東京マラソン2018の日程やコースマップは?交通規制と応援スポットも

2018年も「東京マラソン」が2月下旬の日程で開催されます。前回2017年から新コースに変更され、高低差の少ない走りやすい平坦なコースとなりました。(マップあり)

「東京マラソン」は2013年からアボットワールドマラソンメジャーズに加入して「世界6大マラソン」とひとつとなりました。「東京マラソン2018」は2020東京五輪の代表選手選考会もかねていて、フジテレビで生中継で放送予定。

大規模な交通規制が敷かれ、一般道も高速道路も制限されるので車を使う仕事の人は注意です。

また当日は応援スポットはたくさんの観客でにぎわいます。ランナーは応援で元気をもらえますし、応援する人たちもランナーから感動をもらえ、お互いいいことづくめ。

そんな「東京マラソン2018」の日程とコースマップ、交通規制と応援スポットを紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■東京マラソン2018 日程とテレビ放送予定


★日程
2018年2月25日(日)

★時間
●スタート時間
9:05 車いすマラソン・10kmスタート
9:10 マラソン・10kmスタート
10:50 10km競技終了

●終了時間
16:10 マラソン競技終了

★放送予定
テレビ局:フジテレビ
日程:2018年2月25日(日)放送予定

★ランナー人数
マラソン :35,500人
10km :500人

■東京マラソン2018 コースマップ


■コースマップ

画像引用:http://www.marathon.tokyo

詳しいマップはこちら

※右上の四角い全画面表示をクリックすると、さらに詳しく見ることができます。

■コース順番

それぞれの関門と閉鎖時間は、余裕をもって設定してあるので初心者ランナーでも走りやすいコースになっています。

東京都庁★スタート地点
↓(靖国通り)
↓(外堀通り)
■関門5.6km 閉鎖時間10:30
 飯田橋セントラルプラザ前
↓(靖国通り)
飯田橋一丁目
西神田
専大前
須田町

■関門9.9km 閉鎖時間11:00
 日本橋南詰 
10km  日本橋交差点

浜町中ノ橋
↓(江戸通り)
蔵前一丁目
↓(並木通り)
■関門14.6km 閉鎖時間11:40
 駒形橋西詰交差点 
浅草雷門

蔵前一丁目
両国
↓(清澄通り)
■関門19.7km 閉鎖時間12:30
 深川一丁目交差点
門前仲町★中間点
↓(清澄通り)
両国
■関門25.7km閉鎖時間13:20
 浅草橋交差点
↓(江戸通り)
浜町中ノ橋
茅場町一丁目

日本橋
銀座
■関門30.1km 閉鎖時間13:55
 数寄屋橋交差点

高輪
■関門34.2km 閉鎖時間14:35
 札ノ辻交差点

日比谷
■関門39.8km 閉鎖時間15:45
 新橋四丁目交差点

■ゴール42.195km 競技終了16:10
 東京駅前・行幸通り

■東京マラソン2018 コース 高低差


画像引用:http://www.seiko.co.jp/marathon/2017/jp/map.html#imcr07

画像を見てわかる通り、東京マラソン2018のコースは最初に下りがあるだけで、あとはほとんど高低差がありません。
2016年までの旧コースにあった佃大橋がのようなきついアップダウンもなく、2017年からさらに走りやすいコースに進化しています。

とはいっても川を渡るポイントでちょっとしたアップダウンもあります。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■東京マラソン2018 交通規制


東京マラソンは、東京の市街地の道路を走るマラソンなので、大規模な交通規制が行われます。仕事で車を使う人は特に大変な思いをするかもしれません。

交通規制は一般道だけでなく、高速道路でも実施されます。

↓2017年の交通規制情報です。変更になる可能性はあります。

■首都高速

6:30~10:15 新宿  入口・出口(4号新宿線 上下)
8:45~11:00 西神田 入口・出口(5号池袋線 上下)
8:55~11:30 江戸橋 出口(都心環状線 外回り)
9:40~16:00 浜町  出口(6号向島線 箱崎ロータリー)
9:40~16:00 芝公園 入口(都心環状線 内回り)
10:00~16:25 丸の内 出口(八重洲線 南行き)

画像引用:東京マラソン2017

■一般道

6:00~10:15 スタート付近 東京都庁【都庁通り等】
8:35~10:10 都庁北~新宿5 【北通り、靖国通り等】
8:35~10:40 新宿5~市谷見附 【靖国通り】
8:45~10:50 市谷見附~飯田橋 【外堀通り】
8:45~11:00 飯田橋~専大前【目白通り、専大通り等】
8:50~11:20 専大前~須田町【靖国通り】
8:55~11:30 須田町~日本橋北詰【中央通り】

8:55~14:20 日本橋北詰~日本橋【中央通り】
8:55~14:20 本橋~茅場町1【永代通り】
9:00~14:10 茅場町1~浜町中ノ橋【新大橋通り】
9:00~14:05 浜町中ノ橋~東日本橋【清洲橋通り】
9:00~14:00 東日本橋~蔵前1【清杉通り、江戸通り】
9:00~12:15 蔵前1~雷門・吾妻橋【江戸通り等】
9:00~13:40 蔵前1~石原1【蔵前橋通り】
9:00~13:30 石原1~森下駅前【清澄通り】
9:00~13:25 下駅前~門前仲町【清澄通り】
9:00~13:15 門前仲町~富岡八幡宮先【永代通り】

8:55~14:25 日本橋~日本橋3【中央通り】
9:30~14:35 橋3~銀座4【中央通り】
9:35~14:40 銀座4~ 有楽町2【晴海通り】

9:35~16:20 有楽町2~日比谷【晴海通り】
9:35~16:20 日比谷~御成門【日比谷通り】
9:40~16:00 御成門~芝5【日比谷通り】
9:40~15:40 芝5~高輪2先【第一京浜】
9:35~16:25 仲通り入口~行幸通り【仲通り】

7:00~21:00 行幸通り~ゴール【行幸通り】
7:00~18:00 ゴール周辺1【日比谷通り 日比谷⇔大手町】
9:00~18:00 ゴール周辺2【祝田通り 霞門⇔祝田橋】
9:35~16:20 ゴール周辺3【晴海通り 祝田橋⇔日比谷】

画像引用:東京マラソン2017

■東京マラソン2018 応援スポット


画像引用:http://www.seiko.co.jp/marathon/2017/jp/map.html#imcr07

応援は、ランナーのパワーになります!おすすめの応援スポットを知っておくと、いざ応援スポットに行こうというときに役立ちます。

■スタート地点■新宿の東京都庁前
約3万6000人のランナーが、朝9時からスタートラインでスタンバイしてる様子は圧巻です。スタートの瞬間を目撃できるのはここだけ!

■3~5km地点■曙橋・飯田橋
スタート直後のまだまだ元気なランナーを応援するのに最適なスポット。
3km地点の曙橋
5km地点の飯田橋
飯田橋は歩道橋や、東京区政会館前が応援しやすいです。

■10km地点■日本橋
普段から多くの人でにぎわう日本橋。歩道からはもちろん、百貨店などの窓や屋上からランナーが見える応援スポット。帰りにショッピングやお茶も楽しめるのもポイントです。

■15km地点■2度おいしい浅草橋
東京マラソンで一番にぎわう応援スポットですが歩道がせまいので注意です。

浅草橋周辺は折り返し地点なので、10kmすぎと25kmすぎにランナーが見える、2度おいしい応援スポットとなっています。
まだ元気なランナーと疲れてるランナーに分かれてくる中間地点でもあるので、応援に元気を与えてあげましょう。
 
■3回通過する蔵前1丁目付近
ここはランナーの3回も通過するお得な応援スポット。
浅草15km地点に向かうランナー
浅草から両国へ向かうランナー
蔵前1丁目25km地点を走るランナー
いろいろなランナーが見えます。

■20km地点■蔵前1丁目から門前仲町
ここは橋のアップダウンが何度かあるし20kmを超えるので、ランナーの体力消耗が気になる地点。応援が力になります。

折り返し地点の門前仲町は商店街や富岡八幡宮があるので、東京の下町情緒を感じられる応援スポットです。

■30km地点■日本橋~銀座
高級ブランドショップも多く立ち並ぶ銀座への通り。おすすめ応援スポットは松屋やアップルショップ付近の歩道です。目の前で通過ランナーを見るには早めに行くのがコツ。応援によって、歩いてるランナーもまた走ろうと元気をもらえます。

■最後の折り返し■芝公園付近
35kmの山場を迎えようとするランナーと、折り返しを終えてゴールへ向かうランナーが通過する応援スポットです。
もうすぐゴールですが、辛そうなランナーには応援で元気をあげましょう。ゴールの東京駅には歩いて移動できます。

■ゴール■東京駅前・行幸通り
ゴール地点は交通規制で遠くからしか見えないのですが、多くの観客でにぎわいます。オフィス街なので普段来ない人は、皇居・丸ビル・赤レンガ駅舎をついでに観光できます。帰りはグルメも堪能してみては。

■東京マラソン2018 まとめ


東京マラソン2018は、約3万6000人のランナーが走ります。そしてサポートする市民ボランティアも約1万人。

合計約4万6000人がかかわり、さらに応援観客でごったがえす、大都市・東京を象徴する風物詩です。

マラソン参加の条件も「6時間40分以内に完走できる」ことということで、初心者でも参加できます。とはいっても42.195kmという距離を完走するにはかなり体力が必要ですね。

そんなランナーたちは、応援で元気をもらいますし、応援する方もランナーから感動をもらえます。
 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP