日産エクストレイル・ハイブリッドの燃費「ミドルSUVトップクラスの燃費」

日産の人気本格派SUV、エクストレイルハイブリッドの燃費について紹介します。

エクストレイルの魅力は、スタイリッシュなのにオフロードなど悪路の走破性を備えていることですね。

ハイブリッドは、さらに燃費の性能もアップして、モーター駆動もよるしなやかさも手にいれています。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 日産エクストレイルとは


日産エクストレイルは、スタイリッシュなデザインながらもオフロード走行を楽しめるSUVです。

■日産エクストレイルの社名の由来

エクストレイル(X-TRAIL)は
過激なスポーツを意味する「X Sports」の「X」
オフロードを意味します「TRAIL」
を合体させて造語です。意味も言葉の響きもかっこいい車名ですよね。

■日産エクストレイルの軌跡

・コンセプトカーが2000年のパロサロンに登場
・初代モデルが2000年11月から発売開始
・2代目フルモデルチェンジ(2007年)
・ディーゼルエンジン搭載「20GT」を2008年に発売
・3代目フルモデルチェンジ(2013年)
・ハイブリッドモデルが2015年5月から発売

■日産エクストレイル・ハイブリッド

日産エクストレイル・ハイブリッドは、モーターだけで走り始めます。
タイヤが2~3回転したあとで、気付かないうちにエンジン始動になります。

アクセルを戻すと基本的にエンジンは停止し、徐行の場合はモーター走行となります。
信号待ちが多い街中では、ディーゼル車よりもドライバビリティ・快適性・燃費において上回ります。
ただ、高速走行だったらディーゼルのほうが燃費は優位です。

ハイブリッドシステムは、1モーター・2クラッチの「インテリジェント・デュアル・クラッチ・コントロール」です。CVT(連続可変トランスミッション)の中に組み込まれています。

また、コンパクトで高性能な「リチウムイオンバッテリー」をラゲッジスペース床下に配置しています。ニッケル水素バッテリーの2倍の密度をもち、短時間での充放電が可能です。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 日産エクストレイル・ハイブリッドの燃費


日産エクストレイル・ハイブリッドの燃費は、
JC08モードカタログ数値だと
・FF車(2WD)で「20.6km/L」
・4WDで「20.0km/L」
です。
ミドルSUVの車種ではトップクラスの燃費です。

ちなみに、日産エクストレイル・ハイブリッドの価格は、FFで280万4760円です。
ガソリン車より40万円高いですが、エコカー減税は免税になります。
なので、燃費と下取りまで、長いスパンで考えればガソリン車よりやすく済むという見方もできます。

実際のハイブリッドの燃費は
街乗りで12~13km/L、高速だと15~16km/Lです。
ガソリン車の場合は、
街乗りが8~9km/Lで、高速だと12~13km/Lです。


 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP