【2017年春の選抜】履正社高校野球部メンバーと出身中学。注目選手と監督は?「主砲安田のライバルは早実・清宮」

選抜高校野球2017年「春の甲子園」は、3月19日(日)から休養日を含む12日間の日程で開催となります。

大阪の履正社高校野球部は、大会1日目の3月19日(日)第2試合13:00~、東京の名門・日大三高校と対戦します。

2017年もアツい選抜高校野球「春の甲子園」、大阪の履正社高校野球部のメンバー一覧と出身中学、注目選手(写真画像)・監督を紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■履正社高校

履正社高校は春の選抜に3年ぶり7回目の出場。2016秋明治神宮大会の覇者で今回の優勝候補です。甲子園は春が7度目・夏は3度。2014春の選抜で準優勝しています。

私立校。
1922年(大正11年)に大阪府福島商業学校として創立し、同時に野球部も創部。1983年に「履正社」に校名を変えました。野球部メンバー数は33人。

OBは、オリックス岸田護投手・T-岡田外野手、ヤクルトの山田哲人内野手・寺島成輝投手。

■選抜高校野球【春の甲子園2017】履正社高校野球部のメンバーと出身中学

■野球部メンバー一覧
ポジション・名前・学年・出身中学

01投手  竹田 祐  3年 (大阪■大東市住道中)生駒ボーイズ
02捕手  片山 悠  3年 (大阪■岸和田市岸城中)岸和田ボーイズ
03一塁手 白滝 恵汰 2年 (兵庫 伊丹市西中)兵庫伊丹ヤング
04二塁手 溝辺 冬輝 3年 (大阪■豊中市第三中)兵庫伊丹ヤング
05三塁手 安田 尚憲 3年 (大阪■吹田市豊津中)レッドスターBBC
06遊撃手 西山 虎太郎2年 (兵庫 猪名川町猪名川中)兵庫伊丹ヤング
07左翼手 若林 将平 3年 (大阪■大阪市都島中)大淀ボーイズ ※キャプテン
08中堅手 筒井 太成 2年 (大阪■寝屋川市中木田中)寝屋川シニア
09右翼手 石田 龍史 3年 (京都 京都市神川中)京都木津川シニア
10投手  松井 百代 3年 (大阪■大阪市都島中)
11投手  田中 雷大 3年 (兵庫 川西市明峰中)兵庫川西ヤング
12捕手  溝田 晃生 2年 (兵庫 姫路市広嶺中)姫路アイアンズ
13外野手 竹村 慎  3年 (大阪■吹田市古江台中)摂津千里丘シニア
14外野手 桑山 洸樹 3年 (兵庫 伊丹市東中)兵庫伊丹ヤング
15内野手 三木 彰智 2年 (大阪■河内長野市長野中)河内長野ボーイズ
16内野手 松原 任耶 2年 (大阪■ ■東大阪市孔舎衙中)北河内大東ボーイズ
17投手  浜内 太陽 2年 (大阪■大阪市加美南中)松原ボーイズ
18投手  位田 遼介 2年 (兵庫)播磨ボーイズ

野球部メンバーのほとんどが、出身中学が大阪です。

 

[スポンサードリンク]

 
 

■選抜高校野球【春の甲子園2017】履正社高校野球部の注目選手など


■秋季近畿地区大会の結果

1回戦 :履正社8-1育英
準々決勝:履正社7-0高田商
準決勝 :履正社6-3滋賀学園
決勝  :履正社8-2神戸国際大附

■明治神宮野球大会の結果

1回戦:履正社5-1仙台育英
2回戦:履正社4-3福井工大福井
準決勝:履正社7-2札幌第一
決勝 :履正社11-6早稲田実業

■注目選手(写真画像)

履正社の注目選手は、早実・清宮と並ぶスラッガー安田尚憲内野手です。

安田尚憲内野手は身長188cm92kg・右投左打。小学校6年生でタイガースジュニアに所属、赤星憲広さんの指導を受けました。履正社では1年夏からベンチ入り。2年春から4番を任され、スラッガーとして注目されました。

高校通算45本塁打。2016秋神宮大会でライトスタンドに本塁打を放ち、早実を破りチームを優勝に導きました。ライバル清宮のことは中学1年から意識していたとか。

両親もアスリート。
父・功さんは元陸上短距離選手で、2016高校駅伝で2年ぶりに優勝した大阪薫英女学院の監督。
母・多香子さんは元やり投げの国体選手。
12才上の兄・亮太さんはPL学園でキャッチャーをしていて、弟が3才の頃から野球を教えていました。

安田尚憲内野手の目標は「もちろん日本一」

■監督

センバツ出場が決まった時、履正社ナインは岡田龍生監督を胴上げしました。

春夏あわせて10回目の甲子園出場になり、30年監督を務めてきた岡田龍生監督にとって今春は感慨深いです。

甲子園の初優勝にむけて期待が高まります。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP