【2016年「参議院選挙」日程】公示日は予想より1日早め。多忙なら期日前投票で。18才・19才も投票可能に。

6月2日、2016年「参議院選挙」の日程、公示日と開票日について紹介します。
予想されたいた日程とはほぼ同じでした。
期日前投票の日程についても触れていきます。忙しくても、期日前投票なら余裕をもって投票できますね。

また、2016年「参議院選挙」では、18才から投票可能になり有権者もその分増えます。
彼らが投票に行くのかも気になりますね。
 

【スポンサードリンク】

 
 

2016年「参議院選挙」の日程 公示日と開票日 ほぼ予想通り


公示日:6月22日(水)

開票日:7月10日(日)

「参議院選挙」の日程は通常だと期間が17日間ですが、開票日の7月10日から逆算すると、沖縄戦終結「慰霊の日」6月23日(木)と重なることを理由に、公示日を1日前出しして6月22日(水)にしました。

沖縄は普天間飛行場問題で政府と対立しているので、沖縄県民の心情に配慮してのことです。

予想では公示日6月23日(木)、開票日7月10日(日)となっていましたが、公示日だけ予想とずれた結果になりました。

2016年「参議院選挙」の日程 期日前投票はいつからできる?


2016年「参議院選挙」での期日前投票の日程はいつからなのか?こうなっています。

期日前投票:公示日またはその翌日から選挙期日の前日まで
場所   :期日前投票所(各市区町村に、1箇所以上設置)
投票時間 :あさ8:30~よる8:00
※自治体の判断であさ6:30~よる10:00にすることも可能になりました。
対象者  :仕事・旅行・レジャー・冠婚葬祭などで投票日に行けない場合です。宣誓書に該当の理由を選択します。

2016年「参議院選挙」 18才から選挙権


2016年「参議院選挙」から、18才と19才も選挙権を得ることが決まりました。
なので、有権者は約240万人増えます。


 
 

[スポンサードリンク]

 
 

2016年「参議院選挙」 選挙戦スタート


6月1日(水)に通常国会が閉幕して、与野党が事実上の選挙戦を一斉スタートさせました。

■選挙区

000378866
※引用:総務省HP

■政党(合計242議席)

改憲発議に必要な3分の2以上の議席を与党が獲得できるかが最大の注目ポイントです。

・自由民主党(115議席)
・公明党(60議席)

・民進党(60議席)
・おおさか維新の会(7議席)

・日本共産党(11議席)
・社会民主党(3議席)
・生活の党と山本太郎となかまたち(3議席)
・日本のこころを大切にする党(3議席)
・日本を元気にする会(3議席)
・新党改革(1議席)
・沖縄社会大衆党(1議席)

■選挙の争点

自民党は、アベノミクスで格差が拡大したと訴えますが、民進党(野党)は、アベノミクスは成果のない失敗だとして争点にする方針です。

また、消費税率10%引き上げを2019年10月までに再び延期したことについても、民進党はじめ野党は批判しています。

ネットの反応


 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP