【現場画像】広島で警報・大雨冠水・避難勧告!九州長崎では「50年に一度の記録的な大雨」

西日本で、6月29日(木)夜から6月30日(金)の未明にかけ、活発な雨雲がかかり「50年に一度の記録的な大雨」となった場所があります。

原因は、梅雨前線の活動が活発になっているため。

6月30日(金)も西日本の日本海側を中心に、夕方にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害に厳重な警戒が必要だということです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■【現場画像】西日本に大雨 広島で警報・避難勧告・冠水


大雨による土砂災害の危険性が高まったとみて、広島市では避難勧告が発令されました。
避難勧告が発令された場所は
中区・東区・西区
安佐南区・安佐北区
安芸区・佐伯区

広島では、6月29日(木)夜から激しい雷雨の音と光に加え、スマホの緊急速報でとても眠れるような状態ではなかったようです。

道路はいたるところで冠水していて、真っ暗な深夜にハンドルを取られて危険な状態でした。

↓現場画像


 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■西日本に大雨 九州北部「50年に一度の記録的な大雨」


6月29日(木)夜、九州北部では低気圧や梅雨前線の影響で大雨が降り、一部では「50年に一度の記録的な大雨」が降りました。

記録的な大雨が降った場所は長崎県壱岐市。
よる10時半~11時半までの1時間に、110ミリを超える大雨が降りました。

長崎地方気象台は土砂災害警戒情報を発令して、長崎市も市全域に避難勧告を発令しました。

長崎市の危機管理課によると、民家の裏山が崩れて住人が避難したり、家屋の床下浸水被害も出ています。土砂崩れや道路の冠水も起きています。

土砂災害や冠水、河川の増水・氾濫、落雷や竜巻など激しい突風、様々なことに注意が必要です。危険を感じたら迷うことなく早めの避難が必要です。

■気象概況(30日00:00現在)
【1時間雨量】
・長崎県  芦辺    120.0mm(~29日23:42)≪史上1位≫
・広島県  廿日市津田 46.5mm(~29日20:57)<6月1位>
・福岡県  小呂島   45.5mm(~30日00:00)
・熊本県  五木    39.0mm(~29日15:40)
・福岡県  行橋    39.0mm(~29日20:49)
・長崎県  石田    38.0mm(~30日00:00)
・島根県  三隅    37.0mm(~29日19:18)
・山口県  柳井    36.5mm(~29日23:07)
・鳥取県  米子    36.5mm(~29日17:15)<6月1位>
・山口県  羅漢山   34.0mm(~29日20:26)

  
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP