【市川海老蔵が記者会見】小林麻央は「乳がん」進行性がんの余命やステージは・・・

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38才)が、嫁の小林麻央さんが病気「進行性がん」で極秘入院中だとマスコミが報じたことについて、6月9日(木)15:00から記者会見を行いました。

小林麻央さんの「進行性がん」の余命やステージは果たして・・・
※記者会見直後に更新・・・乳がんでした。抗がん剤治療中です。

市川海老蔵さんの嫁、小林麻央さんはしばらく公の場に姿を見せなかったことから、体調不良が心配される一方で3人目妊娠の噂もありました。しかし実際は病気「進行性がん」を患っていて、極秘入院して治療を続けているというものです。

※記者会見直後に更新 
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 市川海老蔵 記者会見 小林麻央「進行性がん」の余命やステージは?


病名は
「進行性がん」で、乳がんです。
約1年8か月前にわかりました。

人間ドッグに夫婦でよくいっていて、気づいた。

去年の息子の初お目見えのときは、小林麻央さんの意思で、病院を抜けて、覚悟を決めて行った。

現在は比較的深刻なじょうたいで、抗がん剤治療を行っている。

手術を行う方向に向かって、抗がん剤治療を行っている。

小林麻央さん本人は前向き。

入院したのは、ずっと。
最近は通院というかたち。

中心として治療は抗がん剤治療。

子供たち2人は、長女が特に、4~5才なので状況がわかっていながら、自分のなかで踏ん張って頑張っている。

★ステージについては
「深刻だ」ということで、理解してほしい

入院時に「しこり」の除去手術はしていない

子供たちへの説明は・・
子供もこの記者会見を見て知ると思う
長女は理解できると思う

★乳がんだとわかったとき・・・
日本橋で市川海老蔵さんが芝居をしている時期でした。
ホテルで夫婦であい、市川海老蔵さんは途方にくれた
小林麻央さんは自分よりショックは大きくて
「時が過ぎるのを忘れる」ように2人で過ごした

静かに見守ってもらいたというのが、家族の願いです

■ 乳がんの余命やステージ


■ステージ0 余命・5年生存率 100%

■ステージ1 余命・5年生存率 95.7%

■ステージ2 余命・5年生存率 90.9%
腫瘍の大きさによって部分切除か乳房切除術
■ステージ3 余命・5年生存率 69.7%
進行がすすみ、しこりが大きくなる
手術できる場合とできない場合がある
■ステージ4 余命・5年生存率 32.2%
転移があり、手術は難しい。

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP