ダブルフェイスのネタバレ!ラストの純が衝撃過ぎて「え・・・?」逃れられない闇が悲しすぎてリアリティーある  

劇場版MOZU公開記念、3週連続特別企画ということで、西島秀俊さんと香川照之さんダブル主演のドラマ「ダブルフェイス」が再放送されていますね。MOZU効果があってか、もともと人気でもあったからか、視聴率も好調な様子です。

そんなダブルフェイスのキャストと、衝撃のラストのネタバレをご紹介します。読んでみるだけでも面白いですが、ぜひテレビで観ることをオススメします。西島秀俊さんみたなかっこいい大人の男になりたいですね!

「潜入捜査編」「偽装警察編」それぞれのあらすじについてはこちらです。

【スポンサードリンク】

 
 

西島秀俊 ダブルフェイス再放送2015 キャスト


・織田組幹部。実は潜入捜査官:森屋 純・・・西島秀俊
・オモテの顔は刑事。実は織田組のスパイ:高山 亮介・・・香川照之

・西田 奈緒子・・・和久井映見
・純の弟分:ヒロシ・・・伊藤淳史(潜入捜査編のみ) ・有力政治家の娘:末永 万里・・・蒼井 優(偽装警察編のみ)

・警備部長:菅原・・・平田 満
・岡崎刑事・・・堀部圭亮
・麗子・・・伊藤かずえ
・堺 俊彦・・・高橋光臣

・小野寺警視正・・・角野卓造(潜入捜査編のみ)
・織田組組長:織田 大成・・・小日向文世

西島秀俊 ダブルフェイス再放送2015  あらすじ


「潜入捜査編」「偽装警察編」のあらすじはこちらをご覧ください。

西島秀俊 ダブルフェイス再放送2015 ラストのネタバレ


亮介は、潜入捜査官と接触したことを警察同僚に伝え
近々麻薬取引がありので小野寺警視正の仇をうつチャンスだと伝えましたが、
情報源を明かせない亮介にみなは協力を拒みます。

一方、純は精神科医の奈緒子のもとをたずね
「最後のチャンスにかけてみる」と、警察官に戻ったら
本当の自分として奈緒子に会いたいことを伝えます。

●麻薬取引 織田組長亡くなる●

いよいよ麻薬取引の日、亮介は協力してくれる仲間とともに逮捕に備えます。
織田組らの車が取引現場に到着し、亮介たちは配置につきました。
タイミングを伺う亮介・・・。

取引が行われました。
亮介たち警察が全員現場に突入します。
織田組長は逃げ出し、純は身柄を拘束されました。

織田組長は助けを求めて亮介に電話すると、すぐちかくに亮介がいました。
「亮介、おまえまさか・・・?」亮介が織田組長に銃を向けました。
理由を問う織田組長に亮介は、自分の家族を守るためだと言い
「自分の道は自分で決めます」・・・
亮介は親同然である織田組長を撃ち殺しました。

●亮介と純 お互いの正体が判明●

亮介が警察署に帰ってくると
協力を拒んでいた同僚たちは、織田組を一掃した功績をたたえ
拍手で迎えてくれました。

そして亮介が自分のデスクに戻ると
そこには純が座っていました。「おまえだったのか」
この時純は、亮介が織田組のスパイだとは知りません。

純は警察に戻ったら、織田組のスパイを真っ先に見つけると言い
亮介はドキっとします。
身分を戻すパソコンをとりに亮介が席をはずすと
純は偶然デスクにあった封筒に気づきました。
その封筒には、以前見た「織田組のスパイ」の筆跡がありました。
この瞬間、純は亮介が織田組スパイだと気付きました。

一方、パソコンにアクセスした亮介は
デスクに戻ると純の姿はなく、例の封筒がさりげなく見える場所に・・・。
亮介は純に正体がバレたと察します。
そして自分の正体を守るために
警察のデータから純の情報を削除しました。

純は、織田組長を殺害した、麻薬取引のリーダー扱いされ
全国に指名手配されてしまいました。
純は奈緒子に電話して状況を説明し
自分といっしょにいると危険だからとサヨナラをいいます。
もう一度あきらめず、あがいてみると言い残して・・・。

亮介は、麻里のもとへいくと、彼女は元気がない。
彼女のまえには、麻里を隠し撮りした写真が。
さらに音声データがあり、織田組長が亮介に指示をする内容も。

●●

純から電話があり、亮介はビルの屋上にやってきました。
そこには純がいて、銃をむけられ、手錠をされました。
純は亮介に自分の警官としての身分を戻すよう要求します、
一方亮介は、「善人に生まれ変わりたい」といいます。

しかし、純は身分を削除されたので、
純が警官だとは誰も知りません。
そこにサカイ刑事が現れ、銃を下ろすようにいいます。
純は「自分は警官だ。こいつを逮捕する」と言いますが信じてもらえません。

●衝撃のラスト●

そして、純が亮介を人質にとってエレベーターに乗った瞬間、
「パン!」・・・純が頭を撃ちぬかれて死んでしまいました。
撃ったのは、さっき屋上に現れたサカイ刑事です。
亮介もさすがに驚きます。

唖然とする亮介に、サカイ刑事が言いました。
「心配いりません。俺もあなたと同じ兄弟分です」
彼は織田組のもうひとりのスパイだったのです。
うまくこの一件を片付けて、新しいボスのとこへ行こうと言われます。

1階に降りるエレベーターのなかで、
亮介はその刑事を撃ち殺しました。
1階に降りると警察手帳を見せた亮介。

亮介は、みなが探していた織田組のスパイはサカイ刑事であり
頭を撃ちぬかれたのは織田組長を殺した森屋 純だと言い
亮介は晴れて自由の身となったのでした。

●エピローグ●

亮介が麻里の部屋に行くと、麻里はいませんでした。
亮介は警察で表彰されました。

エレベーターのまえに、奈緒子がお焼香にきてました。
奈緒子は、純が刑事だったと知っているので、
純をハメた人間を必ず突き止めると亮介に宣言しました。

そしてまた、別の場所で亮介。
北辰会のメンバーたちに囲まれアイサツされました。
彼らは亮介がスパイだと知っていていました。
また連絡すると別れを告げられたのでした。

亮介は結局、悪の道から逃れることができなかったのです。
エレベーターのなかで泣く亮介でした。

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW

PAGE TOP