清武弘嗣の嫁・足立真梨子の年齢や馴れ初めなど「サッカー日本代表の家族」

2018年ロシアワールドカップのアジア最終予選が9月1日~来年9月5日までの日程で開催されます。
初戦で負けたチームは予選を通過できないというデータもあるので、初戦UAEにはなんとしても勝たなければいけません。
MF清武弘嗣さんは2日前に合流するなど厳しい状況ですが、ぜひ勝ってもらいたいですね。

そんなサッカー日本代表、清武弘嗣さんの嫁・足立真梨子さんの年齢や馴れ初めについて触れていきます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
  

■ サッカー清武弘嗣 嫁・足立真梨子の年齢・画像・馴れ初め


清武弘嗣さんの嫁は足立真梨子さんといいます。

2011年5月28日21才の頃に結婚し、11月27日に子供を生まれました。
いわゆるできちゃった結婚です。

清武弘嗣さんは、お酒は全然飲まないタイプで、家では飲んだことがないそう。
喧嘩もほとんどない仲良し夫婦です。

■年齢
嫁・足立真梨子さんは同じ明治北小学校に通った同窓生。
清武弘嗣さんの小学校の1コうえの先輩なので、年齢はひとつ上の27才と思われます。

清武弘嗣さんがゴールを決めた際には、薬指にキスをするパフォーマンスをして話題になったことも。

■ サッカー清武弘嗣 嫁・足立真梨子の画像


こちらが画像です。

■ サッカー清武弘嗣 嫁・足立真梨子のと馴れ初め


2010年、清武弘嗣さんが20才の頃、地元に帰省した際、嫁・足立真梨子さんと再会したのがきっかけで交際が始まったそうです。

■子供
子供は男の子で「真駿(しゅん)」くんです。
帰宅するとすぐ「真駿くん真駿くん~」となるそうです。


3人家族ですね。


 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ サッカー清武弘嗣 経歴・プロフィール


清武弘嗣(きよたけ ひろし)さんは、大分県大分市出身1989年11月12日生まれの現在26才。

地元では知られたサッカー一家で、清武三兄弟の次男。
小学6年生の時「日本代表になってワールドカップで優勝したい」と語るなど、才能の輝きは誰の目にも明らかでした。

父・由光さんは、地元の実業団所属で国体にも出場した人。
息子が所属するサッカークラブの監督であり、怖い父親のスパルタ教育によって素質は磨かれました。
家の外でも中でも父に叱られる毎日でした。
ちなみに母・豊美さんも、水泳や陸上でトップクラスだったアスリート。

18才で大分トリニータと契約、プロに。
21才でセレッソ大阪に移籍し、地元・大分を離れ大阪へ。
2年半、エースとして活躍しました。

2012年ドイツ・ニュルンベルクに移籍
セレッソ大阪はとてもいいチームだったので、本人はとても悩んだそうです。
5月17日にチャレンジすることを発表しました。
その夜には、セレッロの先輩たちが移籍を祝ってくれました。

2014年がニュルンベルクが2部に降格し、今度はハノーファーに移籍。
2015-2016のシーズンでは、背番号10でチームの主力選手となりました。
現在はセビージャに所属しています。

■小学校時代~「大分トリニータU15・U18」
■2008年18才~2009年19才の頃「大分トリニータ」
■2010年21才~2012年22才の頃「セレッソ大阪」
■2012年22才~2014年24才の頃「ニュルンベルク」
■2014年24才~2016年26才の頃「ハノーファー」
■2016年26才~「セビージャ」

幼いころから逸材といわれ、チームの出来不出来を一人で背負ってきました。
ドリブル、パス、フェイント、全てを高いレベルでこなす万能型。
得意なパスのひとつに、後ろに蹴るヒールパスをあります。

2011~2012年にかけては、オリンピック日本代表とワールドカップ日本代表をかけもちした唯一の選手でした。
ロンドン五輪アジア予選では、4試合で2得点2アシストと目覚ましい活躍を見せました。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP