【2017年GWの混雑予想】ピークはいつだろう「高速道路や新幹線の混雑を避けるポイントは」

2017年のゴールデンウィーク(GW)、混雑予想やピークがいつなのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

GWはどこへ行っても混雑するとはわかっていても、混雑予想やピークを知っておいてできるだけ混雑を避けたいところです。
車で出かける人は高速道路の混雑予想が
公共交通機関を使う人は新幹線などの混雑予想を知っておきたいですね。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■2017年GW混雑予想 ピークはいつ? まずは概要


2017年のGWは平日が5月1日(月)と2日(火)だけ。
GW連休は3パターンとなります。

■パターン1は「2連休+5連休」
一般的にはこうなるはずです。2017年のGWはカレンダーの並びが当たりですね。
1日と2日に仕事に行くのは面倒ですが毎年のこと。
そのあとが5連休というかなり魅力的です。
■パターン2は「3連休+5連休」
5月1日はメーデー(労働者の国際的祝日)
日本では休みにする会社は少ないですが。
■パターン3.「9連休」
メーデーが休みで、かつ2日が特別休日や年休促進日なら、なんと9連休に。
9日間あれば海外旅行には充分。
帰省してもゆっくりしていられます。

続いて混雑予想、ピーク予想はこちら

2017年のGWは休みが分散しています。
なので公共交通機関や高速道路もリンクして混雑が分散する予想。
帰省ラッシュやUターンラッシュも、例年に比べれば混雑は緩和されそうです。それでも混雑はしますが。

■2017年GW混雑予想 ピークはいつ?


■GW初日:4月29日(土)
いきなり混雑ピークです。
旅行や外出する人々は、いっせいに動き始めます。
■GWの中間:5月2日
後半に休む人々が動き出すので混雑します。
■子供の日:5月5日
子供の日だけあって家族連れが大移動。
実家、祖父母宅、遊園地
などへ向けて移動します。
■最終日:5月7日
最終日はUターンラッシュで混雑。
混雑は最大ピークを迎えます。
翌日から仕事が始まるので、旅行や遊びから帰宅する人々で街は大混雑。
時間帯は午後から夕方が大変な混雑に。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■2017年GW混雑予想 高速道路のピークは?


GWに車で帰省したり遠方に出かける場合、高速道路の渋滞が気になりますね。
帰省ラッシュ・Uターンラッシュのピークを知っておけば混雑を避けることも可能です。

★高速道路:帰省ラッシュ・下りのピーク予想

2017GW初日4月29日(土)朝6:00~7:00
1日と2日の平日を休みにするケースもあるので、初日は混雑のピーク!
2017GW後半初日5月3日(水)朝6:00~7:00
後半組が動き出すので混雑はピークに。

高速道路の渋滞は何十キロにも及びます。
・関越自動車道「花園IC」50km
・東名高速道路「伊勢原バス停」32km
といった具合です。

高速道路の混雑ピーク時間帯は朝6:00~7:00頃ですが
ピーク後も混雑は続き、午前中はノロノロ運転です。

■初日の混雑を避けるには?
前日4月28日(金)夜か
4月29日(土)の深夜2時頃
に出発するのがオススメ。
4~5時出発だとすでに渋滞に巻き込まれます。

★高速道路:Uターンラッシュ・上りのピーク予想

2017GW最終前日5月6日(土)15:00
2017GW最終5月7日(日)午前

高速道路のUターンラッシュ渋滞は
・東北自動車道「矢板IC」40km
・中央高速道路「小仏トンネル付近」24km
といった具合です。

■混雑を避けるには?
5月6日(土)午前中早めの時間帯か
5月6日(土)深夜
に出発するのがオススメ。

■2017年GW混雑予想 新幹線など公共交通機関のピークは?


★新幹線など公共交通機関:帰省ラッシュ・下りのピーク予想

2017GW初日4月29日(土)午前

★新幹線など公共交通機関:Uターンラッシュ・上りのピーク予想

2017GW最終5月7日(日)午前

■GW混雑の凄さ
新幹線の自由席は、乗車率150%以上となり超満員。
指定席も満席です。
飛行機も混雑。国際線・国内線ともに大混雑でしかもチケットが割高。
海外へ行く人は
成田空港から3万5000人・羽田空港から1万5000人もいます。

■混雑を避けるには?
夕方遅めや、夜の便がオススメ。
ですがやっぱり昼間に現地に着きたいですよね。
そんな人は、始発や早朝便を選ぶと比較的空いています。

■混雑を避けるポイント


結局、普通の人が動かない時間に行動することです。
深夜に動いたら早朝に動くのはちょっと大変ですが、得られる余裕はかなり大きいです。
早起きは三文の徳とはよく言ったものです。

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP