【バレーボール女子】世界最終予選2016の結果速報と順位表「リベロ3人体制でリオ五輪出場を目指す!」

バレーボール女子の2016年リオ五輪世界最終予選は、5月14日(土)からの日程で東京体育館にて開催されるので、結果速報と順位表が注目されます。
ちなみにテレビ放送はフジテレビとTBSで交互に生放送予定です。

今回、バレーボール女子日本代表は真鍋政義監督(52才)の「守備力なくして日本は世界に勝てない」「勝っていくにはサーブレシーブが大事。レシーバーを入れた方がいい守備になる」との考えで守備重視の作戦です。
リベロ2名には佐藤あり紗選手と丸山亜季選手を配置されます。
また、3人目のリベロである座安琴希選手はあえてレシーバーという異例の配置換えで、実質的な「リベロ3人体制」となっています。

主将の木村沙織選手は「どこにも負けない強い気持ちを持って切符を獲りたい」と意気込みを語りました。

出場国と世界ランキング、そして、バレーボール女子日本代表「世界最終予選2016」の結果速報と順位表を順次更新していきます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■出場国と世界ランキング

出場国はこちらの8か国です。

★日本      5位
(アジア)韓国    9位
(アジア)タイ    13位
(アジア)カザフスタン26位
ドミニカ共和国  7位
イタリア     8位
オランダ     14位
ペルー      21位

【バレーボール女子】世界最終予選2016 日程と結果速報

バレーボール女子「世界最終予選2016」の日程と結果速報です。

■日程と結果速報


第1戦 5/14(土)19:00~
日本 ●3-0 ペルー

(25-23 25-10 25-14)

■日本以外の試合
韓国 1-3 イタリア
タイ 3-1 ドミニカ共和国
カザフスタン 1-3 オランダ


第2戦 5/15(日)19:00~
日本 ●3-0 カザフスタン

(25-14 25-15 25-11)

■日本以外の試合
イタリア 3-1 タイ
ペルー 3-0 ドミニカ共和国
オランダ 0-3 韓国


第3戦 5/17(火)19:00~
日本 1-3● 韓国

(26-28 17-25 25-17 25-19)

■日本以外の試合
カザフスタン 1-3 ペルー
ドミニカ共和国 0-3 イタリア
タイ 0-3 オランダ


第4戦 5/18(水)19:00~ 
日本 ●3-2 タイ

(20-●25 ●25-23 23-●25 ●25-23 ●15-13)
宮下選手が涙!木村選手も涙!本当に苦しかった試合でした。

■日本以外の試合
ペルー 0-3 イタリア
カザフスタン 0-3 韓国
オランダ 3-0 ドミニカ共和国


第5戦 5/20(金)19:00~
日本 ●3-0 ドミニカ共和国

(●25-22 ●25-16 ●27-25)
リオ出場へ王手をかけました!

■日本以外の試合
タイ 3-0 カザフスタン
韓国 3-1 ペルー
イタリア 0-3 オランダ


第6戦 5/21(土)19:00~
日本 2-3● イタリア

(●25-23 25-●27 25-●27 ●25-21 9-●15)
試合途中ですがリオ五輪出場決定しましたが、負けました。
・・・リオ出場は嬉しいですが、後味が悪いです。

■日本以外の試合
韓国 2-3 タイ
カザフスタン 1-3 ドミニカ共和国
ペルー 0-3 オランダ


第7戦 5/22(日)19:00~
日本 ●3-2 オランダ

(20-●25 ●25-13 21-●25 ●32-30 ●15-11)
逆転勝利!

■日本以外の試合
ドミニカ共和国 3-0 韓国
タイ 3-0 ペルー
イタリア 3-0 カザフスタン

守備力の重要性を追及した「リベロ3人体制」が吉と出るか凶と出るか、注目です。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

【バレーボール女子】世界最終予選2016 順位表と出場条件

バレーボール女子「世界最終予選2016」の順位表です。

■順位表 ※5/22(日)試合後

リオ五輪出場権獲得=アジア最上位1チーム+それ以外の上位3チーム

順位 出場国     勝ち点 セット率 得点率
1(リオ) イタリア      6 1 17 2.571 最終予選枠
2(リオ) オランダ      5 2 16 2.428 最終予選枠
3(リオ) ★日本       5 2 14 1.800 アジア枠
4(リオ) (アジア)韓国     4 3 13 1.363 最終予選枠
5 (アジア)タイ     4 3 12 1.250
6 ドミニカ共和国   2 5 6 0.437
7 ペルー       2 5 6 0.437
8 (アジア)カザフスタン 0 7 0 0.142

■リオ五輪出場権獲得の条件

アジア枠(韓国・タイ・カザフスタン・日本)でトップになるか、それ以外の7チームで上位3チームに入るかが、2016年リオ五輪出場権獲得の条件です。

とにかく今は先の事よりも、リオ五輪出場権を獲得することが大切です。
そうしないとバレーボール女子のリオ五輪での戦いが始まらないですからね。

アジア枠で1位でも、それを除いた残り7チームのうち上位3チームでも、どちらでも構わないので五輪の切符を勝ち取ってほしいです。

【バレーボール女子】世界最終予選2016 見どころ

 
バレーボール女子「世界最終予選2016」では、日本代表メンバー14人のうち10人が初出場という、チームの半部以上がフレッシュな顔ぶれとなっています。

日本は世界ランキング5位で、出場国のなかではトップですが、若い選手たちが大舞台のプレッシャーに打ち勝って実力を発揮できるかが大事です。

■注目の選手

注目の選手は、木村沙織選手、古賀紗理那選手、宮下遥選手、以上3人です。

木村沙織選手は、4度目の五輪出場に向けて絶好調だといいますが、復帰した元キャプテンの荒木絵里香選手の存在が、精神的に後押ししてくれているようです。

ニューヒロイン古賀紗理那選手は、バレーボール女子日本代表の未来を担う存在。プレースタイルも木村沙織選手に似ていて卓越しています。
彼女は、熊本地震で被災した地元に、自分のプレーで元気を取り戻したいと語っています。

新司令塔の宮下遥選手にとっては今大会は試練となります。
今まではベテランセッターが控えていましたが、今回のセッターは初出場の選手なので、自らチームをけん引しなければいけないからです。

■注目の試合

注目の試合は、永遠のライバルである韓国との試合です。
日本代表がアジア最上位になるためには、韓国戦がカギを握っています。
しかし懸念材料として、韓国戦が休み明けの試合ということです。
休み明けの試合には弱いというのが、これまでの日本のパターンだからです。
韓国戦は、見逃せない一戦となります。

 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP