【ハロー張りネズミ】謎ネタバレ「グレの過去と蘭子の正体が衝撃的すぎた」

探偵ドラマ「ハロー張りネズミ」のキャストとあらすじ、原作漫画を読んで「グレ(森田剛)の暗い過去」「蘭子(深田恭子)の正体」といった謎をネタバレします。

「ハロー張りネズミ」の原作は、島耕作シリーズ作者・弘兼憲史さんによる漫画。人情もの・殺人ミステリー・企業もの・超常現象・ホラー・国際犯罪・歴史ミステリーなどジャンルレルで大人気を博した不朽の名作漫画が探偵ドラマ化!

キャスト・あらすじと、原作漫画を読んで「グレの暗い過去」「蘭子の正体」をネタバレするので、ドラマ「ハロー張りネズミ」を見れなかったひとや、テレビで見るほど興味はないけど内容は知っておきたい人は参考になればと思います。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ドラマ「ハロー張りネズミ」キャスト


■「あかつか探偵事務所」

東京都の板橋区、下赤塚にひっそり佇む
● ハリネズミ:七瀬五郎(瑛太)
 バカでHだが人情に厚く、ケンカも強くてムードメーカー。
 事件の嗅覚と行動力は飛びぬけてる。
● 元ギャンブラーのグレ:小暮久作(森田剛)
 洞察力が鋭い。暗い過去をあるが普段は明るくてノリが良い。
 実は涙もろくて依頼者の身の上話を聞いて号泣したり。
● 人望のある所長:風かほる(山口智子)
 昼間から酒を飲む豪快な5時から女。
 未だに独身だが過去は謎。

■ミステリアスな美女

● 四俵蘭子(深田恭子)
ある事件がきっかけで五郎と出会うが正体はなんと・・

■事務所の下にあるスナック「輝(キララ)

● マスター(ロッチ中岡創一)
 いつも無気力な年齢不詳の中年独身男。
 プライベートは謎。
● バイトの看板娘:萌美(片山萌美)
 いつも露出の多い格好でナイスバディーを強調している。

■ほか

● 霊媒師:河合節子(蒼井優)
 優れた霊能力を持つ美人霊媒師。
 素性や生い立ちは謎。
● 「サンライズ出版」南社長(リリー・フランキー)
 おんぼろ出版社「サンライズ出版」を経営し、普段はグータラ。
 不良ジャーナリストである一方、大企業のトラブルや揉め事を処理する裏の顔を持つ。
● 「川田運送」社長:川田(伊藤淳史)
● 「サンダー貿易」元秘書課長:仲井(吹越満)
● 県議会議員候補:伊佐川良二(ムロツヨシ)
● 中華料理店の調理人:栗田精二(國村隼)

■ドラマ「ハロー張りネズミ」あらすじと予告動画


東京都の板橋区、下赤塚にひっそりと佇む「あかつか探偵事務所」。
お気楽所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」にて、今日ものん気にバイトの萌美にちょっかいを出す日々。

そんな時、天井からドンドンと音が響く。
さらに三回ドンドンドンと響き、それが所長の風かほる(山口智子)からの依頼の合図だと気付いた五郎とグレは、急ぎ事務所へ戻った。
昼間から酎ハイをあおるかほるに悪態をつかれながら迎えられ、二人は事務所に尋ねてきた依頼主と対面。
川田という男の依頼は、なんと、一ヶ月前に亡くした娘を探してほしいというものだった。その話を聞いた五郎とグレは……。
引用:http://www.tbs.co.jp/hello-harinezumi/
予告動画:

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ドラマ「ハロー張りネズミ」原作漫画読んでネタバレ「グレの暗い過去」「蘭子の正体」


ドラマ「ハロー張りネズミ」原作漫画を読んだので、「グレの暗い過去」「蘭子の正体」についてネタバレします。

■グレ小暮久作の暗い過去ネタバレ

ハリネズミは仕事でグレの生まれ故郷・広島へ行く。グレの父親は原爆で亡くなっていた。

しかしあるバーに入った瞬間、なんと昭和20年にタイムスリップしてしまう。
そこへグレの父親がビールの配達で現れ、ハリネズミは彼を追いかけようとするが、バーのママに一万円札を払うと通じず、人を呼ばれてボコボコにされ、気絶して気付くと翌朝だった。

目が覚めたハリネズミは今日が8月5日だと知り恐怖する。明日は原爆が落ちる8月6日だからだ。

ハリネズミはグレの実家を見つけ、母親と父親にタイムスリップしたことを話すが信じてもらえない。母親は妊娠していた。

しかし諦めずに説得したおかげで母親は信じてくれた。しかし翌朝、父親は仕事で爆心地へ行ってしまう。もう時間がないのでハリネズミは母親だけ自転車に乗せて逃がし、広島市内を抜け出す。

その時、原爆が落ちた。父親は死んだ。

直後、母親はつわりに襲われ、グレを出産した。

グレ誕生を見届けひと安心したハリネズミがトイレに行き、トイレを出ると現代のホテルにタイプスリップしていた。そしてグレに事情を話すが信じてもらず、ただ、母親はグレを生んだ2日後に死んだという。

■四俵蘭子の正体ネタバレ

ある日、誘拐事件の依頼人としてミステリアスな美女・尾津蓮子が現れる。
蓮子は、元彼氏から脅迫されていた。

事件解決後、ハリネズミと蓮子は恋に落ちて結ばれる。
しかし蓮子は、麻薬密売組織に拉致されてしまう。

ハリネズミは命がけで蓮子を救おうとするが、蓮子は死んでしまう。

蓮子のことが忘れらないハリネズミ。そこへ彼女の知人男性が現れ、蓮子は一卵性双生児であると知る。
ハリネズミは蓮子の双子の妹・蘭子を探して見つける。すると蘭子は蓮子とそっくりだった。

しかし蘭子は、双子の姉の存在を知らなかった。
ハリネズミは事実を伝えるべきか悩む。

蘭子は「サンダー貿易」の故・四俵前社長の養女だった。養女に出されたから、双子の姉がいることを知らなかったのだ。

蘭子の養父である四俵前社長は殺されていた。一緒にいた秘書課長の仲井を襲われたが間一髪逃げていた。そして仲井は頭がおかしくなったフリをして実家に逃げ帰った。

四俵前社長はが殺された理由は、背後に大物政府高官のいるワイロが原因だった。
ハリネズミと蘭子は、証拠の録音データを入手して陰謀を暴き、スクープ報道された。
しかし政府高官ら黒幕たちは、国会で追及されてもシラを切りとおし、事実を知る部下を自殺させてトカゲのシッポ切りをした。

一方、蘭子は妊娠が発覚する。

南は「サンダー貿易」の新社長藤本と、大物政府高官の蛭本を撃ち殺した。
実は、蛭本は南の父親だった。南の母親は蛭本の愛人だったが、蛭本は彼女を捨てたのだ。

その後、南は逮捕されたが、面会にきた蛭本の元部下に暗殺され、死んでしまう。

ショックを受けた蘭子は土手で足を滑らせ転んでしまい、妊娠中のお腹の子供を失ってしまう。
蘭子が妊娠した子供は、ハリネズミの子供ではなく、南の子供だったようだ。
蘭子は、ハリネズミが自分の元を去るのを恐れて、わざと流産したのかもしれなかった。

その後、蘭子は「あかつか探偵事務所」で電話番のバイトで働き、ハリネズミといつも一緒にいる。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP