【2017夏の甲子園】前橋育英高校野球部メンバーと出身中学「荒井監督のもと2013優勝劇を再び!皆川は本格右腕」

高校野球2017年「夏の甲子園」が、8月8日(火)から15日間の日程で開催中。

優勝経験もある群馬の前橋育英は、初戦で山梨学院を12-5で撃破。2回戦は大会8日目の8月15日(火)第2試合10:30~、高知の明徳義塾高校野球部と対戦という組み合わせ。

2017年もアツい高校野球「夏の甲子園」、群馬の前橋育英高校野球部のメンバー一覧と出身中学、注目選手、監督に迫ります。

荒井監督はコツコツした積み重ねを選手たちに伝え2013年初出場で優勝に導いた名監督。エース皆川を始めとした充実した投手陣で再び優勝なるか?
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■前橋育英(群馬)

夏は2年連続3度目の出場で、2013年初出場でいきなり優勝しています。
春の選抜は2度出場し、最高成績は今年の2回戦。

前橋育英は1963年(昭和38年)創立の私立校で、翌年に野球部を創部、現在の部員数は69人です。

主なOBは、西武の高橋光成投手。ほかサッカーで、細貝萌選手、山口素弘元選手、松田直樹元選手。

■高校野球【夏の甲子園2017】前橋育英野球部のメンバーと出身中学


部長:中沢洋一(47才)
監督:荒井直樹(52才)

■野球部メンバー一覧
背番号・ポジション・名前・学年・出身中学

■スタメン
1投手 ★皆川 喬涼 3年(群馬■館林市第四中)中学軟式
2捕手  戸部 魁人 3年(群馬■桐生市相生中)前橋桜ボーイズ
3内野手 小池 悠平 2年(群馬■桐生市川内中)中学軟式
4内野手 堀口 優河 3年(群馬■高崎市佐野中)高崎中央ボーイズ
5内野手 飯島 大夢 3年※キャプテン(群馬■館林市第一中)館林ボーイズ
6内野手 黒沢 駿太 3年(群馬■高崎市高松中)高崎中央ボーイズ
7外野手 吉沢 悠  3年(群馬■渋川市古巻中)中学軟式
8外野手★丸山 和郁 3年※U-18候補(群馬■高崎市倉渕中)中学軟式
9外野手 飯塚 剛己 3年(群馬■前橋市東中)中学軟式
■控え
10投手  根岸 崇裕 3年(群馬■館林市第二中)中学軟式
11投手  木島 佑起 3年(群馬■高崎市並榎中)中学軟式
12捕手  市川 龍之信3年(群馬■高崎市並榎中)中学軟式
13内野手 原田 捷敏 3年(群馬■高崎市高南中)中学軟式
14内野手 深川 理来 3年(群馬■富岡市東中)中学軟式
15内野手 市川 直之 3年(群馬■高崎市吉井中央中)中学軟式
16内野手 北原 翔  2年(群馬■榛東村榛東中)上州ボーイズ
17外野手 川端 優希 3年(群馬■昭和村昭和中)北毛ボーイズ
18内野手 田中 宏樹 3年(群馬■前橋市富士見中)中学軟式

前橋育英野球部メンバーは全員、出身中学が地元・群馬です。2013年も野球留学生に頼らず優勝しています。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■高校野球【夏の甲子園2017】前橋育英野球部の注目選手など


■地方予選大会の結果(群馬)

2回戦 :3-1 高崎経済大付
3回戦 :8-1 新田暁
4回戦 :8-0 高崎商大付
準々決勝:4-0 常磐
準決勝 :10-3 明和県央
決勝  :6-4 健大高崎

140km越えが4人いる充実した投手陣と、堅い守りが特徴。
・右腕エース皆川は、群馬大会で最速149kmを記録。
・U-18代表候補の左腕、丸山は安定感抜群。
・新チームで最初のエース吉沢悠
・192cmの長身右腕・根岸
さらに勝負強くチャンスを活かす打線で打点を稼ぎます。

■前橋育英の注目選手は?

■右腕エース皆川喬涼
180cm82kg右投げ右打ち

最速149kmのストレートには力強さと角地があり、スライダーなど織り交ぜ緩急よく投げる本格派。

前橋育英の今年は、昨秋の県大会、選抜、今春県大会、それぞれエースが変わるほど投手陣が充実しています。皆川投手はその4人目、真のエースの登場です。

■U-18候補の丸山和郁
170cm69kg左投げ左打ちの最速143km。
投手としての持ち味は安定感。
投げるだけでなく、足も速くて打つのも上手い、野球センスに優れた走攻守投4拍子揃った身体能力抜群の選手です。甲子園での活躍に期待。

■前橋育英の監督

前橋育英は県外からの野球留学生がいません。
荒井直樹監督はいい選手を集めて勝つだけでは面白くないという考え。
スカウティングもするが重視するのは野球のうまさではなく、性格や、練習や試合での振る舞いです。

荒井直樹監督は野球部メンバーを育てる際、将来「この人と一緒に仕事をしたい」と思われる大人になってほしいという想いで接しています。座右の銘は「凡事徹底」。

愚痴や悪口を言わず、自慢話もしません。自分の経験から話すのは失敗談だけです。

選手のミスを怒ったりもしません。野球部メンバーには自分でやる・考える癖をつけることを大切にしています。その結果が、2013年の優勝でした。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP