【センバツ2019】組み合わせの日程&トーナメント表がコレ。優勝予想は星稜と横浜

センバツ2019(春の選抜高校野球)の組み合わせの日程&トーナメント表を紹介します。優勝予想もしてみました。

1月25日に選抜出場校決定が発表され、3月15日には組み合わせ抽選会で組み合わせの日程&トーナメント表が発表されます。

平成最後の甲子園大会となるセンバツ2019(春の選抜高校野球)の優勝予想は、大注目のエースを擁する2校。予想通り優勝候補同士が決勝で対決したら凄いですが、結果はどうなるのか?どんなトーナメント表になるのか?
 
 

【スポンサードリンク】

  
 

■【センバツ2019(春の選抜高校野球)】組み合わせ抽選会の日程とトーナメント表がコレ


出場校決定は、2019年1月25日(金)15:00に選考委員会によって発表されました。次はいよいよ組み合わせ抽選会の日程が待っています。どんなトーナメント表になるのか大注目です。

■組み合わせ抽選会の日程

組み合わせ抽選会は3月15日(金)に毎日新聞本社で行われ、毎日新聞センバツLIVE!でネット放送されます。

トーナメント表は、各出場校のキャプテンによるくじ引きで決定します。

名称:第91回春の選抜高校野球大会
 組み合わせ抽選会

日程:2018年3月15日(金)あさ9時~

放送予定:毎日新聞センバツLIVE!

会場:毎日新聞大阪本社オーバルホール
住所:大阪府大阪市北区梅田3-4-5

■トーナメント表

※組み合わせ抽選会の結果を見て更新※

■大会の日程

日程は3月23日(土)から4月3日(水)までの12日間で、準々決勝翌日の休養日を含みます。場所はもちろん甲子園。

開会式の入場行進曲は『世界に一つだけの花』『どんなときも。』を組み合わせた曲です。

3月23日(土) 開幕
3月24日(日)
3月25日(月)
3月26日(火)
3月27日(水)
3月28日(木)
3月29日(金)
3月30日(土)
3月31日(日) 準々決勝
4月1日(月) 休養日
4月2日(火) 準決勝
4月3日(水) 決勝

■【センバツ2019(春の選抜高校野球)】優勝候補予想がコレ


優勝候補は、注目エースを擁する星稜と横浜の2校が軸になると予想します。

■(石川)星稜

星稜は2年連続13度目の出場で、夏を含め3季連続32度目の甲子園常連校。しかし優勝経験はなく悲願の初優勝に挑みます。石川県からも甲子園で優勝した高校はゼロなので「春夏連覇で伝説を作りたい」と主将の山瀬慎之助捕手も意気込んでいます。

昨年2018夏の甲子園では済美戦で延長13回に逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びて敗退。その悔しさを2019センバツで返すべく「日本一の練習」を合言葉に練習に励んでいます。

そんな星稜は大注目選手、今世代ナンバーワン投手・右腕の奥川恭伸を擁しています。昨年2018春夏の甲子園も経験もあり、北信越大会で優勝。神宮大会にかけて7試合48回3分の1を投げて自責0と驚異の数字。三振65に対し四死球は3の安定感も抜群。

ただ奥川投手はトップクラスだが、打線は全国大会では厳しいという評価もあるのがネック。
 

■(神奈川)横浜

もうひとつの優勝候補として予想される横浜高校は、 今大会屈指のサウスポーで153キロのストレートが武器の左腕エース及川雅貴投手を擁しています。

及川雅貴投手は「菊池雄星二世」と呼ばれ、プロ野球のスカウトからも「10年に一人の逸材」と大絶賛されているドラフト候補。

球種はストレートとスライダーの2つで三振を奪います。神奈川県大会では強豪・東海大相模相手に13奪三振、関東大会では1回戦の甲府工相手に9奪三振。

■決勝で星稜vs横浜を見たい

星稜の右腕エース奥川恭伸投手、横浜の左腕エース及川雅貴投手、甲子園で投げる姿を誰もが見たくなる2人。

決勝で対決となれば、夢の対決です。ぜひ実現してほしいですが、優勝候補の予想通りにもいかないのが甲子園です。

■ほか優勝候補の予想

対抗馬として、東北大会で優勝した八学光星や、センバツに選ばれなかった大阪桐蔭の分も頑張って欲しい履正社に期待が集まります。

■参考に今回、優勝経験のある高校一覧
横浜 センバツ&夏の優勝経験あり
東邦 センバツ優勝経験あり
龍谷大平安 センバツ優勝経験あり
智弁和歌山 センバツ&夏の優勝経験あり
広陵 センバツ優勝経験あり
高松商 センバツ&夏の優勝経験あり
桐蔭学園 夏の優勝経験あり
習志野 夏の優勝経験あり
龍谷大平安 夏の優勝経験あり
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

■【センバツ2019(春の選抜高校野球)】 出場校決定!一覧がコレ


.

2019年1月25日(金)、一般選考枠28校+神宮大会枠1校+21世紀枠3校の合計32校が、出場校決定されました。※神宮枠とは、神宮大会で優勝した地区に追加される1枠。

最多出場は41回目の龍谷大平安(京都)、初出場は8校です。

センバツ3連覇&甲子園3季連続優勝が期待された大阪桐蔭は選抜されず。昨秋の近畿大会で2回戦で智弁和歌山に負けてベスト8止まりだったので、西谷浩一監督も選抜入りは無理だと予想していました。

■21世紀枠

(茨城)石岡一 ★初出場
春夏通じて初の甲子園です
(徳島)富岡西 ★初出場
春夏通じて初の甲子園です。
「仮面ライダービルド」の主演俳優・犬飼貴丈(24才)の母校。1896年創立の歴史ある伝統校であり、「野球を通じた町作り」を進める阿南市の進学校。
(熊本)熊本西 ★初出場

■北海道地区

(北海道)札幌大谷 ★初出場
神宮大会では今回優勝候補の星稜を破り優勝しました。

■神宮枠(北海道地区)

(北海道)札幌第一 ※2年ぶり3回目

■東北地区

(青森)八戸学院光星 ※3年ぶり10回目
(岩手)盛岡大付 ※2年ぶり5回目

■関東地区

(神奈川)桐蔭学園 ※16年ぶり6回目
関東大会で優勝
(埼玉)春日部共栄 ※22年ぶり3回目
(山梨)山梨学院 ※5年ぶり3回目
(千葉)習志野 ※10年ぶり4回目
(神奈川)横浜 ※5年ぶり16回目
優勝候補。菊池雄星二世と呼ばれるエース及川雅貴を擁する。

■東京地区

(東京)国士舘 ※10年ぶり9回目

■東海地区

(愛知)東邦 ※2年連続30回目
(三重)津田学園 ※17年ぶり3回目

■北信越地区

(石川)星稜 ※2年連続13回目
優勝候補。今世代ナンバーワン投手・奥川恭伸を擁する

■近畿地区

(京都)龍谷大平安 ※3年ぶり41回目
昨秋の近畿大会で優勝。奥村真大内野手は勝負強い打撃を持ち味にサヨナラ打、準決勝では履正社相手に3ラン。
(兵庫)明石商 ※3年ぶり2回目
(大阪)履正社 ※2年ぶり8回目
(和歌山)智弁和歌山 ※2年連続13回目
(京都)福知山成美 ※5年ぶり3回目
(和歌山)市和歌山 ※3年ぶり6回目

■中国地区

(広島)広陵 ※6年ぶり24回目
(鳥取)米子東 ※23年ぶり9回目
タレントの上田まりえさん(32才)の母校
(広島)呉 ※2年ぶり2回目

■四国地区

(香川)高松商 ※3年ぶり27回目
大正・昭和・平成の3元号で春夏いずれかで優勝している唯一の高校。1996(平成8)年の夏には「奇跡のバックホーム」で5度目の夏優勝を果たしています。

■九州地区

(福岡)筑陽学園 ★初出場
(大分)明豊 ※10年ぶり3回目
(大分)大分 ★初出場
(宮崎)日章学園 ★初出場

■【センバツ2019(春の選抜高校野球)】 出場校決定の補欠校がコレ


最後に補欠校を紹介して終わります。

■北海道(北海道)駒大苫小牧、(北海道)釧路湖陵
■東北(岩手)花巻東、(宮城)仙台育英
■関東(栃木)佐野日大、(群馬)前橋育英
■東京(東京)東海大菅生
■東海(岐阜)中京学院大中京、(愛知)中京大中京
■北信越(長野)上田西、(長野)東海大諏訪
■近畿(大阪)大阪桐蔭、(兵庫)報徳学園
■中国(岡山)創志学園、(岡山)関西
■四国(高知)高知商、(高知)明徳義塾
■九州(沖縄)興南、(宮崎)小林西
■21世紀枠(島根)平田、(静岡)清水桜が丘

 

 



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP