磯野貴理子の旦那が変貌して女性に怪我「高橋東吾は示談金も未払い」ラビットフット直撃も「知らない」

磯野貴理子さん(52才)の旦那・高橋東吾さん(28才)が、飲み会の席でとつぜん変貌し女性に怪我をさせていたと女性セブンが報じました。
女性は全治6か月の重傷。
相手女性から示談金も求められてますが、高橋東吾さんは未払いだといいます。

献身的な優しい旦那として知られていた高橋東吾さんが、いったいなぜ変貌したのでしょうか。
女性セブンがBAR「ラビットフット」を直撃してますが「知らない」との答えでした。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

● 磯野貴理子 と 旦那・高橋東吾


■2012年9月
磯野貴理子さんは高橋東吾さんと結婚し、24才年の差婚が話題になりました。
当時、高橋東吾さんはホテルのバー店員。
磯野貴理子さんは客としての立場から結婚して夫婦に。
結婚後は、磯野貴理子さんが資金を出して旦那は自分のバーを出店しました。

■2014年10月
磯野貴理子さんは脳梗塞で倒れます。
「夫は命の恩人です」
その時は、旦那の献身的な看病が話題に。

しかし嫁が脳梗塞で倒れている間、旦那の高橋東吾さんはなんと女性を殴って大怪我をさせていました。

● 磯野貴理子の旦那・高橋東吾が変貌 女性に怪我~示談金


酒に酔って女性を殴って大怪我をさせ、被害者との間で弁護士による示談交渉の最中なのだといいます。
交渉には、磯野貴理子さんも交えていて、まだ着地点が見えないのだとか。

■新宿のバーで飲み会
2014年11月
場所は東京の新宿・歌舞伎町のバー
磯野貴理子さんのフジ・レギュラー番組「はやく起きた朝は…」の、担当ディレクターを囲む飲み会。
磯野貴理子さん本人は脳梗塞で入院中だったので、代わりに旦那の高橋東吾さんが出席しました。

嫁が倒れたばかりなのに飲み会に参加していいのかという意見もありましたが、高橋東吾さんは「大丈夫大丈夫」と軽い感じだったといいます。

■変貌して女性を殴る
深夜1時すぎ
高橋東吾さんは隣に座っていたB子さんを口説いている様子でした。
するとB子さんの友人A子さん(都内在住の専業主婦30才)が
「いい加減にしなさいよ」
と注意したら、彼はA子さんの顔を殴りました。
A子さんの口元から大量出血して、店内は騒然となります。

さすがに高橋東吾さんはハッと我に返り、周囲に促されるように店の外へ。
このとき、高橋東吾さんは謝罪していないようです。
A子さんは付き添いの人と救急病院に向かう事態に。

■全治6ヶ月の大怪我
A子さんの怪我の診断結果は
・右上歯の歯根破裂
・顔面外傷後 瘢痕拘縮(はんこうこうしゅく)(=皮膚の変形)
という全治6ヶ月の重傷でした。
相当なパワーで殴ったと想像できます。

実は高橋東吾さんはキックボクシング経験者なのです。
一歩間違えば、命の危険もありました。
刑事事件にしてもおかしくありません。
しかしA子さんが表沙汰にしたくない意向で、弁護士に相談。被害届は出していません。
友人B子さんに迷惑をかけたくない想いもあったのかもしれません。

しかし一方で、
大怪我をさせながら謝ることなく帰っていった高橋東吾さんに対しては、怒りが収まらない様子。
治療費を含む示談金の交渉を始めたようです。

■示談金が未払い
高橋東吾さん側は殴ったことを認めました。
示談金は数百万円。しかしまだ未払いだといいます。
A子さんは怪我でしばらくまともに食事も難しく、現在も治療で通院。
数百万円という示談金は小さくないですが、治療費だけでなく慰謝料も含めてA子さんは譲れない一線でした。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

● 磯野貴理子 旦那・高橋東吾の変貌にショック 


2014年10月に磯野貴理子さんは脳梗塞で倒れた時、旦那・高橋東吾さんはまさに命の恩人でした。
呂律が回らず、足元もフラフラする彼女を見て、とっさに救急車を呼んだので大事に至らなかったのです。

高橋東吾さんは嫁が入院中も毎日病院へお見舞いに行き、リハビリにも付き添うなど献身的に看病しました。

そんな、闘病中に支えてくれた優しい旦那が、女性を殴って怪我をさせたと知り、磯野貴理子さんは相当なショックを受けたようです。
自分の体の回復に集中するべき時期に、余計な心労が重なってしまいました。

■弁護士は「行列」のB氏
磯野貴理子さんが退院したあと、高橋東吾さんに弁護士が付きました。
彼女がレギュラー出演する「行列のできる法律相談所」の有名弁護士B氏です。

退院後もリハビリや、薬を何種類も飲むような生活のなか、変貌した旦那の不祥事の後始末に奮闘したようです。
「行列」の弁護士はきっと磯野貴理子さんの紹介でしょう。

■示談金が未払いの理由
磯野貴理子さんの知人によると
・今後仕事もどうなるかわからない
・旦那のバーも大儲けしている訳ではない
なので示談金の交渉に慎重になっているようです。

磯野貴理子さんはレギュラー3本を抱えるタレントですが、だからといってお金に余裕があるわけではないようです。
脳梗塞から僅か2ヶ月で仕事に復帰したことからも推測されます。

弁護士B氏のコメント

ほぼまとまっている示談金についてはいつでもお支払いする用意があります。
そのことは相手方にも昨年12月の時点でお伝えしています。
ただし、示談書の文言について一部一致していないので、お支払いできない状況です。
本件発生に至る事情としては、被害者側に軽視できない落ち度があったものと考えていますが、この点について双方に事実の争いがあります

● 磯野貴理子 変貌した旦那が足を引っ張る


磯野貴理子さんは2009年11月に元マネージャーの旦那と離婚。
原因は旦那の浮気でした。

24才年下の高橋東吾さんと再婚してからは、浮気したらどうしようと不安ななったことも。
東京青山一丁目のバー「ラビットフット」開店については、「出資婚」と揶揄もされました。

そして今度はこれ。
彼女は旦那で苦労しています。

法律番組に出演しているのに、旦那が女性に怪我をさせて示談金問題というのは、皮肉すぎます。

● 女性セブンが旦那・高橋東吾を直撃


■10月7日(金)深夜2時
東京青山一丁目のバー「ラビットフット」
最後の客が帰ったあと、女性セブンが店主の高橋東吾さんを直撃。

しかし高橋東吾さんは
「わからないです」
「知らないです」
と誤魔化すだけだったといいます。
 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP