【センバツ2019】星稜高校野球部メンバーと出身中学「奥川恭伸投手はドラフト2020大本命」

センバツ2019(春の選抜高校野球)の優勝候補と名高い、名門・星稜高校野球部のメンバーと出身中学、戦績、注目選手と監督を紹介します。

星稜高校野球部といえば、今世代ナンバーワン投手・右腕の奥川恭伸。ドラフト2020大本命となると思われる大注目のトップクラスの選手。

1979夏の延長18回の激闘、1992夏のゴジラ松井5連続敬遠など、伝説に残る名勝負で有名な星稜高校野球部ですが、実は優勝経験はなく最高成績は準優勝。

星稜高校野球部メンバーの出身中学ほとんどが地元で部活からここまで強くなったのは凄いです。前回2018夏の甲子園で2回戦で逆転サヨナラ負けした悔しさをバネに、悲願に優勝なるか大注目です。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■【センバツ2019】星稜高校野球部メンバーと出身中学


ほとんどが地元・石川県の中学出身メンバーで、県外は3人だけです。

※センバツのメンバーはまだ発表されてないので2018明治神宮大会のメンバーを紹介します。

■メンバー

■2018明治神宮大会のスタメンメンバー
1 投手  奥川恭伸  2年(石川)宇ノ気中(中学軟式野球部)※U-18
 今世代ナンバーワン右腕
2 捕手  山瀬慎之助 2年(石川)宇ノ気中(中学軟式野球部)※主将
 小学校4年から奥川とバッテリー
3 内野手 福本陽生  2年(東京)世田谷緑丘中(東練馬シニア)
4 内野手 山本伊織  2年(神奈川)川崎高津中(東京神宮シニア)
5 内野手 知田爽汰  1年(石川)星稜中(中学軟式野球部)
6 内野手 内山壮真  1年(石川)星稜中(中学軟式野球部)※U-15
 走攻守揃い一流のバッティング
7 外野手 有松和輝  2年(石川)星稜中(中学軟式野球部)
8 外野手 東海林航介 2年(石川)星稜中(中学軟式野球部)
9 外野手 岡田大響  2年(石川)星稜中(中学軟式野球部)


■2018明治神宮大会の控えメンバー
10控え  寺沢孝多  2年(石川)星稜中(中学軟式野球部)
11投手  萩原吟哉  1年(石川)星稜中(中学軟式野球部)
12控え  新保温己  2年(石川)星稜中(中学軟式野球部)
13控え  大高正寛  2年(石川)星稜中(中学軟式野球部)
14控え  寺西成騎  1年(石川)根上中(中学軟式野球部)※U-15
15控え  鈴木快明  2年(石川)布水中(中学軟式野球部)
16控え  高木宏望  1年(石川)星稜中(中学軟式野球部)
17控え  伊藤駿介  2年(愛知)高橋中(豊田リトルシニア)
18控え  今井秀輔  1年(石川)紫錦台中(金沢リトルシニア)

■【センバツ2019】星稜高校野球部の甲園出場回数


星稜高校野球部はこれまで、
・春のセンバツ12回
・夏の甲子園19回
春夏通算31回出場し
優勝はないものの、準優勝1回の強豪です。

また、甲子園の伝説の試合を繰り広げたもの星稜高校野球部で

・1979年(昭和54年)夏の甲子園、簑島高校との延長18回の激闘
・1992年(平成4年)夏の甲子園、明徳義塾高校戦でゴジラ松井秀喜選手の5連続敬遠で敗退

など名勝負を演じてきました。

■【センバツ2019】星稜高校野球部の戦績


2018春のセンバツ ベスト8
2018春季県大会   優勝
2018春季北信越大会 優勝
2018夏季県大会   優勝
2018夏の甲子園   2回戦敗退
2018秋季県大会  優勝
2018秋季北信越大会 優勝
2018明治神宮大会 準優勝

2018夏の甲子園では、済美高校と延長13回タイブレークから逆転サヨナラ満塁弾を浴びて11—13で2回戦敗退しました。星稜が大量リードを奪っていた展開から逆転負けは衝撃の幕切れでした。

そのメンバーが多く残る現在の野球部は悔しさをバネに、秋季県大会で圧勝で優勝。足の速い選手もいて機動力は十分あり、最高の投手陣が揃っています。

 

[スポンサードリンク]

 
 

■【センバツ2019】星稜高校野球部の注目選手


■奥川 恭伸

名前:奥川恭伸(おくがわやすのぶ)
出身中学:石川県かほく市宇ノ気中学
中学時代:軟式野球部
身長・体重:182cm81kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手

奥川恭伸投手は、星稜高校野球部の右腕エース。

最速150kmのストレートを投げる本格派右腕で、スライダー・チェンジアップ・フォークを織り交ぜて投球します。高校生には打てないカーブのようなスライダーを投げます。

打者の狙いやカウントに応じて投げる強さを変え、同じ球種でもスピードやや曲がり幅を変えるコントロール力があります。

中学時代は、中学校軟式野球大会で全国制覇に貢献。

星稜高校野球部では1年春からベンチ入りし、前回2018センバツで甲子園出場するとベスト8に貢献しました。夏の甲子園では、猛暑で脱水症状となり右足をつり4回で降板してチームも逆転負けして悔しい想いをしました。その後は苦手なスポーツドリンクをこまめに飲んだり食事にも気を遣うように成長しました。

2年生で唯一U-18日本代表に選ばれた逸材。

2年生でエースとして2018北信越大会で24年ぶりの優勝、明治神宮大会では準優勝するなど、7試合を防御率0.00という結果はまさに奥川無双でした。

現在防御率0.60を誇りますがそれでも「もっと球の質を高めたい」とさらに上を目指しています。

普通の少年野球や、公立の中学の部活を経てここまでの逸材になった奥川恭伸投手。凄いのは確実にステップアップして成長し続けているところです。

謙虚で研究熱心な努力家。大投手になる逸材で、ドラフトは間違いなく1巡目です。

■内山 壮真

名前:内山壮真(うちやま そうま)
出身中学:星稜中学
中学時代:軟式野球部
身長・体重:172cm72kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:内野手

圧倒的な迫力のバッティングは「一流」「モノが違う」と評判で、日本ハム中田翔選手を彷彿とさせます。

肩の強さは言うまでもなく、体のバランス、鋭い野球センスなどすべてが完璧。ボールを受けてから送球するまでの素早さと精度はピカイチ。

中学では、捕手として2年と3年で2度の全国制覇に貢献し、3年生のときU-15日本代表に選ばれアジア選手権の優勝にも貢献するなど、すでに大活躍。

星稜高校に入学すると1年春からすぐベンチ入りし、上級生を差し置いてショートのレギュラーを獲得し、2018夏の甲子園で3番で活躍。

走攻守3拍子が高次元レベルで揃った内山壮真選手。この先が楽しみな逸材。

再来年ドラフト1位間違いなしでしょう。

■【センバツ2019】星稜高校野球部の監督


星稜高校野球部の監督は、ゴジラの戦友です。

名前:林 和成
出身地:石川県
生年月日:1975年7月23日
年齢:現在43才
高校:星稜高校(遊撃手)
大学:日本大学

星稜高校2年生の夏に甲子園に遊撃手として出場し、3年の先輩・ゴジラ松井秀喜選手と三遊間を組んで活躍。伝説の「松井の5敬遠」を経験したひとりです。

日本大学4年生のとき、星稜高校からコーチに誘われたときは、家業を継ぐか迷い松井秀喜選手に相談したほどの戦友。

そして母校のコーチに就任して部長へ。しかし野球部には練習で100%力を出し切らせてしまい、結果を求めすぎたことが逆効果となり10年間は結果が出ませんでした。

2011年に監督に就任。現在は余力を残して練習を終わらせ、選手の好きなように練習させた方が効果的だと気付いたことで、選手からの信頼も厚いです。

名門・星稜高校野球部を育てたのは、甲子園で22勝を挙げた名将・山下智茂監督。林監督も山下監督の教え子であり『耐えて勝つ』のモットーが指導の根本にあります。

■【センバツ2019】星稜高校のプロフィール(画像)


■住所:〒920-0811石川県金沢市小坂町南206
■創立:1962年(昭和37年)

石川県金沢市にある中高一貫の私立高校で、生徒数1400人のマンモス校であり、昭和37年から続く伝統ある学校。

スポーツはサッカーと野球が有名で、有名人OBはサッカー日本代表の本田圭佑選手と、ゴジラ松井秀喜選手。

スポーツが盛んなだけでなく偏差値が、Aコース67・Bコース57のの進学校でもあります。

 



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP