【急死】大杉漣が死去!カメラマンの息子は額が形見。猫好き発言が切ない「これからも寅子とともに」

俳優の大杉漣さんが急死。死因は急性心不全でした。大杉漣さんはスポーツマンで元気なイメージもあるので66才でまさかの死去に衝撃が走っています。

大杉漣さんは若い頃、下積み時代に結婚した嫁がいます。できちゃった結婚で生まれた息子・隼平さんは現在カメラマン。息子が写真展を開くときは、額は大杉漣さんの手作り。娘は幡ヶ谷で愛される名店でパティシエを目指してるといいます。

名バイプレーヤーとして知られる大杉漣さんですが、若い頃は舞台やピンク映画など出演。転機になったのは北野武監督の映画で、去年の映画「アウトレイジ」でも大杉漣さんは欠かせない俳優でした。

映画で共演した猫を引き取った猫好きでも知られ、ブログにも登場した愛猫「寅子」と「これからも寅子とともに生きていきたい」と言っていた言葉が切ないです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

●大杉漣が死去 死因は急性心不全


2018年2月21日午前3:53
大杉漣さんが急死しました。死因は急性心不全。享年66才でした。葬儀は親族のみで執り行います。

大杉漣さんは現在、テレ東ドラマ「バイプレーヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」に出演中で、21日は予定通り放送されますが、共演俳優たちに衝撃が走っています。

大杉漣さんは名バイプレーヤーズとして様々な作品に出演して人気もあったので、いろいろな芸能人からコメントが寄せられるでしょう。

●大杉漣 若い頃からのプロフィール(画像)


名前:大杉漣(おおすぎれん)
本名:大杉 孝(おおすぎ たかし)
出身地:徳島県小松島市
生年月日:1951年9月27日
享年:66才
身長・血液型:178cmB型
大学:明治大学中退

大杉漣さんは1973年22才の若い頃、舞台で俳優デビューし、翌年から「転形劇場」初期メンバーとして活動。

1980年29才で映画デビューしますがピンク映画でした。そうして80年代は日活ロマンポルノなど大人向け映画に多数出演。この下積み時代、1982年に嫁と結婚して子供も息子と娘が生まれています。

40代となる1990年代も舞台とVシネマで下積みが続いてましたが、転機が訪れます。

1993年の北野武監督の映画「ソラチネ」に起用されると演技が評価され、幅広い役柄を演じる演技派俳優として知られるようになり、その後数多くのドラマ・映画に出演。

1999年には国内各映画賞の助演男優賞を多数受賞するなど、ブレイクした10年間となりました。

現在は刑事、サラリーマン、ヤ〇ザ、良い人間、悪い人間、など何でもこなせる名バイプレーヤーとして人気だったので、さくたんの人が急死にショックを受けています。

●大杉漣の嫁は誰?


大杉漣さんの嫁は、名前は弘美さんといいますが一般女性なので画像はないです。

■嫁との馴れ初め

大杉漣さんが初期メンバーとして所属した劇団「転形劇場」の研究生として嫁が入ってきたのが出会いだったようです。

1982年31才で結婚。できちゃった結婚だったそうで、1982年8月28日に息子が生まれてます。

1993年42才で映画「ソナチネ」に出演するまで続いた長い下積み時代をともに過ごしたのが、嫁の弘美さんでした。

大杉漣さんは下積み時代でもパチンコするなど浪費癖があったらしく金銭面で家族に苦労させたみたいです。

●大杉漣 息子はカメラマン(画像)


大杉漣の長男
名前:大杉隼平(おおすぎ しゅんぺい)
出身地:東京
生年月日:1982年8月28日
年齢:現在35才
結婚:既婚
所属:ザッコ

長男・大杉隼平さんは、イギリス・ロンドンで写真とアートを学んだあと、日本でカメラマンとして雑誌・TV・CDジャケット・コンサート撮影・広告・カタログ・俳優やアーティスト写真など幅広く活動しています。

2011年東日本大震災の時、被災地に救援物資を届けに行き、カメラマンとして撮影。多くの人に現実を知ってもらおうと6月に下北沢の写真展で展示。

震災1年後には空画像を、一つの写真として展示するプロジェクトを遂行もしました。写真展の額は、実は大杉蓮さんの手作り!

今年3月にも写真展を開催。

●大杉漣 娘はパティシエ?


大杉漣さんの娘は、名前をそらさんといい、隼平さんの妹です。

嫁と同じく芸能人ではない一般人なので画像はないです。

大杉漣さんは2011年出演「ぴったんこカンカン」や2016年3月放送「メレンゲの気持ち」で、娘が幡ヶ谷にあるレストラン「Fritto(フリット)」でパティシエを目指して働いてると言っていました。

レストラン「Fritto(フリット)」は、安定した美味しいパスタをリーズナブルな値段でいただける、地元に愛される名店。

●大杉漣は猫好き!映画で共演してブログにも登場


ファンの方から頂いた座布団に座る大杉風と大杉寅子 #大杉漣 #zacco

zacco officialさん(@zaccogram)がシェアした投稿 –

大杉漣は猫好きでも有名でした。

しかし猫好きになったのは10年くらい前のこと。

2008年のハートフルコメディ映画「ネコナデ」で、猫によって変化していくサラリーマンを演じました。

1ヶ月の撮影が終了したときには映画と重なるように猫好きになっていて、猫と離れがたくなり、動物プロダクションに引き取らせてほしいと頼んで引き取ったのでした。

猫の映画の中の役名「寅子」は、そのまま「大杉寅子」となりました。

仕事に追われて深夜にセリフを覚えてる作業中、煮詰まったとき、寅子が足元にきてくれると穏やかで優しい気持ちになったそう。説明不要の「生き物のチカラ」を感じる瞬間だといいます。

今後、僕たち夫婦は老いていきます。なんでもない時間に幸せを感じながら、これからも寅子とともに生きていきたいです

と、人生に寄り添う相棒、生まれ変わっても、一緒に。と、愛猫「寅子」を本当に大切にしていました。

猫「寅子」を引き取った1ヶ月後、3歳7ヶ月のチワワの大杉風(おおすぎふう)と、5ヶ月スコティッシュフォールドの「大杉寅子」用にブログを作り、ブログのなまえも「大杉漣の風トラ便り」。

ブログには風と寅子が定期的に登場しました。

●ネットの反応



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP