2016年、東京に【初雪】観測。ツイッターには画像が投稿される。今年は大雪は降るのか?

1月12日(火)、東京に今年2016年の初雪が観測されました。
1週間前のヤフーの天気ニュースでは、明日13日(水)に
初雪が降るかもしれないということでしたが、それより1日速かったですね。
平年よりかは9日遅かったそうですが。

冬型の気圧配置となり、日本の上空には寒気が次々と流れこんでいます。

 
 

【スポンサードリンク】

 
 

2016年東京に初雪。ツイッターには画像が投稿される



 
 

[スポンサードリンク]

 
 

今年の初雪は早い?遅い?


2016年、東京の初雪は、早かったのでしょうか、遅かったのでしょうか。

2014~2015年の冬は、初雪は12月14日でしたので、
今シーズンの初雪は、前年に比べると29日遅かったそうです。
ずいぶん遅いですよね。
暖冬の原因は、エルニーニョ現象だといわれています。

その前の2013~2014年も12月20日と早めだったんですよね。
ただ、その前も見てみるとこうなります。

2012~2013年:1月14日
2011~2012年:1月20日
2010~2011年:12月30日
2009~2010年:1月12日
2008~2009年:1月9日
2007~2008年:1月16日
というように、1月に入ってから初雪になることが多いんですね。

ただ、2006~2007年だけは3月に初雪が降っています。
その前の
5年間はすべて12月に初雪が降っています。
ということで、
最近はどんどん初雪の時期が遅くなってきているようですね。
地球温暖化のせいなんでしょうね。

ちなみに、1981~2010年の平年初雪は、1月3日です。

2016年、東京に大雪は降るのか?


初雪が降ったということで、リアルに気になるのが
通勤や通学など日常の移動に影響が出るくらいの
雪や大雪が降るのかといったことです。
サラリーマンは仕事に多大な影響が出ますからね。

2014年は2月にとんでもない記録的な、まるで北海道のような
大雪が振り、
20年ぶりに20cm以上の積雪
45年ぶりに25cmを記録
という、数字のゴロを合わせたような大雪となりました。
10年に一度の強烈な寒波が原因だそうです。

2016年の冬は暖冬になっているので
大雪の心配はないかと思いきや、
エルニーニョ現象が原因で暖冬になった場合には
大雪になる可能性があるようです。

今年は特に、エルニーニョが強烈らしいので
日本が受ける影響も大きいといわれています。
果たして大雪は降るのか・・・心配ですね。
暖冬でも油断は禁物ですね。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP