浜田文子「女子プロレス仙女」が薬で逮捕!父親は伝説のレスラーのサラブレッドが…

女子プロレスラーの浜田文子(はまだあやこ)が、薬物(覚醒剤)を使用した疑いで逮捕されました。プロフィール(画像)を紹介します。伝説のレスラーを父親にもつサラブレッドだっただけに残念です。

浜田文子は出場予定だった5月13日(日)「センダイガールズ大阪大会」を、直前になって体調不良で欠場していたのですが、真相は覚せい剤の逮捕でした。

所属団体「WAVE」が逮捕を知ったのは14日の早朝。15日に二上美紀子社長がリング上でファン報告して謝罪し、女子プロレスファンは衝撃を受けてるととも、怒り、がっかりしています。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■女子プロレスラー浜田文子が薬物(覚醒剤)で逮捕


5月15日(火)新木場での1stRING大会終了後、、女子プロレス団体「WAVE」二上美紀子社長が、浜田文子が薬物(覚醒剤)使用で逮捕されたことと、契約解除する方針だとリング上で発表しました。

浜田文子は、5月13日(日)に大阪アゼリア大正ホールで開催された「センダイガールズ大阪大会」に、王者として挑戦者のDASHチサコとシングルマッチで対戦する予定でしたが、当時の直前に体調不良を理由に欠場していました。

その後に予定していた他の団体での試合も欠場していたのですが、まさか薬物(覚醒剤)で逮捕されていたのは、誰もが夢にも思わなかったことでしょう。

「WAVE新木場」全試合終了後に、発表された衝撃的な報告。
浜田文子は現在拘留されており、事実関係が明確になった時点で、WAVE(株式会社ZABUN運営)との契約を解除する方針と発表されています。

■浜田文子プロフィール(画像)



名前:浜田文子(はまだ あやこ)
本名:Ayako Valentina Hamada Villarreal
生年月日:1981年2月14日
年齢:現在37才
血液型:B型
出身地:メキシコシティ
身長:162cm
体重:65kg

1998年8月9日、浜田文子は17才の若さで、アルシオン後楽園ホール大会でデビューし、ハーフの美女レスラーとして人気を集めました。

各団体を渡り歩き、2012年から現在の「WAVE」に所属し、ルチャ殺法に加えパワーを併せ持つ人気トップレスラーとして、ほかの団体でも活躍していました。

■輝かしいタイトル歴
第6代NEO認定タッグ王座 (パートナー:伊藤薫)
第9代WAVE認定タッグ王座 (パートナーは:山縣優)
インスター・オブ・アルシオン (パートナー:AKINO、大向美智子)
スカイハイ・オブ・アルシオン
クイーン・オブ・アルシオンP*MIXタッグ王座(パートナー:グラン浜田)UWA世界女子王座
WWA世界女子王座
AAAWシングル王座
AAAWタッグ王座 (パートナー:里村明衣子)
WWWA世界シングル王座
IWRG女子王座
TNAノックアウト・タッグチーム王座:2回
第13代WAVE認定タッグ王座
第3代Regina di WAVE王座
第15代WAVE認定タッグ王座 

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■父親は往年の名プロレスラー・グラン浜田


浜田文子の父親は往年の名プロレスラー・グラン浜田さん。

「UWA世界4階級王者」を達成し、新日本プロレスなど国内だけでなくメシキコでも活躍した伝説のレスラー。

母親はメキシコ人で、浜田文子は四女。天才レスラーの血統をもつサラブレッドとして高く評価されてました。

■最後に ネットの反応


浜田文子は父親の血を受け継ぐ天才レスラーとして、輝かしい経歴をもち、現在は「仙女(=センダイガールズ・チャンピオン)」としてトップに君臨する女王でした。

今まで気づき上げたものが一瞬で崩れ去る音が聞こえてきます。リングに復活することはできないのでは・・


 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP