)
・時間  :朝8:00~13:30頃
・区間  :往路+復路 計10区 全長217.9km
・2日(月):【往路5区間107.5km】東京・大手町~箱根・芦ノ湖
・3日(火):【復路5区間109.6km】箱根・芦ノ湖~東京大手町

■テレビ放送予定

放送日程:2016年1月2日(月)、3日(火)
放送時間:朝7:00~14:00頃
放送局 :1987年から日テレで生放送!

 
・出場校 :21校
・大会記録:【総合】2015青山学院 10:49:27
・大会記録:【往路】2015青山学院 5:23:58
・大会記録:【復路】2015青山学院 5:25:29
・最多優勝:中央大学 14回

※日程や基本情報は変更になることがあります。

■当日までの予定は
チームエントリーが12月10日頃に発表
区間エントリーが12月29日頃までに行われ発表されます。

区間エントリーは、1区~10区の10名プラス補欠枠6名も選ばれ、本番に向けていよいよ臨戦態勢に。

※補欠枠6名は、レース開始1時間前の最終エントリーまでなら、どの区間にも入ることが出来ます。

■箱根駅伝2017 出場校一覧


■出場校一覧

■2017シード10校
=2016箱根駅伝の上位10校
1位.青山学院大学(優勝2回)
2位.東洋大学(優勝1回)
3位.駒澤大学(優勝6回)
4位.早稲田大学(優勝13回)
5位.東海大学
6位.順天堂大学(優勝11回)
7位.日本体育大学(優勝10回)
8位.山梨学院大学(優勝3回)
9位.中央学院大学
10位.帝京大学

■2017予選会突破10校
=予選会の上位10校
1位.大東文化大学(優勝4回)
2位.明治大学(優勝7回)
3位.創価大学
4位.法政大学
5位.神奈川大学(優勝2回)
6位.上武大学
7位.拓殖大学
8位.國學院大学
9位.国士舘大学
10位.日本大学(優勝12回)

■関東学生連合
1校

中央大学は予選会を突破できず、87回続いた連続出場記録がストップしてしまいました。
 
  

[スポンサードリンク]

 
 

■箱根駅伝2017 エントリー選手が発表された


箱根駅伝2017のエントリー選手が発表されましたが、青山学院大学のタイムのよさが目立ちました。
10kmを28分代以内で走る選手が充実しています。
10km以下の区間もあるので一概にはいえませんが、有利であることは確かでしょう。

■2017シード10校
=2016箱根駅伝の上位10校
1位.青山学院大学(優勝2回)
 エース一色恭志選手や田村和希選手など9人が28分代。
2位.東洋大学(優勝1回)
 10km28分代は櫻岡駿選手・口町亮選手の2人。
 エースの服部弾馬選手は短距離ならトップクラスなのですが。
3位.駒澤大学(優勝6回)
 28分代は5名。
4位.早稲田大学(優勝13回)
 28分代は3名。
5位.東海大学
 28分代は6名。
6位.順天堂大学(優勝11回)
 28分代は4名。 
7位.日本体育大学(優勝10回)
 28分代は8名。
8位.山梨学院大学(優勝3回)
 ドミニク・ニャイロが27分56秒5で、他は28分代が4名。
9位.中央学院大学
 28分代は1名。
10位.帝京大学
 28分代はゼロ。 

■2017予選会突破10校
=予選会の上位10校
1位.大東文化大学(優勝4回)
 28分代は2名。
2位.明治大学(優勝7回)
 28分代は2名。
3位.創価大学
 28分代は2名。
4位.法政大学
 28分代は1名。
5位.神奈川大学(優勝2回)
 28分代は3名。
6位.上武大学
 28分代はゼロ。
7位.拓殖大学
 28分代はワークナー・デレセ選手28分19秒2のみ
8位.國學院大学
 28分代は1名。 
9位.国士舘大学
 28分代は2名。
10位.日本大学(優勝12回)
 パトリック・マセンゲワンブィ選手が27分55秒で、他は1名のみ。

注目選手は、予選会をトップ通過した大東文化大学。
大東大時代に「山上りのスペシャリスト」と呼ばれた奈良修監督の息子、奈良凌介選手がいます。
まだ経験不足ですが、5区の区間賞を2度獲得した父親譲りの脚力で、5区を走ったらドラマが生まれそうです。

■箱根駅伝2017 優勝チームを大胆予想


■優勝候補1.
2016年優勝校の青山学院大学は、往路・復路ともに1位でした。
今年は出雲駅伝と全日本大学駅伝の2つも制覇し、箱根3連覇だけでなく学生三大駅伝3冠も狙っています。
エントリー選手の上位10人の平均記録は28分41秒54。他のチームとは14秒以上の大差があり戦力はズバ抜けています。
注目の絶対エース・一色恭志選手(4年)は2区にエントリーする予定。
全日本大学駅伝の2区で7人抜きを果たした田村和希選手(3年)は往路の候補だそうです。

■優勝候補2.
2009年から2位以内常連校の東洋大学。
東洋大学は今回シード権を獲得し、15回連続75回目の出場です。
注目は、5000mの学生最高タイム保持者でエース・服部弾馬選手(4年)。1区にエントリーされる予想なので大量リードに期待です。

■優勝候補3.
2010年から上位に名を連ねる駒澤大学
51回目連続出場です。

個人的には、総合力の高さを武器に青山学院大学が3連覇&3冠を遂げると予想します。

%e7%ae%b1%e6%a0%b9%e9%a7%85%e4%bc%9d
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP