鳥越俊太郎の反日発言が酷い。家系図もデタラメで東京都知事選の出馬に批判対数

東京都知事選がいよいよクライマックスです。

自民党・公明党からの推薦は、前・岩手県知事の増田寛也さん
「気持ちにスイッチが入りました」とコメント。

一方、野党「統一候補」擁立は。
民進党は、松原会長が元経済産業省官僚の古賀茂明さんに出馬要請をしました。
そんななかほぼ同時期に、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが、民進党に出馬の意向を示し、岡田代表が対談を行いました。

結果、古賀茂明さんは応援にまわり、民進党は鳥越俊太郎さんを擁立することに。
民進・共産・社民・生活の野党4党の、野党統一候補となりました。

しかしネットでは、鳥越俊太郎さんについて「反日」批判や、新潮が報じた「家系図がデタラメ」などが話題になっています。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

■ 鳥越俊太郎 経歴・プロフィール


鳥越俊太郎さんは、福岡出身1940年3月13日生まれの現在76才です。
職業はジャーナリストです。

毎日新聞でジャーナリストとしてのキャリアをスタートさせ、イラン・イラク戦争では戦場報道をしました。
1989年に毎日新聞社を退職すると、テレ朝の番組に出演し、2005年に直腸癌を告白しますが、手術を復帰します。

今回、東京都知事選に出馬することになりましたが、実は2007年の都知事選で民進党から擁立を打診されています。ただ当時はガン療養中だったので断っています。
ガンは肺にも転移していて、2009年には肝臓にも転移。切除手術のすえ2009年2月にテレビ復帰しました。

■ 鳥越俊太郎は反日?


共産党の赤旗新聞に
「われわれには、市民と野党の力で安倍自民党に打撃を与えるという大目標があります」
と発言しています。

他にも、
「中東のイスラム問題は日本と関係ない」
「東アジアではイスラム問題は起きない」
「日本にどこの国が攻めてくるのか 攻めてくる国はいない」
「中国が尖閣に上陸するのはあり得ない」
「万が一中国がせめて来たら自衛隊が闘う アメリカはいらない」
「自衛隊のPKO活動は無駄」
といった現実とはそぐわないうような発言や、平和ボケ?とも取れる発言をしています。

これらのことから、鳥越俊太郎さんはネットで反日だといわれています。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■ 鳥越俊太郎は家系図はデタラメ?


2015年7月放送のNHKドキュメンタリー番組「ファミリーヒストリー」で紹介された鳥越俊太郎さんの家系図が実はデタラメだったっと、今年5月発売の週刊新潮が報じています。

番組では鳥越俊太郎さんの祖先は
「戦国大名 大友宗麟の家臣である鳥越興膳」
だと紹介されました。

ところが
鳥越家18代当主である鳥越光さん(78才)は
「鳥越興膳」は自分の家の先祖だと、放送された家系図について否定しました。
鳥越俊太郎さんは家が近所で苗字が同じだっただけで、血縁関係はないといいます。

鳥越光さんはNHKに抗議したのですが、穏便な解決を持ち掛けられ、再放送はしないことになったようです。

しかし鳥越俊太郎さんは
今年2月の朝日新聞で、鳥越興膳は自分の祖先だとコメントしています。

週刊新潮が鳥越俊太郎さんに取材すると
・放送内容に問題はない
・家系図については関与してない
と答えています。

■ ネットの反応



 
 

<スポンサードリンク>

コメント

    • 鈴木
    • 2016年 7月 13日

    鳥越俊一、日本に攻めてくる国なんかあるわけがない、と述べたが、東京都小笠原漁民が40年培った「赤サンゴ」をネゴそぎ取っていった中国に対してどう思うか聞きたい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP