【緊急手術】左とん平は2017年6月現在入院!3度の逮捕歴がやばいヤンチャな過去も

名脇役俳優として知られる・左とん平さん(80才)が、2017年6月現在、体調不良で都内の病院に搬送され、緊急手術を受けていたことがわかりました。
原因は心疾患でしたが、現在は快方に向かっているとのことです。

そんな左とん平さんですが、実は3度の逮捕歴があるなど、けっこうヤンチャなキャラでもあります。
 
 

【スポンサードリンク】

   
 

■左とん平の2017年現在 緊急手術


左とん平さんは現在、都内の病院に入院して療養しています。

2017年6月、体調不良で倒れて都内の病院に救急搬送されていました。体調不良の理由は心疾患で、心臓の緊急手術を行い、退院までにはしばらく時間がかかる模様です。

2017年6月中旬には、ミュージカルコメディー「死神」が関西などで公演予定ですが、緊急手術した左とん平さんは降板は避けられないようです。

2017年5月30日に80才になった左とん平さんですが、休みなく多忙なスケジュールで仕事をしていたので、体を休めるいい機会にはなったと思います。

■左とん平 賭博で逮捕歴があった


左とん平さんは逮捕歴があり、30数年前に賭博で3回も逮捕されています。
1度目は1976年で、2度目は1981年で大ブレイクしていた時期だったため、世間からバッシングもされました。
1981年1月26日、場所は都内高級ホテル。ポーカーを400回行った賭博容疑で逮捕。掛け金は総額1億5千万にも登っていたとか。

逮捕されたものの、当時は帝劇「華麗なる遺産」に出演中だったので、なんと翌日に釈放されています。現在では考えられないですね。

左とん平さんは当時を振り返ってこうコメントしています。

「バクチはストレス解消なんだよね。もちろん80%はやられるよ。でも、負けてもストレスにならない。むしろ、負ければそれが働く意欲になるから。それにしても、今までどれぐらい負けたかな? 2億、いや3億…、イヤになっちゃうから考えるのはやめとこうか(笑い)」

2~3億負けているなんて、とんでもないですね。それだけ稼いでいるということでもあるからスゴイですが。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■左とん平 経歴プロフィール(画像)


左とん平さんの本名は肥田木 通弘(ひだき みちひろ)といい、東京都北区王子出身・1937年5月30日生まれの現在80才。
高校は世田谷学園高校出身で、名脇役俳優として人気です。

芸名「左とん平」の由来は
本名「肥田木(ひだぎ)」をもじって「左(ひだり)」
「とん平」は名付け親の三木鶏郎さんの行きつけの居酒屋の名前から。

父親は元郵政省の役人で、退官後は旅館や飲食店を経営。
息子は主婦の友社「BOYS RUSH」元編集長の肥田木隆広さんです。

左とん平さんは高校卒業後、ブラブラしていたので、新丸子にある寿司屋の経営を任されました。

その後1957年、高校の同級生・辻しげるさんなどと一緒に劇団を立ち上げたあと、演出家・三木鶏郎さんの「冗談工房」に入ります。そこからラジオやテレビ出演が始まりました。

「新宿コマ劇場」など劇場公演する一方で、70年代には「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などテレビでブレイクして人気俳優の仲間入りを果たします。

実は音楽の才能の持ち主で、1973年に発表した曲「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」を、90年代にスチャダラパーがサンプリングして若者にも知られることになりました。

2017年現在も、「おかしな刑事15」やスペシャルドラマ「誤差」に出演するなど、名脇役として活躍中です。

■ネットの反応



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP