【伊勢志摩サミット】会場の場所と時間ごとの内容「アジアでの開催は8年ぶり」

伊勢志摩サミットが、開催されるということで、警備は厳戒態勢、交通規制も広範囲で敷かれます。

そんな伊勢志摩サミットの、会場の場所と時間ごとの内容を紹介します。
  
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 伊勢志摩サミットの日程


日程:5月26日(木)27日(金)の2日間

■ 伊勢志摩サミットの場所


会場の場所:志摩観光ホテル

賢島にある、1951年創業の老舗です。

三重県志摩市阿児町神明731

■ 伊勢志摩サミット 参加国


■G7
・日本
・アメリカ
・カナダ
・フランス
・ドイツ
・イタリア
・イギリス
・EU
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 伊勢志摩サミットの時間ごとの内容


■5月26日(木)午前の内容

・御垣内参拝
安倍首相がG7首脳を案内し、内宮の御正殿で御垣内参拝を行います。
「二拝二拍手一拝」の作法を求めることはせず、自由に参拝してもらいます。
日本の精神性や伝統を、肌で感じてもらうことが目的です。

■5月26日(木)昼食会の内容

・会合1.ワーキングランチ
最重要課題であると安部首相が位置づけている「世界経済」について議論が行われます。

■5月26日(木)午後の内容

・サイドイベント(自動走行車・燃料電池自動車のプレゼンテーション)
・G7首脳集合写真
・会合2.
・会合3.
・総理夫妻主催カクテル
・サイドイベント(テロと文化財)
・会合4.:ワーキング・ディナー(夕食会)

国際テロ対策、南シナ海などの海洋問題、北朝鮮問題など政治・外交課題、などの議論が行われます。

■5月27日(金)午前の内容

・会合5.
・総理によるアウトリーチ首脳出迎え
・アウトリーチ会合1
・G7+アウトリーチ首脳集合写真
・アウトリーチ会合2.ワーキング・ランチ(昼食会)

今回のサミットは、アジア開催は8年ぶりということを踏まえて、
アジアから7か国の首相
(ラオス・ベトナム・インドネシア・バングラデシュ・スリランカ・パプアニューギニア)
また、アフリカ連合の議長国、チャドの首脳を招待して、アウトリーチ会合も開催されます。

他にも5つの国際機関の長を招待します。
国連・OECD(経済協力開発機構)・ADB(アジア開発銀行)・IMF(国際通貨基金)・世界銀行

アウトリーチ会合では、アジアが豊かな経済成長を続けるには何が必要か、また、インフラ投資や保健、女性などについても議論が行われます。

■5月27日(金)午後の内容

・議長(安部首相)による記者会見

・安部首相がオバマ大統領と共に広島訪問へ

■ 伊勢志摩サミット 交通規制



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP