【2017年春の選抜】創志学園野球部メンバーと出身中学。注目選手と監督は?「難波侑平投手は速球とナックルが武器」

選抜高校野球2017年「春の甲子園」は、3月19日(日)から休養日を含む12日間の日程で開催となります。
▶日程

創志学園野球部の初戦は、大会3日目の3月21日(火)第1試合9:00~、福岡の福岡大大濠高校と対戦です。

2017年もアツい選抜高校野球「春の甲子園」、創志学園野球部のメンバー一覧と出身中学、注目選手(写真画像)・監督を紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■創志学園(岡山県)

センバツは2年連続3回目
前回2016年は2回戦進出でした
同じく2016年に夏も経験し2回戦進出
2016秋の県大会3位、中国大会ではベスト4

私立校です。
1884年(明治17年)に女子高として創立し、1998年から共学に。
2010年から現校名となり同時に野球部も創部。現在の部員数は61名。

OBには、昨年のエースで巨人入りした高田萌生投手・オリックスの奥浪鏡内野手・陸上の青木益未選手がいます。

■選抜高校野球【春の甲子園2017】創志学園野球部のメンバーと出身中学


監督:長沢宏行(63才)
部長:立栄優(28才)

■野球部メンバー一覧
ポジション・名前・学年・出身中学

■スタメン
01投手  難波 侑平 3年
(岡山■岡山市操南中)岡山シニア
02捕手  藤原 駿也 2年
(岡山■岡山市東山中)岡山ボーイズ
03一塁手 金山 昌平 2年
(大阪 大阪市三稜中)住吉大和川シニア
04二塁手 木村 匠汰 3年
(兵庫 高砂市荒井中)全播磨硬式野球団
05三塁手 岡本 伊織 2年
(岡山■赤磐市磐梨中)中学軟式
06遊撃手 中山 瞬  2年
(鳥取 鳥取市桜ヶ丘中)鳥取ボーイズ
07左翼手 金谷 温宜 2年
(鳥取 鳥取市桜ヶ丘中)鳥取ボーイズ
08中堅手 山本 蒼  3年 ※キャプテン
(兵庫 たつの市御津中)中学軟式
09右翼手 西林 里久 3年
(大阪 茨木市平田中)ニューヤンキース
■控え
10    宮崎 竜成 2年
(徳島 北島町北島中)徳島ホークス
11捕手  秋山 竜彦 3年
(岡山■ 岡山市足守中)岡山西シニア
12    秋久 大翔 2年
(鳥取 倉吉市東中)鳥取ボーイズ
13捕手  小林 勇輝 3年
(兵庫 尼崎市南武庫之荘中)中学軟式
14    貝原 伶耶 3年
(岡山■岡山市高松中)中学軟式
15    角本 昂祐 3年
(兵庫 姫路市網干中)中学軟式
16外野手 井上 拓哉 3年
(兵庫 丹波市柏原中)氷上ボーイズ
17外野手 井上 翔太 3年
(鹿児島 薩摩河内市川内北中)川内スラッガーズ
18    楠 七海  3年
(岡山■津山市中道中)津山ボーイズ

野球部メンバーの6人だけが、出身中学が岡山です。

 

[スポンサードリンク]

 
 

■選抜高校野球【春の甲子園2017】創志学園野球部の注目選手など


■秋季中国地区大会の結果

1回戦 :創志学園 5-0 益田東
準々決勝:創志学園 9-3 関西
準決勝 :宇部鴻城 3-2 創志学園

■創志学園の注目選手

注目はエース難波侑平投手。
178cm75kg右投げ左打ち
4番も務めるので投打の中心的存在です。

ピッチングは速球とナックルが武器

最速143kmの速球に、ナックル・スライダー・カーブ・フォーク・ショートなど多彩な変化球を投げ込む投球が持ち味。コントロールも優れ、淡々とゼロを重ねていく力投型の本格派右腕。

4番打者としてチームをけん引

馬力のある力強いスイングで、鋭い打球を放ちます。無駄のないバットコントロールは他の打者たちより頭1つ抜きん出ていると評判。

■創志学園の監督

長沢宏行監督は兵庫県出身の63才
保健体育科教諭
監督として素晴らしい経歴の持ち主です

市立西宮高校時代は、野球部でキャプテンでしたが甲子園出場は叶わず。代わりにアルプススタンドで売り子のバイトをして、甲子園を目に焼き付けました。将来指導者として帰ってくると誓って。

大学は日体大に進学
しかし野球部員が800人と多すぎたのでソフトボール部を選び入部。そこで妻とも出会っています。

大学卒業後、女子校・夙川学院に赴任。
女子ソフトボール部で22年間監督を務め、国体8度優勝の強豪に育て上げました。

その手腕を買われ1996アトランタ五輪では、ソフトボール日本代表のヘッドコーチにも抜擢。同時にこのころ、野球への想いが溢れてきました。

そして野球に戻ります。
2003年、鹿児島の神村学園の監督に就任すると、創部3年目で春の選抜出場を果たし、いきなり準優勝。

2010年、創志学園の監督に就任すると、2011年に創部初年度・史上最速の選抜初出場を果たす快挙!2016年には春夏連続出場も実現した凄腕監督です。

2017年今年はどんなドラマを生み出すか楽しみです。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP