高校野球2016年【夏の甲子園】注目選手を出場校一覧からPickUp「BIG3(寺島・藤平・高橋昴)だけけじゃない」

高校野球2016年「夏の甲子園」が開催されます。
6月中旬から7月末にかけて地方大会が行われ、7月31日には49出場校が決まりました。
出場校が決まり優勝候補や優勝予想が盛り上がっています。
注目選手も話題ですね。

高校野球2016年「夏の甲子園」の注目選手は、履正社の寺島成輝投手、横浜の藤平尚真投手、花咲徳栄の高橋昴也投手という「BIG3」を筆頭に、好投手珍しいほど揃っているといいます。
一方で、その分打者に逸材が少ないともいわれています。
出場校一覧からピックアップした注目選手を紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

高校野球2016年【夏の甲子園】注目選手BIG3


■寺島成輝投手(3年)左腕

【大阪】履正社高校(6年ぶり3度目★優勝候補)
最速149キロのナンバーワンエースでドラフトAランク。
ドラフト1位候補のエース寺島成輝投手は3年なので最後の夏です。
横浜の右腕・藤平投手との対決が期待されます。

パワーピッチングが持ち味で、決め球基本的にストレート。
対戦相手には得点はもちろん安打すら許しません。
1年生の頃から注目を集めていた大型サウスポーですが、実は甲子園出場は今回が最初で最後です。
大阪大会では79得点4失点という圧倒的な戦績、8試合すべてで一度もリードを許していません。

■藤平尚真投手(3年)右腕

【神奈川】横浜高校(3年ぶり16度目★優勝候補)
ナンバーワンエースでドラフトAランク。
152キロ右腕の藤平尚真投手は3年なので最後の夏です。
大阪の左腕・寺島投手との対決が期待されます。
千葉県富津市出身の藤平尚真投手は、中学時代は陸上競技で活躍していて、走り高跳び全国2位という実力の持ち主。

■高橋昴也投手(3年)左腕

【埼玉】花咲徳栄高校(2年連続4度目★優勝候補)
37回無失点・最速152キロという左腕エースの注目選手です。

★ドラフトAランクに急浮上した逸材
春から夏にかけてまるで別人になったような驚異的な進歩を遂げ、ドラフトAランクに急浮上し絶賛の声が騰がっています。
埼玉大会で6試合無失点・52奪三振という圧倒的な投球で、一大センセーションを巻き起こしたサウスポーです。

昨年2015夏の甲子園では、リリーフ投手として花咲徳栄高校のベスト8入りに貢献しました。
今年2016春のセンバツでは、低めの変化球を強豪・秀岳館に見極められてしまい、6回10安打6失点を食らい初戦で敗れました。
しかし、それから僅か4ヵ月で大変身したのです。
春のセンバツで最速143キロだったストレートは、徹底的な走り込みによるフォームの安定などで152キロに急成長しました。
ストレートだけでなく、フォークやスライダーも一級品と絶賛されています。
Bランクだった評価もAランクに急浮上し、履正社の寺島投手・横浜の藤平投手と並んでBIG3と呼ばれる逸材に。

高校野球2016年【夏の甲子園】注目選手は他にも!


■早川隆久投手(3年)左腕

【千葉】木更津総合高校(3年ぶり5度目★優勝候補)
エース左腕の早川投手は、投法を改造してさらなる成長を遂げています。

花咲徳栄の高橋昴也投手よりも安定感がある印象のピッチングで、低めに集めたチェンジアップやカーブなど、勝負どころを知る実力派投手といわれています。
抜群の変化球と投球術を持つ一方で、144キロの球速アップが課題です。
千葉大会では粘り強い投球を武器に、僅差で勝ち上がっています。

■藤嶋健人投手(3年)右腕

【愛知】東邦高校(2年ぶり17度目)
主将で4番のエース藤嶋健人選手にはプロが注目。
最速146キロのストレートを軸にしたパワーピッチングです。
カーブやスプリットといった変化球にも磨きをかけています。

■高田萌生投手(3年)右腕

【岡山】創志学園高校(※初出場)
最速154キロのエース高田萌生投手(3年)は、スライダーも一級品であり、マウンドさばきも素晴らしいと評判です。

■アドゥワ誠投手(3年)右腕

【愛媛】松山聖陵高校(※初出場)
エースのアドゥワ誠投手は「伊予のダルビッシュ」という異名を持ちます。
父親がナイジェリア人、母親は元バレーボール選手の日本人というアドゥワ誠投手は、身長196cmの大型右腕です。
最速151キロのストレートとチェンジアップのコンビネーションを武器に、松山聖陵を初出場に導きました。

■鈴木昭汰投手(3年)左腕

【茨城】常総学院高校(3年ぶり16度目)
エースの鈴木投手はキレのいいスライダーが武器です。
球速は最速143キロですが、スライダーをメインにした変化球の秀逸コンビネーションが魅力です。
春のセンバツ後に痛めた肩は完治しています。

■京山将弥投手(3年)右腕

【滋賀】近江高校(2年ぶり12度目)
京山将弥投手の将来性に高評価。
最速145キロでコントロールに優れ、身長183cmでいかにも投手という体型の持ち主です。
外角低めという右投手のベストピッチで、滋賀大会は無失点で切り抜けました。

■今井達也投手(3年)右腕

【栃木】作新学院高校(6年連続12度目)
149キロのストレートが魅力の本格派にプロも注目しています。
コントロールが課題です。

高校野球2016年【夏の甲子園】注目選手 打者編


■安田尚憲選手(2年)左打者

【大阪】履正社高校(6年ぶり3度目★優勝候補)
身長188cm92kgの恵まれた体格の左打者です。
大阪大会では2本塁打、通算38本塁打という2年生スラッガーです。

■寺西建選手(2年)左打者

【石川】星稜高校(2年ぶり18度目)
石川大会の決勝でホームランを放った2年生スラッガー。
身長191cmという体格で、小・中学校が松井秀喜選手と同じことから「ゴジラ二世」と呼ばれることも。

■今井順之助選手(3年)左打者

【岐阜】中京高校(14年ぶり6度目)
主将の今井順之助選手は通算で68本ものホームラン。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 高校野球2016年【夏の甲子園】出場校一覧と注目選手


49出場校

■北海道☓2

【北北海道】クラーク記念国際高校※初出場
【南北海道】北海高校(2年連続37度目)


■東北☓6

【青森】八戸学院光星高校(2年ぶり8度目)
【岩手】盛岡大付属高校(2年ぶり9度目)
【秋田】県立大曲工業高校※初出場
【山形】鶴岡東高校(2年連続5度目)
【宮城】東北高校(7年ぶり22度目)
【福島】聖光学院高校(10年連続13度目)


■関東☓9

【群馬】前橋育英高校(3年ぶり2度目)
【栃木】作新学院高校(6年連続12度目)
 ※149キロの右腕、今井達也投手にはプロが注目しています。
【茨城】常総学院高校(3年ぶり16度目)
 ※エースの鈴木投手はキレのいいスライダーが武器です。
【埼玉】花咲徳栄高校(2年連続4度目★優勝候補
 ※左腕エース高橋昴也投手は、37回無失点・最速152キロという注目選手。
【千葉】木更津総合高校(3年ぶり5度目★優勝候補
 ※エース左腕の早川投手は、投法を改造してさらなる成長を遂げています。
【東東京】関東第一高校(2年連続7度目)
【西東京】八王子学園八王子高校※初出場
【神奈川】横浜高校(3年ぶり16度目★優勝候補
 ※ナンバーワンエース・152キロ右腕の藤平尚真投手は3年なので最後の夏です。
【山梨】山梨学院高校(5年ぶり6度目)


■東海☓4

【静岡】常葉菊川高校(3年ぶり5度目)
【愛知】東邦高校(2年ぶり17度目)
 ※主将で4番のエース藤嶋健人選手にはプロが注目。
【岐阜】中京高校(14年ぶり6度目)
 ※主将の今井順之助選手は通算で68本ものホームラン。
【三重】いなべ総合学園高校(6年ぶり2度目)


■北陸☓5

【長野】佐久長聖高校(2年ぶり7度目)
【新潟】中越高校(2年連続10度目)
【富山】富山第一高校(3年ぶり2度目)
【石川】星稜高校(2年ぶり18度目)
 ※寺西建は2年生スラッガー。
【福井】北陸高校(24年ぶり3度目)


■関西☓6

【滋賀】近江高校(2年ぶり12度目)
 ※京山将弥投手の将来性に高評価。
【京都】京都翔英高校※初出場
【大阪】履正社高校(6年ぶり3度目★優勝候補
 ※ナンバーワンエース・ドラフト1位候補のエース寺島成輝投手は3年なので最後の夏です。
 ※安田尚憲選手の2本塁打通算38本塁打の2年生スラッガー。
【奈良】智弁学園高校(2年ぶり18度目)
【和歌山】市和歌山高校(2年ぶり5度目)
【兵庫】市尼崎高校(33年ぶり2度目)


■中国☓5

【岡山】創志学園高校※初出場
 ※最速154キロのエース高田萌生投手がいます。
【鳥取】県立境高校(9年ぶり8度目)
【広島】広島新庄高校(2年連続2度目)
【島根】県立出雲高校※初出場
【山口】高川学園高校※初出場


■四国☓4

【徳島】県立鳴門高校(5年連続11度目)
【香川】尽誠学園高校(9年ぶり11度目)
【愛媛】松山聖陵高校※初出場
 ※196cm長身エースのアドゥワ誠投手は「伊予のダルビッシュ」という異名を持ちます。
【高知】明徳義塾高校(7年連続18度目)


■九州沖縄☓8

【福岡】九州国際大付属高校(3年連続7度目)
【佐賀】県立唐津商業高校(5年ぶり5度目)
【長崎】長崎商業高校(29年ぶり7度目)
【大分】大分高校(2年ぶり2度目)
【熊本】秀岳館高校(15年ぶり2度目★優勝候補
【宮崎】日南学園高校(2年ぶり8度目)
【鹿児島】樟南高校(3年ぶり19度目)
【沖縄】県立嘉手納高校※初出場

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP