【世界水泳2017競泳男子・女子】日程と放送予定・日本代表選手メンバー「メダル候補を予想してみた」

「世界水泳ブダペスト2017」が2017年7月14日~30日の日程で、ハンガリーで開催されます。2020東京五輪を見据えた重要な大会ですね。

競泳男子・女子のテレビ朝日放送予定や日本時間との時差、試合の組み合わせ日程、そして出場する日本代表メンバーを知りたい人も多いと思います。

同い年ライバルの萩野公介選手と瀬戸大也選手、シンデレラガール池江璃花子選手など、結果を期待されるメダル候補の予想にも迫ります。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■「世界水泳ブダペスト2017」テレビ放送予定(テレ朝)と大会概要


放送局:テレビ朝日
放送日・時間:発表まち

■大会の概要
名称:世界水泳ブダペスト2017
日程:2017年7月15日(土)~7月30日(日)
開催国:ハンガリー
開催地:プダペスト
シンクロ会場:City Park – Városliget Lake
競泳会場:The Dagály Swimming Complex
水球会場:Alfred Hajos Complex(マルギット島)
競技種目:
・シンクロナイズドスイミング
・競泳
・飛び込み
・水球
・オープンウォータースイミング競技

■「世界水泳ブダペスト2017」日本時間との時差


■日本時間との時差
ハンガリーのプダペストと東京の時差は7時間日本が進んでいます。
例)
プダペスト11:00 → 日本時間18:00
プダペスト19:00 → 日本時間26:00

■「世界水泳ブダペスト2017」【競泳】男子女子の日程


■競泳の日程
■7月23日(日)

●9:30~予選
●17:30~準決勝・決勝
男子100m平泳ぎ(予選・準決勝):小関也朱篤
男子50mバタフライ(予選・準決勝)
男子400m自由形(予選・★決勝★)
男子4x100mリレー(予選・★決勝★):中村克・塩浦慎理

女子100mバタフライ(予選・準決勝):池江璃花子
女子200m個人メドレー(予選・準決勝):大橋悠依・今井月
女子400m自由形(予選・★決勝★)
女子4x100mリレー(予選・★決勝★)

■7月24日(月)

●9:30~予選
●17:30~準決勝・決勝
男子100m背泳ぎ(予選・準決勝):入江陵介
男子200m自由形(予選・準決勝)
男子100m平泳ぎ(★決勝★):小関也朱篤
男子50mバタフライ(★決勝★)

女子100m背泳ぎ(予選・準決勝)
女子100m平泳ぎ(予選・準決勝):鈴木聡美・青木玲緒樹
女子1500m自由形(予選)
女子100mバタフライ(★決勝★):池江璃花子
女子200m個人メドレー(★決勝★):大橋悠依・今井月

■7月25日(火)

●9:30~予選
●17:30~準決勝・決勝
男子50m平泳ぎ(予選・準決勝)
男子200mバタフライ(予選・準決勝)  坂井聖人、瀬戸大也
男子800m自由形(予選)
男子200m自由形(★決勝★)
男子100m背泳ぎ(★決勝★):入江陵介

女子200m自由形(予選・準決勝):池江璃花子
女子1500m自由形(★決勝★)
女子100m平泳ぎ(★決勝★):鈴木聡美・青木玲緒樹

■7月26日(水)

●9:30~予選
●17:30~準決勝・決勝
男子100m自由形(予選・準決勝):中村克
男子200m個人メドレー(予選・準決勝):萩野公介・瀬戸大也
男子800m自由形(★決勝★)
男子50m平泳ぎ(★決勝★)
男子200mバタフライ(★決勝★):瀬戸大也・坂井聖人

女子50m背泳ぎ(予選・準決勝)
女子200mバタフライ(予選・準決勝):長谷川涼香・牧野紘子
女子200m自由形(決勝★):池江璃花子

4x100m混合メドレーリレー(予選・★決勝★)

■7月27日(木)

●9:30~予選
●17:30~準決勝・決勝
男子200m平泳ぎ(予選・準決勝):小関也朱篤・渡辺一平
男子200m背泳ぎ(予選・準決勝):入江陵介・萩野公介
男子100m自由形(★決勝★)
男子200m個人メドレー(★決勝★):萩野公介・瀬戸大也

女子200m平泳ぎ(予選・準決勝):鈴木聡美・青木玲緒樹
女子100m自由形(予選):池江璃花子
女子4x200mリレー(予選・★決勝★):五十嵐千尋
女子50m背泳ぎ(★決勝★)
女子200mバタフライ(★決勝★):長谷川涼香・牧野紘子

■7月28日(金)

●9:30~予選
●17:30~準決勝・決勝

男子50m自由形(予選・準決勝)、
男子100mバタフライ(予選・準決勝)
男子4x200mリレー(予選・★決勝★)
男子200m平泳ぎ(★決勝★):小関也朱篤・渡辺一平
男子200m背泳ぎ(★決勝★):入江陵介・萩野公介

女子50mバタフライ(予選・準決勝):池江璃花子
女子200m背泳ぎ(予選・準決勝)
女子800m自由形(予選)
女子100m自由形(★決勝★)
女子200m平泳ぎ(★決勝★):鈴木聡美・青木玲緒樹

■7月29日(土)

●9:30~予選
●17:30~準決勝・決勝

男子50m背泳ぎ(予選・準決勝)
男子1500m自由形(予選)
男子50m自由形(★決勝★)
男子100mバタフライ(★決勝★)

女子50m自由形(予選・準決勝):池江璃花子
女子50m平泳ぎ(予選・準決勝)
女子50mバタフライ(★決勝★):池江璃花子
女子200m背泳ぎ(★決勝★)
女子800m自由形(★決勝★)

4x100m混合リレー(予選・★決勝★)

■7月30日(日)

●9:30~予選
●17:30~準決勝・決勝

男子400m個人メドレー(予選・★決勝★):萩野公介・瀬戸大也
男子4x100mメドレーリレー(予選・★決勝★):入江陵介・小関也朱篤・中村克・小堀勇氣
男子50m背泳ぎ(★決勝★)
男子1500m自由形(★決勝★)

女子400m個人メドレー(予選・★決勝★):大橋悠依・清水咲子
女子4x100mメドレーリレー(予選・★決勝★)
女子50m平泳ぎ(★決勝★)
女子50m自由形(★決勝★)

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■「世界水泳ブダペスト2017」【競泳】日本代表メンバー


まず、種目別一覧はこちら。

男子200m個人メドレー:萩野公介・瀬戸大也
男子400m個人メドレー:萩野公介・瀬戸大也
男子100m背泳ぎ:入江陵介
男子200m背泳ぎ:入江陵介・萩野公介
男子100m平泳ぎ:小関也朱篤
男子200m平泳ぎ:小関也朱篤・渡辺一平
男子200mバタフライ:瀬戸大也・坂井聖人
男子100m自由形:中村克
男子4×100mメドレーリレー:入江陵介・小関也朱篤・中村克・小堀勇氣
男子4×100mフリーリレー:中村克・塩浦慎理


女子50mバタフライ:池江璃花子
女子100mバタフライ:池江璃花子
女子200mバタフライ:長谷川涼香・牧野紘子
女子50m自由形:池江璃花子
女子100m自由形:池江璃花子
女子200m自由形:池江璃花子
女子200m個人メドレー:大橋悠依・今井月
女子400m個人メドレー:大橋悠依・清水咲子
女子100m平泳ぎ:鈴木聡美・青木玲緒樹
女子200m平泳ぎ:鈴木聡美・青木玲緒樹
女子4×200mフリーリレー:五十嵐千尋

続いて、選手ごとの紹介です。

■競泳男子

● 萩野公介(22才)★メダル候補★
 2012ロンドン五輪(400m個人メドレー銅)
 2016リオ五輪(200m個人メドレー銀・400m個人メドレー金・4×200mフリーリレー銅)
● 瀬戸大也(23才)★メダル候補★
 2016リオ五輪(400m個人メドレー銅)
● 入江陵介(27才)★メダル候補★
 2012ロンドン五輪(100m背泳ぎ銅・200m背泳ぎ銀)
 2016リオ五輪出場
● 坂井聖人(21才)★メダル候補★
 2016リオ五輪(200mバタフライ銀)
● 小関也朱篤(やすひろ25才)
 2016リオ五輪出場
● 渡辺一平(20才)※世界水泳初出場
 2016リオ五輪出場
● 中村克(23才)
 2016リオ五輪出場
● 塩浦慎理(しんり25才)
 2016リオ五輪出場
● 小堀勇氣(23才)
 2016リオ五輪(4×200mフリーリレー銅)


■競泳女子

● 池江璃花子(16才)★メダル候補★
 2016リオ五輪出場
 競泳のシンデレラガール
● 大橋悠依(21才)※初代表
● 今井月(るな16才)
 2016リオ五輪出場
● 清水咲子(25才)
 2016リオ五輪出場
● 鈴木聡美(26才)
 2012ロンドン五輪(100m平泳ぎ銅・200m平泳ぎ銀・4×100mメドレーリレー銅)
 2016リオ五輪出場
● 青木玲緒樹(れおな22才)※初代表
● 長谷川 涼香(17才)※世界水泳初代表
 2016リオ五輪出場
● 牧野紘子(17才)※初代表
● 五十嵐千尋(22才)
 2016リオ五輪出場

■「世界水泳ブダペスト2017」【競泳】メダル候補は?


「世界水泳ブダペスト2017」競泳のメダル候補を予想してみます。

萩野公介選手は2016リオ五輪で、200m個人メドレー銀・400m個人メドレー金・4×200mフリーリレー銅に輝いた実績があるので、メダル候補です。

同い年でライバルの瀬戸大也選手も、2016リオ五輪で400m個人メドレー銅を獲得しているのでメダル候補。5月24日に飛び込みの馬淵優佳選手と結婚をしたばかりで、さらなる飛躍に期待です。

2012ロンドン五輪の100m背泳ぎ銅・200m背泳ぎ銀メダリストの入江陵介選手や、同じく2016リオ五輪の200mバタフライ銀メダリストの坂井聖人選手もメダル候補です。

女子では「競泳のシンデレラガール」こと池江璃花子選手。自由形とバタフライ合わせて5種目で日本記録を持つ彼女もメダル候補です。春の日本選手権で5冠を達成し、5月ジャパン・オープンでも4冠を達成。世界水泳での活躍が期待されます。
 
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP