北朝鮮が核実験に成功「放射能など日本への影響が心配」全国に飛散する模様なので雨に濡れないよう傘を忘れずに

1月6日、北朝鮮が核実験に成功しました。
核実験には「原爆」と「水爆」がありますが、
今回は「水爆」だということです。

心配なのは、北朝鮮の今回の核実験による
放射能など日本への影響ですよね。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

放射能など日本への影響は?


北朝鮮の今回の核実験、放射能など日本への影響が
とても心配されます。

核実験を行ったわけですから、
放射性物質は大量に使われたでしょうし、
放射能も確実に発生していることでしょう。

では、その放射能が日本に影響を及ぼすかという点ですが、
北朝鮮が完全な管理下で核実験を行っていれば
放射能が漏れることはないかもしれません。

北朝鮮は、核実験は地下で行ったので心配ない
というようなことを言っているそうですが、
やはり個人的にも北朝鮮のテクノロジ-を100%信用することは
できないので、不安でいっぱいです。

もし、北朝鮮から放射能が風で運ばれてきたら、
日本にはどんな影響が出るのでしょうか。
2011年の東日本大震災のときも、福島原発の事故で
放射能が漏れて、周囲の街はゴーストタウンとなってしまいました。
福島原発の作業員の人は被爆もしまいたよね。
  
 

[スポンサードリンク]

 
 

放射能の被害


放射能を浴びると、それは「被爆」といいます。
「被爆」すると、体は放射線障害をうけ
放射線量が500ミリシーベルトを超えると
白血球が一時的に減少するといいます。
そして、
1000シーベルトを超えると、
吐き気や嘔吐といた症状がでます。

3000ミリシーベルトを超えると
発熱があり、毛は抜けて、意識障害も起こります。
この時点では、被爆した約半数は致死レベルだといいます。

2011年の東日本大震災の福島原発の事故のあとには、
飛散したセシウムにより、食べ物がセシウム汚染される心配がありました。

放射能が飛んできたら影響を受けるのは日本のどこ


北朝鮮の核実験によって、放射能の影響を受けると心配される
日本の地域は、地理的に近い【九州】【四国】だといわれています。

では他の地域は問題ないのかというと、そうでもなく、
数日あれば他の地域にも広がり、結局日本全体に放射能が降り注ぐという恐ろしい事態に。

雨に注意


放射能は大気とともに上空へあがっていく性質があるといい、
それらは水蒸気となり、やがて雨となり
日本国民のもとへ降ってきます。

放射能の心配がなくなるといわれるまでは
雨に濡れないように、小雨や霧雨でもしっかり傘をさして
体を守るのが懸命なようです。
 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP