ジャンポケ太田がレスリング経験ゼロから優勝の快挙!大怪我でドクターストップがヤバかった

2月18日19:00放送「炎の体育会TV」は、春日レスリング部の激動392日に密着です。
レスリング経験4ヶ月のジャンポケ太田さんが、マスターズ全国大会に出場し、結果は優勝!この偉業を成し遂げる瞬間を見ることができます。

レスリング経験ゼロから始めたジャンポケ太田さんは、なぜ初めて出場したマスターズ全国大会で優勝できたのか?
実はジャンポケ太田さんは柔道経験者で、高校時代に県大会で優勝したこともある、芸能界屈指の柔道王だったのです。
試合中に怪我をしてドクターストップで棄権のピンチもあったようですが、嫁と生まれてくる子供のため満身創痍で闘い優勝という結果を残すことができたのでした。
  
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ジャンポケ太田 レスリングで優勝


お笑い「ジャングルポケット」太田博久さんがレスリングの全国大会「2017年全日本マスターズ選手権」で優勝しました。
「炎の体育会TV」では過去にも華原朋美さんが馬術日本一を達成しています。

■レスリング大会に出場した結果、優勝!

2017年1月22日
東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催のレスリング大会
日本レスリング協会が主催する全国大会
「2017年全日本マスターズ選手権」
ジャンポケ太田さんは、オードリー春日さんと一緒に出場しました。

30才以上で社会人からレスリングを始めた区分の58級に出場し、見事優勝しました。
初出場でいきなり優勝は快挙ですね。

「フレッシュマンズ30~45歳の部」
1位:太田博久(炎の体育会TV)
2位:中島薫(Hide’s Kick!)
3位:志村泰将(フィギュアフォークラブ)
4位:村山 隆一(練馬ジュニア谷原くらぶ)
引用:http://www.japan-wrestling.jp/2017/01/23/103180/

出場選手13人の中で結果は優勝!
この結果を受け、ジャンポケ太田さんはレスリング日本代表になりました。
今後は、マスターズ連盟指定の国際大会出場も可能です。

「炎の体育会TV」MCの今田耕司さんも優勝という結果を絶賛!

「バライティーを超えてプライベートな時間を削って、全てを練習に注ぎ込んだ結果ですから、番組をやらせてもらっている身としては頭の下がる思いで感謝しかありません」

ちなみオードリー春日さんの結果はというと、76kg級に出場して、なんと初戦敗退・・・
あとからレスリングを始めたジャンポケ太田さんが優勝するという事態に。

■ジャンポケ太田 レスリング大会で大怪我?


レスリングは体と体をぶつけあう競技なので怪我はつきものだと思います。

実際、オードリー春日さんは2016年夏の全国大会に出場する直前に、首を怪我しています。
タックル練習中に首を怪我して、救急車を呼んだのでした。
「バーナー症候群」という軽い神経障害となったとか。
怪我だけには本当、気を付けないと危ないですよね。本業のお笑いにも支障が出ます。

ジャンポケ太田さんも、2月4日の放送では右目が腫れていました。
一歩間違えば大きな怪我につながる危険なスポーツでもあります。

「炎の体育会TV」2月18日放送の予告では
全国大会で快進撃を続けるなか
「まさかのアクシデント発生!大怪我…ドクターストップで棄権か」
とあります。
試合中に怪我をしたのでしょうか?
それでも満身創痍で闘って優勝したので、会場は総立ちになったようです。
詳しくは放送を見て確認ですね。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ジャンポケ太田 レスリング経験はゼロ しかし柔道の経験あり


オードリー春日さんと比べてレスリング経験ゼロのジャンポケ太田さんがなぜ優勝したのでしょう?
実はレスリングの経験はゼロですが、柔道の経験があります。
それも、高校時代に愛知県大会で優勝するほどの実力なのです。

■レスリング経験ゼロから

レスリングを始めたのはなんとたった4ヶ月前。
仕事の合間でトレーニングに励んだのでした。
芸能人はスケジュールが不規則なので、時には深夜2時まで練習したり、2週間毎日連続で練習したこともあったそうです。
その影響で、4ヶ月で体重は65kgから57kgの減量に成功しました。
ジャンポケ太田さんは、道場を深夜まで開くなど最高の練習環境を整えてくれた番組サイドに感謝でいっぱいなようです。
第一子を妊娠中の嫁・近藤千尋さん(27才)も、帰りが遅くても食事を作るなどサポートしたそうです。

2月4日「炎の体育会TV」では
当時レスリング経験3か月の太田さんと、レスリング経験10か月の春日さんは、実践経験が必要とされました。

ジャンポケ太田さんは柴原浩司さんと対戦した結果、なんと10-0テクニカルフォール勝ち。
一方、オードリー春日も新井亮祐さんと対戦するも、結果は6-10でフォール負けし「負けた自分に罰が欲しい」と悔しがるのでした。

惨敗したオードリー春日さんは吉田沙保里さんに猛特訓をお願い。
結果、2月18日放送では、吉田沙保里さん・土性沙羅さん・登坂絵莉さんなど最強女子が所属する「志学館レスリング部」で地獄の猛特訓を受けることに。

■柔道経験がすごかった!

ジャンポケ太田さんは、愛知産業大学三河高校時代に柔道部に所属。
柔道二段の腕前で、愛知県大会で優勝経験もあり、実は芸能界では柔道王として知られています。

レスリング経験ゼロだが柔道経験ありのジャンポケ太田さんをサポートしたのは
マスターズ連盟協会の会長で
ロス五輪54kg級金メダリストの宮原厚次さん(58才)。
最初の練習を見たとき、ジャンポケ太田さんの身体能力の高さにすごいセンスを感じたそうです。
実は宮原厚次さんも同じで、大学時代に柔道からレスリングから転向した経験がありました。
もしもジャンポケ太田さんが高校時代からレスリングに転向していたら、五輪でメダル獲得の可能性もあったと思ったそうです。

■ジャンポケ太田 世界大会優勝や五輪を目指す?


世界大会出場が可能となったジャンポケ太田さん。
「体育会TV」からの初の世界チャンピオン誕生に期待が高まります。
また、3年後の東京五輪にもしも出場することになったら話題になること間違いなしです。
あり得ない話ではないので、注目ですね。

相方の斉藤慎二さんも、「お笑いは俺に任せろ。レスリングに集中しろ」と応援してくれています。

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP