北朝鮮戦争が秒読み!xデーは2017年4月27日か「日本の被害予測が恐ろしい」

一触即発の状態…アメリカと北朝鮮の戦争が秒読み状態にあり、xデーは2017年4月27日だと噂されています。

4月11日北朝鮮で最高人民会議が開かれ、金正恩委員長が出席。
そんななかアメリカのトランプ大統領が、警告しても核開発などを辞めない北朝鮮に対して「北朝鮮は自らトラブルを招いている」と強力な一手を準備しているそう。

アメリカ空軍が誇る原子力空母「カール・ビンソン」に進路変更を命じて朝鮮半島に向かわせました。
対して北朝鮮は、武力行使も辞さない姿勢。
するとトランプ大統領はツイッターで
「もし中国が協力するなら素晴らしいことだ」
「もし協力しないのならアメリカが中国なしで問題を解決する」
これは北朝鮮の後ろ盾である中国の協力の有無にかかわらず、戦争に踏み切る可能性を示しています。

北朝鮮は6度目の核実験をしているといわれ、米中首脳会談の直前にもミサイル発射実験をして、メンツをつぶされている中国はどう動くのか?
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■北朝鮮戦争が秒読みでxデーは2017年4月27日か


北朝鮮戦争が秒読み段階ともいわれるなか、xデーがいつなのか注目されています。
噂では、2017年4月27日にアメリカが北朝鮮を空爆とも。
韓国の大統領選5月9日の前に、北朝鮮を攻撃するという内容です。
北朝鮮が挑発行為を行った際の攻撃に中国も同意するだろうと。

しかし、韓国の外務省はこの噂について、根拠がないし韓国と協議なくアメリカはいかなる措置もしないという。

■外務省がスポット情報を発信「韓国渡航に注意喚起」


4月11日 外務省がスポット情報を発信「韓国渡航に注意喚起」
外務省は、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を繰り返していることから、韓国に滞在・渡航する日本人に対して、朝鮮半島情勢に関する最新情報に注意するよう呼び掛けました。
ただこれは、渡航自粛や退避などを求める「危険情報」ではありません。
※北朝鮮関係では過去10年間に少なくとも3回出ています(2006年10月・2016年2月)。その中でもかなり緊迫感が高い。

■最強アメリカvs最恐北朝鮮


★軍事力最強のアメリカ・トランプ大統領は
「すべての選択肢はテーブルの上にある」
ティラーソン国務長官は
「他国への脅威となるなら、対抗措置を取る可能性がある。我々の目的は朝鮮半島の非核化だ」
★核をふりかざす北朝鮮の3代目・金正恩委員長
「核兵器を非常に強化してきた。我々の選択が1000万回正しい」
「我々の核の照準は韓国と太平洋区域の米軍基地だけでなくアメリカ本土にも向いている」

トランプ大統領は世界の警察ではなくアメリカファーストを掲げていました。それなのにシリアを攻撃したので政府はまだ揺れている印象もあります。

しかし北朝鮮に関しては、ICBMというアメリカ本土に届くミサイルを持っているので、アメリカファーストにもつながります。自国を守るという大義名分です。
■ICBMとは?
大陸間弾道ミサイル。
2012年に北朝鮮軍のパレードで登場。射程距離は5500km以上。
2016年2月にエンジンの燃焼実験に成功したと公表。
2017年1月、発射実験の準備が仕上げ段階。
2017年4月4日、核弾頭を搭載する直前まで来ているという情報。

■兵力
★アメリカ軍
国防費 5803億ドル(約65兆円)
兵力数 約125万人
核弾頭 約7000発(世界2位)
★北朝鮮
国防費 国家予算(不明)の15.8%
兵力数 約119万人
核弾頭 数十発

兵力数はさほど変わりせんが、北朝鮮の兵士は、畑を耕している人もいるらしい。

アメリカと北朝鮮は兵力差についてはいろいろな意見があります。
アメリカが横綱ですが、北朝鮮は関取くらいの実力で、決して侮ってはいけない相手。
一方、アメリカは完全武装の大部隊で、北朝鮮はピストルを持った子供という見方も。戦力は違うが、油断したら命の危険はあります。

■原子力空母「カール・ビンソン」
1982年就航。全長333mあり東京タワーが横たわっているようなものです。
約90機の航空機を搭載可能。
オランダのような中堅国1国の空軍力に匹敵する実力。
最大5000人が乗り込むことが可能で、数ヶ月にわたり海の上で生活するため、診療室・理髪店・郵便局・売店・教会などあり小さな街レベル。
また原子炉が動力源なので、燃料補給をする必要がありません。

攻撃力は高いですが、逆に攻撃されると原子炉なので危険です。もし沈んだら海が放射能で汚染されます。

4月15日あたりに韓国の近海に来るといわれています。
日本海に入るかはわまりませんが。
また巡洋艦や駆逐艦が護衛で一緒に行動、海底には潜水艦も。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■アメリカが北朝鮮と戦争をするとどうなる?


レッドラインは?
★ICBMへの核弾頭の搭載
 北朝鮮は核保有国であることをアメリカに認めさせたいが、トランプ大統領はそれを認めない。
 ➝戦争の可能性は60%
★ICBMのエンジン・再突入体の開発。
 ➝アメリカが本格的に軍を派遣➝最後通告の中で北朝鮮がミサイルを撃ったら戦争に(可能性10%以上)

ICBMへの核弾頭の搭載は数年かかるといわれていますが、アメリカに対抗するため相当ピッチをあげるとの見方が。

実際に戦争が起こると
1.韓国に核兵器配備
2.特殊部隊が上陸してインフラを破壊
3.金正恩委員長を倒す
という作戦になると思われます。

1.最初の攻撃目標
海からミサイルや爆撃機を使い、ミサイル生産施設、ICBM発射台を破壊
2.北朝鮮の対抗措置
ソウルに地上部隊を投入するため非武装地帯を砲撃
3.アメリカが特殊部隊を地上投入
ミサイルを搭載した潜水艦を無力化
特殊部隊が上陸し移動式発射台の破壊などです。

■日本への影響は?


追い込まれた北朝鮮は、日本を攻撃するのではないか?との予想もあります。

攻撃方法は・・・核を搭載した中距離弾道ミサイル発射の可能性です。

標的が東京の場合
 死者42万人
 被害者81万人
大阪の場合
 死者48万人
 被害者88万人
永田町・霞が関・丸の内を含んだ地域が壊滅したら、日本の中枢機能は一瞬で停止します。
また、2007年の日本政府の見立てでは、北朝鮮半島有事の際、北朝鮮難民10~15万人が日本(九州・中国地方を中心に)上陸。
韓国からも大量の難民が来ると思われます。

こんな恐ろしい事態にならないよう願うばかりです。
  
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP