【キャリア】ドラマ最終回ネタバレ。結末は「金志郎と南課長が協力して事件解決」と予想

玉木宏さん主演フジテレビドラマ「キャリア」のキャスト・あらすじと最終回ネタバレ、結末に迫ります。

ドラマ「キャリア」は原作のないオリジナル脚本です。
なので、どんな結末になるかネタバレ予想してみます。

キャスト・あらすじ紹介と、最終回結末ネタバレ予想をするので、ドラマ「キャリア」を見る時間がなかったり、見るほど興味はないけどあらすじや、最終回の結末ネタバレは知っておきたいという人は参考になると思います。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■玉木宏主演フジテレビドラマ「キャリア」キャスト


■所轄「北町署」

■キャリア

・署長:遠山金志郎(玉木宏)
 警視庁人事部出身のエリート。
 念願なかって現場に配属された。
 街の異変に敏感で、人々に気さくに声をかける。
 「犯罪の起こらない街」を目指す。
・副署長:半田順二(柳沢慎吾)
 権力や凄みに弱い八方美人。
 金志郎を殿様のように仕える。
 噂話が大好きで口が軽い。

・新人女性刑事:相川実里(瀧本美織)
 ノンキャリア。
 ミスばかりで焦っていた頃、金志郎の面倒を見る係に命じられる。
 真面目で頭が堅い。
・制服警官:青木忍(松本岳)
 キャリアなのに気さくな金志郎を尊敬する。

■刑事課(ノンキャリア)

キャリアである署長・金志郎に反発
・刑事課係長:南洋三(髙嶋政宏)
 刑事課のボス。高卒の叩き上げで現場主義。
 昔キャリアによる指示ミスが原因で、尊敬するノンキャリ刑事が殉職した。
 なのでキャリアに対する反発心が特に強い。
・水口逐郎(平山祐介)
 刑事課のNO.2。カッとなりやすい体育会系。
 独身で、ぽっちゃちな女性が好み。
・花岡市太郎(勝矢)
 体育会系だが冷静で頭がいい。
 健康を気遣う既婚者。
・若手:松本秀樹(白洲迅)
 実里の1コ年下だが刑事課では先輩。
 上昇志向が強く優秀で認められている。
・ベテラン:元山照夫(半海一晃)
 事件や犯人のパターンを熟知。
 警察の縦社会に反発せず受け入れている。

■警視庁
・キャリア:警視監:長下部晋介(近藤正臣)
 金志郎とは旧知の仲で、陰ながら応援。
 たまに北町署に来て金志郎に甘いお菓子を差し入れ。
■ヨガの先生
・加納理香(知花くらら)
 金志郎が就任早々のバスジャック事件で出会った。
 捜査協力もしてくれる良き市民。
■南の家族
・妻:南みどり(田中美佐子)
 元気な下町育ちの女性。
 仕事ではハードボイルドな旦那を、手のひらで転がす。
 ヨガ教室で金志郎と仲良くなる。
・娘:南めぐみ(駒井蓮)
 高校生。金志郎びいき。

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■フジテレビ玉木宏主演ドラマ「キャリア」初回あらすじ


北町署に新たなキャリア署長が就任する日、署員は歓迎式の準備もあって浮ついていた。

同じころ、市民の乗ったバスが男にジャックされる。しかし、男の持ち物から事前に犯行を察知していた遠山金志郎(玉木宏)は犯人を説得し、バスごと北町署に横づけさせて見事に事件を解決してしまう。
彼こそが、北町署の新署長だった――。

キャリアらしくない金志郎は、叩き上げの刑事・南洋三(髙嶋政宏)や、新人刑事の相川実里(瀧本美織)副署長の半田順二(柳沢慎吾)らに気軽に接する。
キャリアらしからぬ金志郎の振る舞いに戸惑う刑事たち。
昔の事件がきっかけでキャリアに対して反発心を抱くようになった南は、金志郎が気に入らない。

そのころ南たちは、指名手配中の連続強盗殺人犯・谷口を追っていた。
谷口は現金1億円を持って逃走していた。
刑事課にふらっとやってきた金志郎は、被害通報件数No.1の落書きを捜査すべきだと提案する。
落書きを取り締まって治安が回復したという海外の例を持ち出し、ついには刑事の勘で「落書きと手配犯が繋がる」と言い出す。
南は、現場への口出しは無用、と言って取り合わない。

制服を脱ぎ捨て普段着で街に出た金志郎は、勝手に落書きの捜査を始める。といっても、単なる落書き消し。
手配犯の捜査から外され、金志郎の案内係を命じられた実里は不満を隠せない。
そんな中、街中の落書きにあるメッセージが隠されていることがわかり…。
引用:http://www.fujitv.co.jp/career/story/index.html

■フジテレビ玉木宏主演ドラマ「キャリア」最終回ネタバレ 結末は?


ドラマ「キャリア」には原作がないので、最終回がどんな結末になるのかネタバレ予想してみます。

■最終回のネタバレ・結末予想

ドラマ「キャリア」で描かれるのは、
・署長の遠山金志郎が事件を解決する活躍
・新人女性刑事の相川実里の成長
・南刑事たちのキャリアへの反発
この3点だと思われます。
結末は王道的なハッピーエンドになると予想します。

■署長の遠山金志郎が事件を解決する活躍
刑事にも街の人々にも分け隔てなく、気さくに話しかける金志郎は、実は鋭い観察眼と強い意志の持ち主。
街の異変に敏感な彼は、犯行を事前に察知することができます。
当初は刑事たちも、金志郎の言うことに耳を貸さないでしょうが、結果が出るたびに無視できなくなります。
犯人の説得にも長けているので、力ずくの逮捕でなく、自ら出頭させることもできます。

■新人女性刑事の相川実里の成長
ミスばかりで1人前として見られず雑用係なっていた実里。
金志郎の面倒を見るとなったときは嫌々でしたが、行動を共にするうちに色眼鏡で見ていたことに気づくし、金志郎のおかげで事件に解決に貢献できます。
いい結果が続けば周囲も美里を認めざるを得ません。
また、美里は真面目で頭でっかちでしたが、金志郎の影響で柔軟になっていき、刑事としての事件解決能力も成長していき、1人前になると予想。

■南刑事たちのキャリアへの反発
刑事たちの中で特に南刑事は、過去に同僚が殉職したせいでキャリアに反発していますが、金志郎が事件解決に導いていくのを目の当たりするうちに、見方が変わっていくでしょう。

昔キャリアによる指示ミスが原因で、尊敬するノンキャリ刑事が殉職しました。
ドラマ後半では同じような、金志郎の言うことを信じるかどうするかという場面があるのでは?
そこで南刑事は、同僚の命をかけて金志郎を信じる決断をする。誰も傷つくことなく無事、犯人は逮捕され、南刑事と金志郎の信頼関係が出来上がると予想します。

最終回では大きな事件が起きて、金志郎・実里・南刑事たちが協力して事件を解決するハッピーエンドになるでしょう。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP