村田諒太に勝ち目はある!アッサンエンダム戦の予想とオッズがやばい「次戦は超ビッグマッチに期待」

ボクシング村田諒太選手(31才)が世界初挑戦する「WBA世界ミドル級王座決定戦」が5月20日(土)に有明コロシアムで開催され、フジテレビで生中継されます。放送時間は19:00~20:54。

村田諒太選手の対戦相手は元世界王者アッサンエンダム選手(33才)ですが、果たして勝ち目はあるのでしょうか?

元ボクサーら専門家による予想では村田諒太選手に勝ち目があるといわれています。また、海外でもオッズがつけられ、村田諒太選手に勝ち目があるオッズとなっています。

村田諒太選手はロンドン五輪金メダリストであり、これまで五輪ミドル級金メダリストがプロの試合で世界王者になったことは一度もありません。世界初挑戦に勝利すれば、歴史的勝利!世界初の快挙!
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■村田諒太 世界初挑戦!フジテレビで生中継!


■名称:マイナビスペシャル村田諒太 世界初挑戦
WBA世界ミドル級2位
村田諒太(31才 帝拳)
vs
WBA世界ミドル級王者決定戦 暫定王者
アッサンエンダム(33才 フランス)

■入場曲:映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の入場曲

■テレビ放送:フジテレビ
■放送時間:5月20日(土)19:00~20:54

ボクシングが五輪で採用された1904セントルイス五輪から113年。この間25名のミドル級金メダリストが誕生していますが、同級でプロ世界王者になった選手は1人もいません。

村田諒太選手がアッサンエンダム選手に勝利して世界王者となれば、日本初はもちろん、世界初の歴史的快挙となります。

■↓ポスター画像

■村田諒太vsアッサンエンダム 予想


「村田諒太vsアッサンエンダム」世界初挑戦の試合は、元プロボクサーら専門家が結果予想をしています。

■石田順裕の予想

石田順裕氏(41才)
:元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者
:寝屋川石田ボクシングクラブ会長

村田諒太選手が中盤以降にKOで勝つと予想

アッサンエンダムはスタイルは
・スピードと足を活かした12R続く軽快なフットワーク
・多彩な左右で相手を圧倒して、リズムを作りながらチャンスを伺う
・少しオーバー気味に打つ角度が独特な右パンチ
といった上手いボクシングをするタイプ。
右パンチが特徴的ですが、村田諒太選手はガードが固いので防御できると予想。

しかしアッサンエンダムは打たれ強くはないので、村田諒太選手がプレッシャーで圧倒して、右で2~3度ダウンを奪い、KOするとの予想です。

■日刊スポーツの予想

大橋秀行氏(52才)
:元WBC、WBA世界ミニマム級
川島郭志氏(47才)
:元WBC世界スーパーフライ級

勝ち目はあると予想

村田諒太選手はもともとパワーがる、アマチュア時代から上手かった。総合的、全体的にレベルアップしている。
ジャブをもらい続けるとペースを握られるが、アッサンエンダムは打たれ強くはないから、ガードの上からでもパンチを打って疲れさせるとよいと予想。

■アッサンエンダムは打たれ弱い!

アッサンエンダムはスピードがありかつ柔軟で、あそこまで動く選手はいないと思えるほど。37戦経験しているだけあって上手いボクサー。

弱点は、打たれ弱いこと。アゴが弱いです。しかしダウンしてもすぐ追い上げるゾンビのような回復力がありので侮れません。

怖いのは大振りの右フック。大振りなので見えづらいかもしれない。しかし勇気を持ってカウンターを合わせると当たります。

基本的なパンチ力もある。暫定王座に就いた試合では、22秒で右クロス1発で相手を失神KOさせました。ミドル級はパンチ力があります。

■アッサンエンダムの戦績

アッサンエンダム選手の戦績は
37戦 35勝 21KO 2敗
という輝かしいキャリア。

2敗していますがどちらもビッグファイト
2012年WBOタイトル戦で、ピーター・クィリンに6度ダウンを奪われ、判定負け
2015年IBF王座決定戦で、デビッド・レミューに4度ダウンを奪われるも最後まで粘り判定負け
という内容です。

村田諒太選手に対して「自分には村田にない経験がある。私は世界でもっとも優れたボクサーだ。勝つのは俺だ」とコメントしています。

村田諒太選手もアッサンエンダム選手をリスペクトしていて、ずっとテレビでも見ていたそうです。

村田諒太vsアッサンエンダム戦で不安なのは、アッサンエンダム選手クラスの、スピード・テクニック・パンチ力、どれかを持ったボクサーとは一度も試合をしていないこと。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■村田諒太vsアッサンエンダム オッズ


日本人五輪メダリストが世界初挑戦という大一番であるだけなく、重量級の試合でもあるので海外からの注目も集めています。
日本で開催される世界戦にもかかわらず、海外ブックメーカーは村田諒太選手に勝ち目があると予想しています。

イギリス「Bet365」は村田諒太選手勝利に1.36倍、アッサンエンダム選手勝利に3.0倍
アイルランド「パディパワー」は1.44倍、2.75倍
オーストラリア「スポーツベット」は1.45倍、2.96倍
というようにオッズは軒並みプロ12戦の村田諒太選手に勝ち目があると予想しています。

勝敗予想に容赦ないはずのブックメーカーが村田諒太選手に勝ち目があると予想しているわけです。

■村田諒太vsアッサンエンダム 村田諒太に勝ち目がありそう


元ボクサーら専門家の予想も、海外のオッズも、元世界王者のアッサンエンダムよりも、プロ12戦の村田諒太選手に勝ち目があると予想していますね。

村田諒太選手に勝ち目あり!と見てよいでしょうね。

村田諒太選手は「最終的にはどつき合いですよ。ジャブが当たるか、とかではなく。シンプルにいきます」と意気ごみを語っています。最大の長所はこの強い気持ち!「黄金の拳」で勝利に期待です。

■村田諒太 次戦はvsゴロフキンの可能性大!


帝拳ジムの本田明彦会長(69才)によると、2017年内にもう1試合行い、その後はフリーで海外進出を考えているようです。そうなと、vsゴロフキンの可能性が出てきます。
今回の勝者=王者は、9月のゴロフキンvsアルバレス戦の勝者=WBAミドル級スーパー王者と対戦することになるからです。

2017年9月16日
WBAスーパー・WBC・IBF統一王者
ゲンナジー・ゴロフキン(35才 カザフスタン)
vs
WBAミドル級3位
サウル・アルバレス(26才 メキシコ)
この試合はファイトマネー総額なんと100億円超!
2015年5月パッキャオvsメイウェザー以来のメガファイトだと前評判です。

村田諒太選手が王者となったら、こういった超ビッグマッチも、もはや雲の上の世界でなく現実味を帯びてきます。すごいことですよね。

頂点にいるゴロフキンと対戦するとしたら、来年2018年5月頃だと予想されています。それはもう、全世界が注目する「世紀の一戦」となることでしょう。

村田諒太選手が成功してアメリカ進出を果たせば、後に続く日本人ボクサーがきっと出てきます。アメリカのボクシングはWOWOWで見る、日本とは別世界だと思われていますが、決してそうではく、何億・何十億円と稼げる夢のあるスポーツだと認知されるようになるといいですよね。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP