久田雅隆 割烹久田経営者のwiki風経歴プロィールから人物像に迫る

東京の南麻布という一等地にある高級日本料理店「割烹久田」の経営者で、有名な料理人としても知られている久田雅隆さん(54才)のwiki風経歴やプロフィールなどからsの人物像に迫りたいと思います。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

久田雅隆 割烹久田経営者のwiki風経歴プロィール


久田雅隆さんは、愛知県出身で1961年生まれの現在54才。
両親が寿司屋を経営しており、父親はすし職人。祖母によって厳しくしつけられ育ちました。また、妹がひとりいて、久田雅隆さんは小学校の頃からおやつを作ってあげていたそうです。

子供の頃、勉強好きではありませんでしたが、一方で図工や家庭科は好きでした。遊び場も、すし職人をしている父親の調理場であり、小学校5年生の時点で料理人になることをすでに決意していました。

「料理」がすごく身近な存在だったんですね。一方で祖母の料理の味も物足りかなったので、洋食屋さんの美味しそうな料理サンプルに唾を飲むこともあったようです。

高校を卒業をした久田雅隆さんはプロの料理人になるべく、愛知から上京して東京の板前割烹料理店で和食を基礎から学ぶ修行を始めます。

修行時代に客から、日本料理は西洋と比べてデザートの種類が少ないということで、「水ようかん」を手始めにデザートとして作ることを勧められました。それから2年間、その客が納得する「水ようかん」を作るため試行錯誤を繰り返したそうです。

そして見事「水ようかん」が完成。その客も勧めもあり、お店のメニューにも加えてもらえたそうです。それ以降は、デザート分野の追求に力を注いだようです。

1994年33才の頃、ついに独立して「割烹 久田」をオープンしました。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 
久田雅隆さんは、JR名古屋駅にある家庭的な日本料理店「ひさだ家 名古屋」のプロデュースも行っています。900円前後で食べられる「選べるおばんざい弁当」は、客が自分でお好みの弁当を作れるというもの。

ほかにも、ニチレイや永谷園の商品開発や、ケータリングにも関わっていたりしますね。

テレビ出演もあり、「NHKきょうの料理」テレビ朝日「食彩の王国」フジテレビ「郁恵・井森のデリデリキッチン」や、2008年のアサヒビールのCMに出演もしています。

月刊ビジネスアスキーで、「週末は腕をふるおう」という連載活動も行っています。

人物像


夢を叶えた人生の成功者といって良いですよね。料理が身近だった家庭環境や、厳しくしつけてくれた祖母の存在があって、子供のうちから将来どうするかを決意することができたのだと思います。そしてそれを実行することも

ただ、仕事にストイックすぎるのか、お店の従業員たちには厳しすぎるようですね。朝の挨拶がないという理由で、蹴飛ばしたりしたようなので・・・。それも修行の一貫として考えているようですが・・・。

久田雅隆さんが修行をしていた80年代は、師匠が弟子に厳しく時には蹴飛ばしたりすることがもしかしたら普通だったのかもしれません。しかし、いまは平成の世になり、そういったある種の文化も変わるときが来ているのかもしれませんね。
 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP