須藤理彩の夫、川島道行の脳腫瘍は「余命2年」だった。子供はブンブンサテライツ最後のMVに登場

ロックユニット「ブンブンサテライツ」が、6月22日発売のEP「LAY YOUR HANDS ON ME」を最後に活動を終了すると発表しました。
理由は、ボーカルで女優の須藤理彩さんの夫である川島道行さんの脳腫瘍の後遺症(麻痺など)です。

川島道行さんの脳腫瘍は、2014年に余命2年と宣告され、今年が2年目ですが間違いであってほしいです。
そして子供が、ブンブンサテライツ最後のMVに登場しています。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 川島道行の余命と脳腫瘍


川島道行さんは、「ブンブンサテライツ」のボーカルとギターを担当しています。
「ブンブンサテライツ」は1997年にベルギーからデビューしたのですが、祝うべきその年に脳腫瘍という病魔に襲われました。
そして手術をし、2度目の手術で完治したかに思われました。

しかし2012年に3度目の脳腫瘍が発症します。
手術をして、2013年に武道館で奇跡の復活ライブを行います。

復活した翌年2014年、春のツアーを終えたあと、またしても脳腫瘍を発症します。
その際医師から余命2年を宣告されニュースゼロで取り上げられますが、川島道行さんはツイッターで余命2年ではないと否定し、ファンを安心させました。

その後、放射線治療を受けながら活動を続け、2015年は夏の音楽フェスにも出演していましたが、8月末に5度目の脳腫瘍を発症します。
11月のワンマンライブを最後にライブ活動を休止予定としましたが、川島道行さんの体調を考慮して10月に中止となりました。

川島道行さんは現在、脳腫瘍の後遺症の麻痺のせいで、ゆっくり話すことはできでも、意思の疎通は難しい状態です。
手足が不自由で車椅子生活を強いられています。
2016年は、余命2年を宣告された2014年から2年後です。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 須藤理彩の夫と川島道行の子供


須藤理彩さんと夫の川島道行さんは、2006年11月5日に結婚して、子供が2人います。
一人目は結婚してすぐの2007年1月30日出産(できちゃった結婚のようです)で、2人目の子供は、2011年でした。

川島道行さんは1997年に脳腫瘍を発症しているので、須藤理彩さんはそれを知りながら、夫にしたということです。それだけ愛してたのだと思います。

■ ブンブンサテライツとは


ブンブンサテライツは、同じ大学に通い、同じJAZZバーで働いていた川島道行さんと中野雅之さんで1990年に結成されたロックユニットです。
1997年にベルギーのレーベルからデビューし、のちに日本でもデビューしました。

アニメ映画「機動戦士ガンダムUC episode5」の主題歌「BROKEN MIRROR」を通じてアニメファンにも名前が浸透していきました。

最後の作品となったEP「LAY YOUR HANDS ON ME」は4曲入りで、トータル22分。
EPですが中野雅之さんと川島道行さんは、これは10枚目にして最後のアルバムであると言っています。

新曲「LAY YOUR HANDS ON ME」には、須藤理彩さんと川島道行さんの子供が登場しています。
かわいらしい女の子です。

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP