halloween-193532_640

映画【闇金ウシジマくんファイナル】原作読んでネタバレ。結末は「鰐戸三兄弟と竹本に衝撃ラスト」

山田孝之さん主演の映画「闇金ウシジマくんファイナル」の原作漫画を読んだので、キャスト・あらすじ・や予告動画と合わせて、ネタバレ結末を紹介します。

映画「闇金ウシジマくんファイナル」は、眞鍋昌平さん作の漫画「闇金ウシジマくん」の「ヤミ金くん編」です。
中学の同級生・竹本の出現によって、現在と12年前がひとつに繋がっていきます。

原作漫画を読んで映画の結末ネタバレを紹介するので、映画「ウシジマくんファイナル」を見れなかったひとや、映画館で見るほど興味はないけど内容は知っておきたい人は参考になればと思います。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■映画「闇金ウシジマくんファイナル」キャスト


■カウカウファイナンス■

・アウトローの金融屋・丑嶋馨(山田孝之)
・右腕・No.2:柄崎(やべきょうすけ)
・元ホストのイケメン社員:高田(崎本大海)
・心優しい受付嬢・モネ(最上もが)

■丑嶋の盟友
・駄菓子好きの情報屋・戌亥(綾野剛)
■債務者
・美容界のカリスマ社長:今井万里子(真飛聖)

■ウシジマくんの同級生
・竹本優希(永山絢斗)

■ライノーローン■

・女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン)
・No.2:村井(マキタ・スポーツ)

■都陰法律事務所■

・ザックリな弁護士:都陰(八嶋智人)
 週払い金返還請求で稼ぎまくる
 丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士
・樫原あむ(新人ちゃん)(真野恵里菜)

■誠愛の家(ラブ・ハウス)■

■最凶最悪のライバル・鰐戸(がくと)三兄弟
・鰐戸一 (安藤政信)
・鰐戸二郎(YOUNG DAIS)
・鰐戸三蔵(間宮祥太郎)

■誠愛の家(ラブ・ハウス)の住人たち
・新入りの住人:竹本(永山絢斗)
 丑嶋の中学時代の同級生
・つくしの間の住人:甲本(太賀)
・つくしの間室長・債務者:榊原(モロ師岡)


・「レッド・ペガサス」の初美さん(イメージ)(湊莉久)
・財布を落とす女(あやめ)(天使もえ)

■債務者
・シロップを吹き上げる男(岩井ジョニ男(イワイガワ))
・5万円を借りに来た冒頭の男(六角精児)

■12年前■

■最凶最悪のライバル・鰐戸(がくと)三兄弟
・鰐戸一 (池本啓太)
・鰐戸二郎(楡木直也)
・鰐戸三蔵(三池友弥)


・2年C組の転校生:丑嶋馨(狩野見恭兵)
・ウシジマの幼馴染:戌亥(相澤侑我)
・2年C組のNo.1:柄崎(江口祐貴)
・2年C組の優等生:竹本優希(朝陽)

■悶主陀亜連合
・孤独な少女:犀原茜(玉城ティナ)

■映画「闇金ウシジマくんファイナル」あらすじ


トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)

「カオルちゃん、あのウサギは元気?」

竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。

丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)心優しい受付嬢・モネ(最上もが)
最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太朗)に加え、
女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、
そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。

丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。
12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か? 絶望か、希望か?

引用:http://ymkn-ushijima-movie.com/movie_final/index_pc.html

■映画「闇金ウシジマくんファイナル」原作漫画読んでネタバレ 結末は?


映画「闇金ウシジマくんファイナル」の原作漫画「ヤミ金くん編」を読んだので、ネタバレ結末を紹介します。


竹本優希はホームレス生活をしていた。
「カオルちゃんいる?」
ある日、竹本はカウカウファイナンスを訪ねた。
竹本はウシジマくんの中学の同級生で当時は優等生だった。
「カオルちゃん、あのウサギは元気?」
5万円貸してほしいという。
ウシジマくんは、竹本が住所不定で無職だから連帯保証人を連れてこいと断った。

鰐戸二郎はホームレスの甲本に声をかけていた。
敷金礼金は保証人不要の1日900円で泊まれる「誠愛の家」
連れてきたところで、前金で家賃2か月分、900円×60日で54000円が必要と言い出し、金貸しを紹介する。
金貸しは、10万円を月3割で貸し、仕事も紹介する

甲本が入ると、部屋には、竹本と榊原室長がいた。
中は汚く、布団は有料で、食べ物はぼったぐり。近所にコンビニはない。
仕事は、厳しい肉体労働だが日給2000円にしかならない。
甲本は逃げだしたくなった。
しかし逃げると足首から下を切断されるのだ。黒田がそうだ。

■中学時代
中2の冬 ウシジマくんは柄崎のいる中学に転校してきた。
柄崎は反抗的なウシジマくんをクラス全員でリンチした。
首謀者は柄崎と加納。
ただ竹本だけはリンチに参加しなかった。

ウシジマくんは退院したあと、1人ずつ倒していった。
加納も柄崎もあっという間に倒す。
一方、竹本はリンチに参加しなかっため、やられた。
そして竹本は小学校のうさぎの面倒をみている。

クラスの連中が束になってウシジマくんの前に現れた。
全員バットを持っている。
ところが柄崎が土下座した。加納が鰐戸先輩に拉致されたので助けてほしいという。
加納が鰐戸先輩に呼び出されていた日、ウシジマくんが加納を倒したので、加納は先輩のもとに行けずバックレたことになってしまったのだ。
柄崎はウシジマくんに、先輩に事情を話すだけでいいと頼んだが、ウシジマくんは鰐戸先輩と喧嘩することを条件に引き受ける。

■鰐戸3兄弟
鰐戸3兄弟は非常に危険な存在なので、戌亥はウシジマくんに忠告する。
ウシジマくんと柄崎は、鰐戸3兄弟のもとへ行く前に、ウシジマくんの家へ寄る。
ウシジマくんに母親はいないが、父親はいた。
酒に溺れている父親に食事を作る。しかしウシジマくんは妾の子供だった。

鰐戸3兄弟の三蔵は柄崎に10万円を要求し、柄崎が断ると工具で殴った。
ウシジマくんは三蔵の頭をバットで殴った。
こうして柄崎は救われ、ウシジマくんは鑑別所行きとなった。
鰐戸3兄弟からの仕返しはなかった。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 
■「誠愛の家」
「誠愛の家」所長は、鰐戸三蔵だ。

甲本が冷蔵庫で黒田と書かれた生ハムを見つけた。
しかしそれは黒田の切断された足だった。

ある日、竹本は黒田の足を医者に診せて助けてあげてほしいと、鰐戸一と二郎に申し出た。
しかし医者に見せるには金がいる。
一は、黒田を助けたかったら他の金貸しから借りろと言い、甲本と一緒にいくよう指示を出す。
竹本と甲本は金を借りにカウカウファイナンスへ行き、5万円ずつ借りたが手数料など引かれ結局2万円ずつ。
この時一はウシジマくんの存在に気づく。

金が足りないので他の金貸しからも借りる。
さらに医療器具のゴミ拾いというアブナイ仕事もして稼ぐ。
そのあとは、リンゴ農園からリンゴを盗み、一が近所に高額で売りつける。
一は、今の生活から抜け出すべく、ウシジマくんから金を奪うことを目論んでいた。


甲本・竹本・榊原室長の今度の仕事は、出し子。
正体がバレないよう変装してATMから引き出す。

竹本は黒田を医者に診せたが、入院したほうがいいと言われる。
しかし黒田は入院を断る。それには理由があった。
ある日、黒田は小学生の女子を買ったが、その子が財布をいじったので殺してしまったのだ。
そしてパニックになった黒田は「誠愛の家」に逃げ込んだ。
もし入院すれば、警察にバレて逮捕されかねない。

竹本は台所やトイレを見違えるほどキレイに掃除した。
さらに「誠愛の家」の庭に生えている野菜を使っておでんを作る。


「誠愛の家」の数名が、酒と女に金を使い込んで家賃が払えなくなった。
鰐戸3兄弟の指示で、竹本と黒田は彼らをカウカウファイナンス借金させに行く。
竹本と黒田は借金を返済。
しかし竹本は連れてきた数名の借金の保証人になる。

今度の仕事は追跡調査。
ウシジマくんを3日間尾行するのだ。
借金の取り立ての様子などを記録していく「誠愛の家」住人たち。

カウカウファイナンスへの返済日。
しかし一の指示で返済はしない。
一方、ウシジマくんへ都陰弁護士から電話がいく。
取りたて時に殴られた被害者が訴えてるという内容だ。
債務者と一切の連絡を禁じられる。

警察も電話がかかってきた。
ウシジマくんは念のため会社を休みにし、顧客名簿と帳簿を持ち帰る。

ある日、柄崎が鰐戸一・二郎と道端でばったり会う。
柄崎は2人になめた態度をとり、一・二郎は怒る。
が、柄崎は12年前の画像をみせる。一と二郎がお互いの〇部を舐める画像だ。
鰐戸3兄弟はウシジマくんが三郎を倒したあと、メッキが剥がれて、イジメていた連中から仕返しをされたのだ。
そして三蔵は、悶主陀亜(モンスタア)連合の滑皮総長から唇を切られた。


三蔵は高校生にタバコをニセ大麻として売らせようとしていた。
その高校生の1人の兄、悶主陀亜の幹部・畑山は、三蔵に、高校生らにちょかい出すなと警告する。
しかし三蔵は畑山の目をカッターで切り、滑皮を呼べと叫ぶ。
そこへ一が、これからウシジマくんの自宅に行くと言い、滑皮は後回しにして、畑山を拉致する。

一方、「誠愛の家」では黒田をシンナーで自殺を図ったが、竹本が助けた。
竹本は一に、ウシジマくんに返済を約束したからカウカウファイナンスさせてくれと頼む。
その時、三蔵から拷問を受ける畑山の悲鳴を聞き、竹本は「やめろ!」と止めに入る。
一は、畑山を助けたいならウシジマくんを売れと要求するが、竹本は断る。
そして竹本は鰐戸3兄弟に、ウシジマくんを襲うなら分け前を寄越せと逆に要求し、ウシジマくんに金を返すと電話する。

■鰐戸強盗団
鰐戸強盗団は3班に分かれる。
1班は三蔵が班長で、ウシジマくんを拉致。
2班は榊原室長が班長で、ウシジマくんが通うスポーツジムへ。
3班は二郎が班長で、ウシジマくんがいない隙にカウカウファイナンスを襲う。
総指揮は一。
「誠愛の家」住人らは多額の報酬を約束される。

1班は、竹本の借金回収に向かう柄崎を襲い拉致する。
3班は、カウカウファイナンスを遅い、加納を拉致する。
一はウシジマくんに電話し、柄崎・加納に交換に2億円を要求する。
取引場所は12年前にウシジマくんが三蔵を倒した場所、時間は夜12時。
榊原・甲本・竹本は、畑山・柄崎・加納の3人を車に積むように指示を受ける。

甲本は人殺しに手伝いに拒否反応を示すが、榊原は報酬が目当てでやる気だ。
しかし竹本は、報酬がもらえない可能性と殺人を指摘し、人質救出を榊原・甲本に持ち掛ける。
榊原・甲本は断るが、竹本は大金を見せる。
ウシジマくんの金の隠し場所は、鰐戸強盗団で探しても見つからなかったが、竹本は見つけていたのだ。
事が片付いたら金を分けることを条件に、榊原・甲本は話に乗る。
人質は畑山を助け、代わりに黒田を車に乗せる。3人とも顔を布で隠しているのでバレない。
竹本は畑山を背負い、国道まで走って逃がした。畑山には警察への通報を頼む。


夜12時
ついに鰐戸3兄弟とウシジマくんが12年ぶりに再会。
ウシジマくんは2億円の入ったバッグを差し出す。
竹本が事前に盗んだため2億に足りないが、鰐戸3兄弟はそれでよしとする。
ウシジマくんは銃を構えるが、不意打ちをくらい一に銃を奪われる。
警察のサイレンが近づくなか、一が銃を撃つと、モデルガンだった。
ウシジマくんは殺されずに助かった。


鰐戸3兄弟はアジトで金を確認する。1億5000万あった。
金を盗んだことがバレた竹本。
コインロッカーに隠した場所を吐くよう、拷問されそうになるが、その時ウシジマくんがアジトを襲った。
ウシジマくん1人vs鰐戸3兄弟かと思ったが、外には悶主陀亜連合の大群が。
ウシジマくんは隙を見て逃げる。
悶主陀亜連合に対して、鰐戸3兄弟は人質の畑山を見せて脅すが、布をとると黒田だった。
悶主陀亜連合を引き連れてきたのは、畑山だった。
悶主陀亜連合の大群は、鰐戸3兄弟を襲う。

結局、鰐戸3兄弟はボコボコにされ、ハダカで拷問を受ける画像がばらまかれた。
鰐戸三蔵は自分で作った拷問椅子に座らされた。


竹本は黒田を連れていこうとするが、黒田は断る。
仕方なく竹本は、金と携帯を置いて、甲本と出発する。
その直後、甲本は畑山に金を奪われてしまう。

ウシジマくんは道で竹本を見つけ、車に乗せる。
5000万円の在処を尋ねるウシジマくんに竹本は、5000万円で20人が救われるから融資してくれと頼む。
ウシジマくんは
「簡単に手にした金は簡単に使う。タメな奴は簡単には変わらない」
と言うが、竹本は「でもいつか変わる」と信じている。

その時、コインロッカーの鍵をもつ甲本が竹本に電話をかけてきた。
ウシジマくんは電話をとり、甲本に金を返せと要求する。
そして「誠愛の家」住人全員に合法で自給の高い仕事を紹介すると約束する。
また、竹本を見捨てたら、すべての負担が竹本に行くとも。
竹本は合法で自給5万の清掃員をすることになるが、長く働くと廃人になるアブナイ仕事。
ウシジマくんもそうはしたくない。

甲本はウシジマくんを信用し、不忍池の弁天堂にいると話す。
が同時に竹本がコインロッカーは上野駅の13番だと告げる。
ウシジマくんの指示で高田は彼らを行先を追うが、ロッカーに到着した時には中は空っぽで金はなかった。甲本たちが奪ったあとだった。


竹本は全部の負担を背負い、1人で強制労働行きとなった。
竹本は12年前、クラスの中で唯一ウシジマくんのリンチを断った男。
鰐戸3兄弟と対決に行くときには、ウシジマくんのうざぎも預かってくれた。
うさぎは、ウシジマくんの母親の形見だったのだ。
だから、ウシジマくんは竹本にずっと感謝していた。

ウシジマくんは、竹本を地獄に送ってしまったことを後悔していない。
でも

ウシジマくんは車の中で1人泣いた。
  

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP