【2018春の選抜】明秀日立野球部メンバーと出身中学「監督は名将!エース細川と芳賀大成が注目選手」

高校野球2018年「春のセンバツ甲子園」が、3月23日(金)からの日程で開催。

茨城の明秀日立野球部は、初日第3試合で広島の瀬戸内高校と対戦という組み合わせ。

明秀日立の金沢成奉監督は、青森の光星学院を甲子園に8回導いた名将。

そんな監督のもと、エース細川投手と、小さな4番・芳賀大成選手による強打線による攻撃的野球で初勝利を目指します。

■明秀日立(茨城)

茨城県の明秀日立は、今回センバツ初出場です。夏も出場経験はないので、初めての甲子園デビューとなります。

正式名称は「明秀学園日立高等学校」で、1925年に創立した私立高校。野球部は1996年に創部され野球部員数は100名です。

主なOBは、DeNA細川成也外野手、元DeNA大原慎司投手、バスケでア2004テネ五輪日本代表の矢代直美選手などがいます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■高校野球【春のセンバツ甲子園2018】明秀日立高校野球部のメンバーと出身中学


部長:神永 豊(51才)
監督:金沢成奉(51才)

■野球部メンバー一覧
背番号・ポジション・名前・学年・出身中学

■スタメン
1投手  細川拓哉 3年(茨城■北茨城市中郷中)いわきシニア
2捕手  高田光基 3年(大阪 東大阪市新喜多中)東大阪布施ボーイズ
3内野手 有住昂大 3年(山形 山形市第七中)宮城仙北ボーイズ
4内野手 芳賀大成 3年(福島 棚倉町棚倉中)福島南部シニア
5内野手 鈴木翔太 3年(福島 塙町塙中)福島南部シニア
6内野手 増田陸  3年(大阪 大阪市春日出中)大阪福島シニア ★キャプテン
7外野手 山口快斗 3年(鳥取 鳥取市南中)鳥取中央シニア
8外野手 池田陵人 3年(兵庫 加古川市平岡中)神戸中央シニア
9外野手 佐伯尚吾 3年(茨城■桜川市岩瀬東中)真岡ボーイズ
■控え
10投手  長尾巧  3年(大阪 堺市浜寺中)大阪狭山ボーイズ
11投手  上野雄大 3年(東京 大田区羽田中)東糀谷イーグルス
12外野手 岩田侑大 3年(大阪 大阪市井高野中)大阪東淀川ボーイズ
13外野手 北野凱士 2年(和歌山 和歌山市河北中)和歌山ボーイズ
14内野手 砂子流星 3年(大阪 吹田市第三中)吹田シニア
15内野手 安田翔梧 3年(大阪 大阪市阿倍野中)生駒ボーイズ
16内野手 山本純也 3年(大阪 大阪市井高野中)東淀川ブラックジャガース
17内野手 石原亘輝 3年(大阪 大阪市大桐中)大阪球道
18投手  清水悠斗 3年(奈良 奈良市富雄中)生駒ボーイズ

明秀日立野球部のメンバーは僅か2人だけが、出身中学が地元・茨城県です。大阪からの選手が多いです。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■高校野球【春のセンバツ甲子園2018】明秀日立野球部の注目選手など


 

■地方大会の結果

■関東大会
1回戦 :7-3 山梨学院
準々決勝:7-5 健大高崎
準決勝 :7-4 慶応
決勝  :5-6 中央学院
■茨城大会
2回戦 :10-2 下妻二
3回戦 :16-0 土浦日大
準々決勝:1-0 取手一
準決勝 :5-4 常総学院
決勝  :8-5 霞ケ浦

明秀日立野球部のの持ち味は、攻撃的な野球。

エース細川を軸とした投手陣と、関東大会で3試合連続7得点を挙げた強力な打線で甲子園初勝利を目指します。

■明秀日立の注目選手は?

■エース細川拓哉
右投げ右打ち。最速144kmの力強いストレートと、スライダー・カーブ・フォークといった織り交ぜての投球で、チームを牽引します。

兄は横浜DeNAに入団した細川成也外野手で、非凡な打撃センスを持ち合わせています。中学時代は陸上部で、3年生で400m走で全国大会準決勝に進出した脚力も。

■4番 芳賀大成
身長170cmで決して体は大きくないですが、群を抜いたパワーと優れた打撃センスの持ち主。選球眼があり狙ってホームランを打てるバッター。

中学時代も硬式の福島南部シニアで4番バッターで、年生の秋から4番に抜擢されています。

■明秀日立の監督

金沢成奉監督は、青森の光星学院で8度の甲子園を経験し、ロッテの田村龍弘捕手、阪神タイガース北條史也内野手ら強打者を育てた実績がある名将。

2012年から明秀日立の監督に就任して、ついにセンバツ初出場を決めました。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP