台風21号2017の進路予想図「米軍・ヨーロッパ・気象庁」10月の台風がヤバい

秋台風21号が勢力を強めながら、日本列島に接近しています。日本列島を直撃する可能性のある台風21号ですが、10月の台風はこれまで大きな被害をもたらしてきました。

10月18日は6日ぶりに秋晴れとなり、19.5℃の過ごしやい日差しとなりましたが、夕方から雨が降り気温は12月中旬なみに冷え込みました。

台風21号は、マーシャル語で嵐を意味する不吉なネーミング。

早ければ日曜日から月曜日にかけて沖縄地方に最接近。その後、本州を直撃する可能性も。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■2017年台風21号 進路予想図(JTWC米軍合同台風警報センター)


JTWC(アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター)が発表する台風の進路予想図は、在日米軍の命にかかわるので信頼できる台風情報といわれています。

ただ表示時間を日本時間に直すために9時間の時差をプラスする必要があります。

■米軍の表記の見方

JTWC(米軍同台風警報センター)の表記時刻はアメリカ時間なので日本と9時間の時差があります。
日本時間は+9時間という見方になります。
例:表記17/00Z = 日本時間9/17 9時

引用:JTWC(米軍)

■2017年台風21号 進路予想図(ECMWF ヨーロッパ中期予報センター)


■2017年台風21号 進路予想図(気象庁)


平成29年10月19日06時45分発表の進路予想図

引用:気象庁


 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■2017年台風21号 日本各地の影響は?


大型で強い台風21号は、21日頃から沖縄本島地方や大東島地方も最接近する恐れ。

九州は総選挙投票日22日(日)に暴風警戒域に入る可能性があります。

東日本から西日本は、停滞している前線が台風21号の影響で活発となり、大雨になる可能性があります。

■20日06時の予報

強さ:強い
存在地域:フィリピンの東
予報円の中心:北緯 18度05分(18.1度)
東経:129度35分(129.6度)
進行方向、速さ:北 15km/h(8kt)
中心気圧:950hPa
中心付近の最大風速:40m/s(80kt)
最大瞬間風速:60m/s(115kt)
予報円の半径:90km(50NM)
暴風警戒域:全域 240km(130NM)

引用:気象庁

■21日03時の予報

強さ:非常に強い
存在地域:沖縄の南
予報円の中心:北緯 20度40分(20.7度)
東経:129度20分(129.3度)
進行方向、速さ:北 15km/h(8kt)
中心気圧:925hPa
中心付近の最大風速:50m/s(95kt)
最大瞬間風速:70m/s(135kt)
予報円の半径:200km(110NM)
暴風警戒域:全域 410km(220NM)

引用:気象庁

■22日03時の予報

強さ:非常に強い
存在地域:日本の南
予報円の中心:北緯 24度30分(24.5度)
東経:130度35分(130.6度)
進行方向、速さ:北北東 20km/h(10kt)
中心気圧:925hPa
中心付近の最大風速:50m/s(95kt)
最大瞬間風速:70m/s(135kt)
予報円の半径:310km(170NM)
暴風警戒域:全域 520km(280NM)

引用:気象庁

▼現在の大気の様子

 
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP