【2016台風18号】10/4気象庁と米軍の最新進路予想「九州北部・中国のあと関東には?」

非常に強い2016台風18号「チャバ」は時速30kmで東シナ海を北上中です。
中心付近の最大瞬間風速は70mと強力。

10/5(水)にかけて、西日本を中心に九州北部・中国で暴風や高波に厳重な警戒が必要となる予想です。
そのあと関東を直撃することはあるのでしょうか

台風接近の際は、強風や高波、暴風や豪雨、土砂災害・河川の増水などに警戒が必要です。
気象庁や米軍、WeatherUnderground・ヨーロッパなどの進路最新予想をcheckしましょう。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 2016台風18号の進路 「気象庁」10/4最新予想


画像引用:気象庁

画像引用:気象庁

■10/4(火)18:00
勢力は非常に強く、時速30kmで東シナ海を北上。
中心気圧925ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は50m、最大瞬間風速70m、暴風域は90km
■10/4(火)24:00
勢力は非常に強く、時速30kmで北上。
中心気圧940ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は45m、最大瞬間風速65m、暴風警戒域は140~160km

10/4(火)夜遅くから5(水)にかけて、西日本にメインに暴風と高波に注意です。
10/5(水)は、九州の北部と中国で、猛烈な風や猛烈なシケになる可能性があります。
最大瞬間風速は、九州北部60m、中国45m、四国・近畿・北陸で35mとみられます。

■10/5(水)朝6:00
勢力は非常に強く、時速30kmで北北東の進路へ。
中心気圧950ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は45m、最大瞬間風速60m、暴風警戒域は170~200km
■10/5(水)昼12:00
勢力は「強い」と落ち時速50kmで北東へ。
中心気圧960ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は40m、最大瞬間風速60m、暴風警戒域は200~280km
■10/5(水)夜18:00
勢力は強いまま時速50kmで北東へ。
中心気圧975ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は35m、最大瞬間風速50m、暴風警戒域は240~310km

10/5(水)から6(木)にかけては、高潮になることもあるので、海岸や河口など低地は、冠水や浸水に警戒が必要です。

■ 2016台風18号の進路 「JTWC(米軍)」10/4最新予想


画像引用:JTWC(米軍)

画像引用:JTWC(米軍)

米軍の最新予想進路図では、気象庁より少し先まで予想されています。
西日本の北部のあと、10/6(木)の深夜3時(05/18Z)に東北に上陸する見込みで、関東にも影響がありそうです。

■ 2016台風18号の進路 「Weather Underground」10/4最新予想


画像引用:Weather Underground

画像引用:Weather Underground

ウェザー・アンダーグラウンド最新予想進路図でも、米軍と同じような予想です。

■ 2016台風18号の進路 「ECMWF(ヨーロッパ)」10/4最新予想


画像引用:ECMWF(ヨーロッパ)

画像引用: ECMWF(ヨーロッパ)

ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の最新予想図・GIF動画です。
本州を通過して太平洋に向かう様子がわかります。

[スポンサードリンク]

 
 

■ 2016台風18号の進路 10/4最新予想まとめ


2016台風18号は、北よりに進路を変えていますが、現在のままだと関東にも大きな影響を与えそうです。
さらに北よりになればよいですが・・・それでも東北地方に上陸する可能性があるでしょう。

2016年に上陸した台風はすでに6つ。
これは、観測史上2番目に多い数です。
2016年最強といわれた台風14号は、台湾でコンテナをなぎ倒し、台風の威力が凶器へと変わる様子も報じられました。
台風の発生や接近は9月ピークですが、まだまだ10月にかけて上陸することも珍しくありません。
今後も注意が必要です

▼現在の大気の様子

■台風の影響は家庭の食卓も直撃

台風の影響で、東日本や西日本で天候不順・日照不足が深刻化。
野菜品薄で価格が上昇しています。

例えば、東京の9月の日照時間は、晴れが4日間のみで平年の3割。
大阪でも晴れが5日間で平年の5割。過去10年間で最悪の状況となっています。

■夏の台風と秋の台風の違い

夏は過ぎてみればあっという間に終わり、もう9月です。
秋の台風と夏の台風は実は違いがあります。

夏台風の特徴は
スピードが遅く、動きが複雑。
秋台風の特徴は
日本の南で発生し進路は北東、スピードをあげながら日本に接近することが多いです。
また、秋雨前線を刺激して、大雨を振らせることもあります。

秋台風は進路にも特徴があり
沖縄に接近したあと本州方向にカーブする場合が多いです。

■2016年の台風は7月~9月に集中発生?

2016年の台風1号発生は7月3日で、1951年以降の史上2番目に遅い発生となりました。
ちなみに史上1番に遅かったのは1998年で、7月9日でした。
その1998年には、7月に7個もの台風が、そして9月までの3ヵ月で14個もの台風が発生しています。

2016年も1998年並みの集中発生になるかもしれません。
そうなればダブル台風やトリプル台風となるでしょう。
・7月発生数☓4個(1~4号)
・8月発生数☓7個(5~11号)
・9月発生数☓7個(12~18号)

豆知識 台風のたまごから発生、衰退まで


 
台風は、たまご~発生期~発達期~最盛期~衰弱期という段階を経過します。

「たまご」とは熱帯低気圧のことです。赤道付近の海上で発生することが多く、海面水温が高い熱帯の海上で発生しやすい上昇気流によって、積乱雲(いわゆる入道雲)が次々と発生します。積乱雲が多数まとまると渦を形成するようになって、渦の中心付近の気圧が低下、またさらに発達して熱帯低気圧になります。これが台風の「たまご」です。

「発生期」には、熱帯低気圧の風速が17m/sを超えたものが台風と呼ばれます。

「発達期」は文字通り発達する期間のことで、最盛期に向けて勢力を増していく期間のことです。暖かい海面から供給される水蒸気をエネルギーにどんどん発達します。

「最盛期」は、勢力のピークです。

「衰弱期」は、台風が衰えていく期間のことです。日本付近に接近すると、熱帯よりも海面水温が低いので、海面からの水蒸気エネルギー供給量が減って、台風は衰弱し、熱帯低気圧や温帯低気圧に変化します。

豆知識 台風の強さ


台風の強さは、台風、強い台風、非常に強い台風、猛烈な台風 というように区分され、
風速が
64ノット(32.7m/s)が強い台風、
85ノット(43.8m/s)が非常に強い台風、
105ノット(54.1m/s)が猛烈な台風、
となっています。

豆知識 昨年2015年の台風発生数


1月☓1 2月☓1 3月☓2 
4月☓1 5月☓2 6月☓2
7月☓3 8月☓4 9月☓5
10月☓4 11月☓1 12月☓1

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP