【山崎友里江】NHKの愛人クラブ高田陽子アナが誰だか画像や室蘭放送局から特定される

NHKの現役女子アナ・高田陽子さん(仮名)が「高級愛人デートクラブX」に登録する高級愛人クラブ嬢だったと週刊文春と週刊新潮がともに画像つきで衝撃スクープしました。

2chなどネットでは早速高田陽子アナが誰なのか特定が行われ、ロングヘアーが印象的なNHK室蘭放送局の25才契約キャスターといったわかりやすい情報が画像と一緒だったので、山﨑友里江さんであると特定されました。

高田陽子こと山﨑友里江さんの画像や、経歴プロフィールなどにも迫ります。
また、「高級愛人デートクラブX」はどこだかも2chで特定されています。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ NHK現役・高田陽子アナが「高級愛人クラブ嬢」だった


週刊文春によると、NHK地方局に勤務する20代の現役・高田陽子アナ(仮名)が、「愛人マッチングサービス」のデートクラブに登録していたということです。
週刊新潮も同じスクープをしていて、NHK地方局とは「室蘭放送局」で年齢は「25才」と報じています。

週刊文春が直撃取材をすると、高田陽子アナ(仮名)は
「(デートクラブに)登録しました」
と事実を認めています。
4段階中、最高級クラスに登録されています。
今年2016年2月から、既婚者を含めた計4名の男性とデートをしたとのことです。
ちなみに、この女子アナは、契約キャスターです。

■NHK現役・高田陽子アナ(仮名)は誰?

・NHK室蘭放送局
・25才
・契約キャスター
・ロングヘアーが印象的
・週刊文春と週刊新潮の目隠し画像
という、大変わかりやすい情報があるので、2chでは簡単に特定されました。

>>週刊文春はこちら

NHK室蘭放送局のサイトにアクセスすると「リニューアル中」ということで閲覧できなくなっていますが、キャッシュで特定されています。

山﨑友里江さんという女子アナです。

■ 高級愛人クラブ嬢のNHK高田陽子アナは誰? 山﨑友里江と特定される


山﨑友里江さんの経歴・プロフィール

名前:山﨑友里江
所属:NHK室蘭放送局
職業:契約キャスター
入局:2015年
出身:東京都三鷹市
趣味:
・花
 華道を高校から始めて、学生時代は花屋でバイトしていたそうです。
 花を見ると癒されるんだとか。
・散歩
 ノープランで見知らぬ土地をブラブラするのが好きなんだとか。
・風呂
 休みの日は日帰り温泉に行ったりしてのんびりするのが好きらしい。

2016年2月には、「室蘭市港の文学館」で朗読イベントに参加しています。
その模様はNHK・FMでも放送されました。

「高級愛人クラブX」で報酬を得ていているとなると、NHKの就業規則に違反します。
ちなみに契約キャスターの年収は300万円ほどだといわれています。
お金が欲しかったのでしょうね。


 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 高級愛人クラブXはどこの店?


NHK地方局現役女子アナが登録していたデートクラブは、全国に支店がある「高級愛人クラブX」です。
男性会員は年会費ごとに4段階に分けられていて、
もっとも高い年会費は
・入会金30万円
・2年目以降は年会費16万円
となっています。

年会費とは別に、デートセッティング費用が2~10万円かかるシステムです。

実際にデートしたあとのことは、カップル同士の自由です。
HP掲載の女性会員らのプロフィール蘭を見ると
「初日からスマートにお誘い頂ければ交際に発展する可能性があります」
など、交際関係に発展する可能性が5段階で分けられています。
実際に利用している会員によると
男女関係になる費用は、デートセッティング費用と同額が目安だと「高級愛人クラブX」から聞いているとのことです。

■高級愛人クラブXはどこの店?

2chでは、高級愛人クラブXは「Universe Club」でないかと話題になっています。
「Universe Club」は、
札幌・仙台・大宮・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡など全国展開する高級愛人クラブです。

>>Universe Clubのインスタ画像
山﨑友里江さんの画像はおそらく削除されていると思いますが・・・。

山﨑友里江さんがNHK室蘭放送局のプロフィールに書いたひとことにこんな一節がありました。

私の今までの人生どの部分を切り取っても、いつも周りにはたくさんの人がいて
助けられ支えられ、そんな恵まれた環境の中で育ちました。
「おかげさま」
子どもの頃に祖母から教えられてから大切にしている言葉です。

室蘭でいったい何があったのでしょうか。

■ ネットの反応



 
 

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP