【2017年春の選抜21世紀枠】中村高校野球部メンバーと出身中学。注目選手と監督は?「山沖投手の再来なるか」

選抜高校野球2017年「春の甲子園」は、3月19日(日)から休養日を含む12日間の日程で開催となります。
▶日程

21世紀枠・中村高校野球部の初戦は、大会2日目の3月20日(月)第3試合14:00~、群馬の前橋育英高校と対戦します。

2017年もアツい選抜高校野球「春の甲子園」、中村高校野球部のメンバー一覧と出身中学、注目選手(写真画像)・監督を紹介します。

40年前は山沖投手を中心に準優勝・・・今回21世紀枠に選考された理由にも迫ります。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■中村高校(高知)

甲子園はなんと40年前の春から以来2度目
今回21世紀枠で選抜出場を果たしました

40年前の1977年センバツ初出場
部員数わずか12人でエース山沖之彦投手を中心に活躍し準優勝。12人=「二十四の瞳」だと話題に。地元のパレードには3万人が訪れたとか。その後、山沖投手はドラフト1位で阪急に入団しました。

2016秋の高知大会では、甲子園の名門で優勝経験もある明徳義塾を2-0で破り優勝。ただ、四国大会では初戦敗退でした。

中高一貫の県立進学校です。
1900年(明治33年)に高知県立第二中学校分校として創立。
30年に野球部が創部。現在の部員数は16名。

他のスポーツ部と共有するグラウンドが全面使用できるのは火曜・木曜・週末だけ。その日は昼休みにグランド整備やマシンをセットして、練習に備えています。

さらに19:30完全下校と決まっているので、選手たちは自宅で1日1000スイングするそうです。練習試合に行くと移動に2時間以上かかるので、車中では対戦相手の映像を見たり反省会をするんだとか。

OBには、元中日投手の美口博氏・元阪急投手の山沖之彦氏・思想家の幸徳秋水氏・漫画家の安倍夜郎氏。

■21世紀枠に選ばれた理由は?

・文武両道で地域に密着した学校
・地域からは高知市に進学する中学生も多い中、必死に取り組んでいる
などが理由です。

動画

■選抜高校野球【春の甲子園2017】中村高校野球部のメンバーと出身中学


監督:横山真哉(54才)
部長:山本泰道(34才)

■野球部メンバー一覧
ポジション・名前・学年・出身中学

01投手  北原 野空 3年
(高知■高知県立中村中)中学軟式
02捕手  中野 聖大 3年
(高知■四万十市中村中)中学軟式
03一塁手 武田 晴仁 3年
(高知■高知県立中村中)中学軟式
04二塁手 下村 悠斗 3年
(高知■高知県立中村中)中学軟式
05三塁手 一円 優太 3年
(高知■四万十市八束中)中学軟式
06遊撃手 大崎 凛  2年
(高知■高知県立中村中)中学軟式
07左翼手 伊与田 遥輝2年
(高知■高知県立中村中)中学軟式
08中堅手 岡上 颯  3年
(高知■四万十市中村中)中学軟式
09右翼手 岡本 諒  2年
(高知■四万十市中村西中)中学軟式
10    山本 泰生 3年 ※キャプテン
(高知■四万十市中村中)中学軟式
11投手  泥谷 和希 3年
(高知■高知県立中村中)中学軟式
12    芝藤 圭祐 3年
(高知■四万十市西土佐中)中学軟式
13    土居 祐太 2年
(高知■四万十町窪川中)中学軟式
14    岡村 奎翔 3年
(高知■四万十市西土佐中)中学軟式
15    吉村 颯志朗2年
(高知■高知県立中村中)中学軟式
16    東 俊介  2年
(高知■高知県立中村中)中学軟式

野球部メンバーは16名ですが全員、出身中学が高知。しかも近いエリアで中学が同じ選手も多いのでチームワークは良さそうです。

 

[スポンサードリンク]

 
 

■選抜高校野球【春の甲子園2017】中村高校野球部の注目選手など


■秋季高知県大会の結果

1回戦 :中村 2-0 安芸
2回戦 :中村 6-5 高知
準々決勝:中村 4-1 高知東
準決勝 :中村 5-1 土佐
決勝  :中村 2-0 明徳義塾

■秋季四国地区大会の結果

準々決勝 英明 7-5 中村

■注目選手(写真画像)

注目はエース北原野空(のあ)投手
中野聖大捕手とのバッテリーを中心に、チームは守りの野球で地元の声援に応えます。

北原野空投手は168cm71kg右投げ右打ち
最速137kmの伸びのあるストレートと、スライダー・チェンジアップ・フォークなど多彩な変化球を低めに集めます。

球速90km前後の自称「ドロップカーブ」をマスターし、頭脳的なピッチングで四国大会決勝では、明徳義塾打線を7安打完封しました。

少し変わった名前「野空(のあ)」には、「大地や空のように大きく自由に育ってほしい」という両親の願いが。

しかし父親は北原投手が中学1年生の時に病死。経営する飲食店の仕事で忙しいなかキャッチボールをしてくれたそうです。叱ると褒めるをする理想のお父さんでした。甲子園の空から見守る父に、投げる姿を見せます。

40年前に初出場したセンバツで、部員数12人で準優勝を果たしたエース山沖之彦投手の再来となるか?注目です。

■監督

横山真哉監督は高知県生まれの54才。
中村高校は母校で、高校時代は内野手でした。

明治大学に進学し、卒業後は中村高校に赴任。コーチ・監督を歴任しました。

1994年からは高知南高校・宿毛高校・高知工業など高知県内の学校で監督を歴任。

2015年に中村高校に戻り、夏から監督に就任。それから2年後の現在、21世紀枠で40年ぶりの甲子園出場を果たしました。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP