細川茂樹の解雇理由「パワハラ」は事実?事務所社長激怒で今後は実業家か

俳優・細川茂樹の所属事務所が4日、報道各社にFAXを送信し、細川との契約が終了したことを報告した。

家電俳優の細川茂樹さんが、所属事務所サムデイから解雇されました。
パワハラを理由にした契約解除です。

果たしてパワハラは事実なのでしょうか?
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■細川茂樹 パワハラが理由で契約解除?


2017年1月
細川茂樹さんが、所属事務所サムデイから2016年末で契約解除されたと報じられました。
理由はパワハラ疑惑。

2016年12月のある出来事が発端でした。

細川茂樹さんはそれまでマネージャーに対して
・ミスしたら激しく叱責して土下座させる
・運転の仕方が悪いと難癖をつけ蹴る
・簡単な打ち合わせでも必ず高級ホテル内のカフェを指定
などパワハラ疑惑がありました。。
それにより現在までマネージャーも何人も変わってきたとか。

そしてついに所属事務所サムデイの幹部がたまりかね、電話で注意します。
「お前、いいかげんにしないと年内で契約を切るぞ」
すると細川茂樹さんは反論して、翌日に弁護士を連れ事務所を訪問。
「精神的苦痛を味わわされた」と主張して謝罪を求めたといいます。

パワハラ疑惑➝注意➝弁護士を連れてきた
の一部始終を聞いた事務所社長は激怒して、細川茂樹さんを解雇することに。
かなりスピーディーな展開です。

事務所スタッフは体育会系で、所属タレントのために苦労はいとわない人達だそうです。
それなのに急に解雇するというのは、それまでかなり不満が溜まっていたと思われます。

■細川茂樹が東京地裁に申し立て!


パワハラ疑惑を理由に契約解除された細川茂樹さんは、予定していた2017年1月5日の番組出演が解雇によってキャンセルになってしまいました。
すると東京地裁に「契約解除は無効」と訴える仮処分を申請します。

・マネージャーとは円満な関係
・パワハラなどは一切なかった
とパワハラ疑惑を真っ向から否定しました。

東京地裁は
「事務所の契約解除は具体的な事情が説明されず、解除権の濫用に当たる」
と申し立てを認めて、2017年2月21日に契約続行を命じたのです。

■細川茂樹 3月末で契約終了していた?


契約続行命令が出ましたが、所属事務所サムデイは対抗。

「3ヶ月前に通達すれば理由なく契約解除できる」
という条項を理由に
・2016年12月26日に契約解除通告した
・だから2017年3月末で契約終了
という文書を出しました。

「当社と細川茂樹との間の専属契約につきましては、当社が12月末に出した通知から3カ月が経過しましたので、専属契約第4条第3項に基づき終了しましたことをここにご報告させていただきます」

両者の溝が埋まらかったのは残念であり、やむを得ない措置だったといいます。

■細川茂樹は違う主張
ところが、細川茂樹さん側の主張は違います。

・2016年2月7日に契約解除通告を受けた
・だから2017年5月7日で契約終了
という内容です。
お互いの主張が食い違っています。

■細川茂樹 パワハラ疑惑は事実なのか?今後はどうなる?


パワハラ疑惑は事実なのか?それは当事者にしかわかりません。
パワハラ疑惑やセクハラ疑惑は、事実かどうかの証明や線引きが難しいです。

■騒動の今後はどうなるのか?
細川茂樹さんの主張が通ったとしても、2017年5月7日で契約終了です。静かに事務所から去っていくのでは。

■今後の活動は?
細川茂樹さんは、イケメン家電俳優なだけでなく、株式取引など優れた投資のセンスの持ち主としても知られています。既にそれだけで生活できるくらい収入があるという噂も。

投資の利益を資金にして、会社を2つも経営。さらに新事業も起こすつもりだったそうです。
経営と芸能活動の両立に興味はなくなってきてきたとの噂も。
今後は、独立したり他の事務所に入るより、実業家として生きていくのではないでしょうか
 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP