【四大陸選手権2017】女子出場選手一覧と注目選手!放送日程と女子SP滑走順をチェック!

「四大陸フィギュアスケート選手権2017」の女子ショートプログラムが、2月16日にフジテレビで生放送されます。

開催地である韓国「江陵アイスアリーナ」は、実は平昌五輪の会場でもあるのです。
なので平昌五輪をイメージして見ると楽しめそうです。

全日本選手権で3連覇した宮原知子が欠場したのは残念ですが、その分他の若い女性選手たちの活躍に注目が集まります。
出場選手女子と注目選手、そして女子ショートプログラム滑走順を紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■「四大陸フィギュアスケート選手権2017」女子出場選手


■女子出場選手一覧
・日本:樋口新葉
・日本:三原舞依
・日本:本郷理華
・カナダ:ケイトリン・オズモンド
・カナダ:ガブリエル・デールマン
・カナダ:アレイン・チャートランド
・アメリカ:マライア・ベル
・アメリカ:カレン・チェン
・アメリカ:長洲未来
・オーストラリア:カイラニ・クレイン
・オーストラリア:ブルックリー・ハン
・中国:シァンニン・リー
・中国:ジジュン・リー
・中国:ツーチュワン・チャオ
・台湾:エイミー・リン
・香港:メイジー・フェイ・チン・マ
・カザフスタン:エリザヴェート・トゥルシンバエワ
・韓国:チェ・ダビン
・韓国:キム・ナヒョン
・韓国:ソン・ソヒョン
・シンガポール:クロエ・イング
・シンガポール:シューラン・ユー
・南アフリカ共和国:ミケラ・デュ・トイ

■欠場
・日本:宮原知子
欠場した宮原知子は昨シーズンの四大陸選手権で、自己ベストを塗り替えての初優勝を果たしています。
全日本選手権でも3連覇の偉業を成し遂げていますが、左股関節の疲労骨折により欠場。全治4週間だと診断されています。
実は2016年GPファイナル以前から痛みを我慢して大会出場していたそうです。
欠場は悔しいでしょうが、平昌五輪出場のため世界選手権で表彰台にたつためにも治療優先です。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■「四大陸フィギュアスケート選手権2017」注目の女子は?


「四大陸フィギュアスケート選手権2017」には欧州勢が参加しません。
必然的には、日本と北米の選手たちによる表彰台争いとなります。

日本女子は、16才の樋口新葉・難病を乗り越え復帰した三原舞依。
樋口新葉は全日本2位
三原舞依は全日本3位
若い2人は四大陸選手権に初出場。
そして宮原知子が欠場したことで急きょ出場決定した本郷理華という、合計3人で大会に臨みます。

16才の樋口新葉は、痛み止めを使って右足の甲の痛みに耐えながら全日本に出場し、四大陸選手権・世界選手権への切符を掴みました。
1年間で急成長したと評判で、優勝候補の1人でもあります。
ちなみにバンクーバー五輪で演技を見て以来キム・ヨナのファン。

対する北米勢は、カナダのケイトリン・オズモンドとガブリエル・デールマンに注目です。
ケイトリン・オズモンドはGP2大会で連続2位、GPファイナル4位の実力者。
カナダ選手権で優勝し代表入りしました。

また、アメリカの17才カレン・チェンも注目選手です。
新全米女王は、勢いに乗ってきたらどう化けるかわかりません。

■「四大陸フィギュアスケート選手権2017」テレビ放送日程と滑走順


2月16日(木)20:00~21:54フジテレビ
 女子ショートプログラム【生中継】
2月17日(金)19:57~22:09フジテレビ
 男子ショートプログラム【生中継】
2月18日(土)21:00~23:00フジテレビ
 女子フリー
2月19日(日)19:00~20:54フジテレビ
 男子フリー

■2月16日(木)2女子シングル ショートプログラム滑走順
●18:30~18:37
1 台湾:エイミー・リン
2 シンガポール:シューラン・ユー
3 香港:メイジー・フェイ・チン・マ
4 オーストラリア:カイラニ・クレイン
5 オーストラリア:ブルックリー・ハン
●19:10~19:17
6 中国:シァンニン・リー
7 中国:ツーチュワン・チャオ
8 韓国:ソン・ソヒョン
9 日本:三原舞依
10 南アフリカ共和国:ミケラ・デュ・トイ
11 シンガポール:クロエ・イング
●20:11~20:18
12 日本:樋口新葉
13 アメリカ:マライア・ベル
14 韓国:チェ・ダビン
15 韓国:キム・ナヒョン
16 中国:ジジュン・リー
17 カナダ:アレイン・チャートランド
●20:58~21:05
18 日本:本郷理華
19 アメリカ:カレン・チェン
20 アメリカ:長洲未来
21 カナダ:ケイトリン・オズモンド
22 カナダ:ガブリエル・デールマン
23 カザフスタン:エリザヴェート・トゥルシンバエワ

■最後に


宮原知子の欠場は残念ですが
樋口新葉・三原舞依・本郷理華、未来を担う若い選手たちの活躍に注目です。

■ネットの反応



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP