【天神祭奉納花火2016】穴場スポットの場所マップとホテル3選。「見どころは紅梅と仕掛け花火」

「天神祭奉納花火2016」の穴場スポットの場所マップとホテル3選を紹介します。

2016年の「天神祭奉納花火」は7月25日(月)19:00~の日程で打ち上がります。
穴場スポットの場所を事前にチェックしておけば、当日場所取りもあちこち迷うこともないですね。
もしく花火の見えるホテルからゆったり花火を観覧するのもオススメです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

 ● 1.大阪天神祭2016 日程と見どころ


「天神祭奉納花火」は「大阪天神祭」最終日の19:00に行われる催しのひとつです。
なのでまずは「大阪天神祭」の日程と見どころについて紹介します。

「大阪天神祭」とは1000年以上続く大阪を代表する祭りで、毎年130万人が訪れる日本三大祭のひとつでもあります。

■大阪天神祭2016 日程:

・天神祭[宵宮]:2016年7月24日(日)
・天神祭[本宮]:2016年7月25日(月)

7月23日(土)天神祭[女性神輿]
 11:30~14:30 ギャルみこし
7月24日(日)天神祭[宵宮]
●神賑行事
  4:00 一番太鼓
●神事
  7:45 宵宮祭(よみやさい)
  8:30 鉾流行列参進
  8:50 鉾流神事
 11:00 行宮祭(あんぐうさい)
●神賑行事
 12:00 天神講獅子・獅子舞
 16:00 催太鼓氏地巡行
 16:30 どんどこ船宮入・鉾流神鉾奉還
 18:00 水上薪能
 18:40 催太鼓宮入
 19:00 獅子舞宮入
7月25日(月)天神祭[本宮] 
●神事
 13:30 本宮祭(ほんみやさい)
 14:30 神霊移御
 15:30 陸渡御列出発
 17:30 船渡御列出発
 18:00〜21:00 船渡御
 19:00 船上祭
●神賑行事
 19:00〜21:00 奉納花火
 20:30 催太鼓の宮入開始
 22:30 還御祭(かんぎょさい)

■大阪天神祭2016 見どころ:

「大阪天神祭2016」の見どころは3つあります。
・23(土)11:30~14:30 ギャルみこし
・25(月)18:00〜21:00 船渡御
・   19:00〜21:00 奉納花火
この3つです。
船渡御は、水の都大阪にふさわしい、天神祭のメイン伝統行事です。
約100隻の大船団によるかがり火と、打ち上げる花火のコラボは幻想的です。
ギャルみこしと奉納花火は、祭りをいっそう賑やかに彩る催しで、この2つは誰でも楽しめるので人気です。

「ギャルみこし」は1981年から始まり、一般応募で選ばれた女性たちが200kgの神輿を担いで天神橋筋商店街を巡行する有名な催しです。通りは見物客であふれかえります。
11:30に出発して天神橋筋商店街を巡行して、最後14:30に大阪天満宮に宮入します。
また巡行後に「ミス天神橋」が選ばれ、彼女たちは様々なイベントに出演することになります。

正式名称は「天神祭女性神輿」ですが、有名になるにしがたい、いつのまにか「ギャルみこし」と呼ばれるようになりました。

大阪天神祭ギャルみこしの動画

ちなみにこちらはギャルみこしの担ぎ手オーディションの様子です。
神輿を担ぐ腕力も必要です。

 ● 2.天神祭奉納花火2016 日程と打ち上げ時間、見どころ


ここからは、奉納花火の日程と打ち上げ時間、見どころ、そして穴場スポット情報をご紹介します。

★天神祭奉納花火の日程
■日程    :2016年7月25日(月)
■打ち上げ時間:19:30~20:50
荒天の場合 :中止

■打ち上げ数:約4,000発
■内容・見どころ:
毎年、天神様にちなみオリジナル花火「梅鉢の形に開く紅梅」が打ち上げられます。
また、水上の船渡御100隻余りの大船団によるかがり火とのコラボも素敵です。
その他ユニークな花火があるのも特徴で、文字の仕掛け花火などがあります。
・オリジナル花火「紅梅」
・水上の船渡御とのコラボ
・文字の仕掛け花火

 ● 3.天神祭奉納花火2016 打ち上げ場所とアクセス


■打ち上げ場所:神戸港(新港突堤~メリケンパーク沖の海上)
来場者数:130万人
問合先 :06-6353-0025(大阪天満宮)
有料席 :あり(テーブル5500円・自由席4000円 Walkerplusチケット)
     tel06-6809-1588「天神祭特別観覧席」事務局
駐車場 :なし。

■アクセス・最寄駅
・JR「桜ノ宮」駅西口 桜之宮公園沿いを南へ徒歩2分
 ※西口よりも東口を使ったほうが少しでも混雑を避けられます。
・京阪鉄道・大阪市営地下鉄「天満橋」駅 徒歩5分

 
 

[スポンサードリンク]

 
 

 ● 4.天神祭奉納花火2016 観覧場所や穴場スポット


「みなとこうべ海上花火大会」は、簡単スポットがたくさん分散していて見やすいというのも人気の理由です。
また、当時14時まで場所取りは一切禁止となっています。

メイン会場は、メリケンパークやハーバーランドなどです。
しかし人混みが苦手な人は、少しは離れた場所にある穴場スポットがオススメです。

「みなとこうべ海上花火大会2016」の観覧場所や穴場スポットがご紹介しますので、参考にしていただければと思います。

観覧場所や穴場スポットがひとめでわかるマップ
天神祭奉納花火
>>PDFで見る

★大川にかかる5つの橋(その両岸)
川面のきらめきと花火のコラボが美しいスポットです。大変人気が高いです。
源八橋・桜宮橋・川崎橋の三つの橋は打ち上げ場所に近いので人気の定番スポットで毎年混雑します。
なかでも源八橋は桜宮駅に近いので早めの時間からすでに混雑します。
混雑を避けるなら、北にある飛翔橋・都島橋がオススメの穴場スポットです。

北から順番に
・飛翔橋
・都島橋
・源八橋※定番!
・桜宮橋※定番!
・川崎橋※定番!

■飛翔橋

飛翔橋は橋渡御のスタート地点でもあります。
飛翔橋の両岸は、ライトアップされた大阪城と花火のコラボが見えます。

■都島橋

都島橋の両岸は、ライトアップされた大阪城と花火のコラボが見えます。
歩いて行ける距離に屋台もあります。

■源八橋 ※定番!

源八橋の東側は、混雑しますが近くから花火を鑑賞できます。

■桜宮橋 ※定番!

■川崎橋 ※定番!

打ち上げ会場から少し離れていますが、その分ゆったり鑑賞できます。
車は通れない、歩行者と自転車専用の橋です。
18:00~23:00頃は通行止めになるので、16:00くらいに場所取りがオススメです。

★打ち上げ会場の東側
東側(大川の東岸)エリアは、屋台が多いのが特徴です。

■桜宮神社

桜の宮神社の隣にある有名穴場スポットですが、有名すぎて混雑します。
ただ、近くで花火を鑑賞できます。

■毛馬桜ノ宮公園 ※王道

打ち上げ花火と文字仕掛け花火、両方楽しる、人気のスポットです。
公園にある広場を囲むように屋台並び、お祭り気分を満喫できます。
ただし混雑するので座って見ることができません。

■藤田美術館・藤田邸跡公園の周辺

穴場でもあるJR大阪城北詰駅から徒歩2~3分の位置にあります。
打ち上げ会場に割と近いので迫力ある花火を観覧できます。

■JR大阪城北詰駅

打ち上げ場所から離れていますが、その分ゆったり鑑賞できます。

★打ち上げ会場の西側
西側(大川の西岸)エリアは、仕掛け花火が見えづらいという欠点がありますが、東岸に比べれば混雑は少ないです。
長所としてはJR桜の宮駅以外からもアクセスがしやすいことです。
ちなみにJR天満駅は17:30頃から混みます。

■源八橋西側  ※王道

屋台があるのが良い点。

■大阪アメニティパーク(OAPタワー) ※定番!

OAPタワーこと大阪アメニティパークは、音と光の迫力を楽しめます。
目の前が川の向こう岸にある桜の宮公園が打ち上げ場所なので、間近で迫力ある花火の音と光を楽しめるというわけです。
定番の人気スポットなので、早い時間から混雑します。
階段に座って花火を鑑賞できるので、デートなら彼女が座っても汚れないように敷物を持参するのがオススメです。
ただし仕掛け花火が見えづらいという欠点があります。

■OAPレジデンスタワー東側の公園  ※王道

打ち上げ場所に近いです。
ここも階段に座って花火を鑑賞できるので、デートなら彼女が座っても汚れないように敷物を持参するのがオススメです。

■ドン・キホーテ桜ノ宮店

屋上駐車場から花火が見えます。

★花火が見えるレストラン
食事代がかかりますが、デートで行くならオススメですね。
花火の見えるレストランは早い時期から埋まってしまうことがあるので、早めに予約を済ませることをオススメします。予約時「花火が見える席」というのを忘れずに。

■「阪急32番街 空庭Dining」27~31F

阪急グランドビルにある「阪急32番街 空庭Dining」の27~31Fは、レストランフロアなので、食事をしながら花火を鑑賞できます。
>>阪急32番街 空庭Dining 公式サイト

■京阪シティモールのレストラン

京阪シティモールにあるレストランでは毎年、奉納花火特別プランが用意され食事をしながら花火を楽しめます。
当日は、特別プランを予約した人だけが入れますので、予約必須です。
>>京阪シティモール

■パノラマスカイレストラン アサヒ

名前の通り、パノラマビューを地上125mの高さから楽しめます。
>>パノラマスカイレストラン アサヒ

★花火が見えるホテル
花火が見える部屋に宿泊すれば、部屋からゆったろり花火を観覧できます。
また、それぞれのホテルの入口付近も、花火観覧の穴場スポットです。

■帝国ホテル大阪

花火大会向けのプランも用意されていますが、予約がいっぱいになるほど人気です。

■ホテルユーナス

■大阪キャッスルホテル


ホテルの予約は、早めがオススメです。
また予約の際には、花火大会を観覧したいということを必ず伝えて、花火の見える部屋をお願いしましょう。

★スリ・置き引きに注意!
混雑する場所では、毎年スリ・置き引きの被害が報告されています。
花火を観ることに夢中で荷物を足元に置いたりすると、気づいたら無くなっているという悲劇に・・・。

無くならなくても、混雑してる中で荷物を置いたら周りの人に迷惑ですよね。
スリ・置き引き防止と、周りへのマナーとして、できるだけ手荷物を少なくして身軽にして花火を観に行くことをオススメします。

人気の花火大会2016
6月
6月2日(木)横浜市 横浜開港祭2016の花火
7月
7月23日(土)東京都 足立の花火
7月25日(月)大阪市 天神祭奉納花火
7月30日(土)東京都 隅田川花火大会
7月30日(土)三重県 桑名水郷花火大会
8月
8月1日(月)大阪府 教祖祭PL花火芸術
8月2日(火)横浜市 神奈川新聞花火大会
8月2日(火)3日(水)新潟県 長岡まつり大花火大会
8月5日(金)福岡県 筑後川花火大会
8月6日(土)大阪市 なにわ淀川花火大会
8月6日(土)神戸市 みなとこうべ海上花火大会
・8月6日(土)愛知県 岡崎城下家康公夏まつり花火大会
・8月6日(土)厚木市 あつぎ鮎まつり大花火大会
8月8日(月)滋賀県 琵琶湖花火大会
・8月(第2日曜)岐阜県 手力の火祭・夏
・8月27日(土)秋田県 大曲の花火
9月
・9月24日(土)長崎県 ハウステンボス九州一花火大会

 
 

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP