【マイナンバー替歌の甘利明大臣】賄賂全貌(後編)建設会社Sの一色武が衝撃告白。

マイナンバーの替歌が話題になった甘利明TPP担当大臣(66才)と
その公設秘書で大和事務所所長の清島健一氏(39才)ら
が賄賂で1200万円を受け取ったとして問題になっています。

千葉県白井市の建設会社Sの総務担当者、一色武さん(62才)が
実名告白をして週刊文春が報じました。

後半について紹介します。
>>前半記事はこちらです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

甘利明大臣に1200万円の賄賂疑惑 登場人物


賄賂疑惑メンバー
・甘利明TPP担当大臣(66才)
・公設第一秘書で、大和事務所所長の清島健一(39才)
・政策秘書、鈴木陵充(すずき りょうすけ)
・政策秘書、宮下忠士

告白した側
・千葉県白井市の建設会社Sの総務担当者、一色武(62才)

その他
・UR:独立行政法人「都市再生機構」のこと。
 S社に隣接する道路建設工事をめぐってトラブル
・S社が土地を借りた地主

清島健一 プロフィール


清島健一氏は、どんな人物なのでしょうか。
大学は国士舘大学を卒業、
2002年から江田憲司衆議院議員の
事務所で秘書として働きます。
2003年に江田議員が落選したあとは甘利事務所に移りました。
2011年、甘利事務所で公設秘書となり
現在は地元で大和事務所の所長として活動中です。
2012年、甘利大臣の母親が死去した際は遺産処理を手伝ったほど
大臣からの信頼が厚い人物です。
一方で、「甘利大臣への遺産があまりなかった」と周りに漏らすなど
口の軽い人物でもあります。

鈴木陵充(すずき りょうすけ) プロフィール


鈴木陵充氏はどんな人物なのでしょう。
甘利事務所とは別の自民党議員事務所で働いていましたが
基本的に運転手でした。
甘利事務所に来てからは、大臣夫人に気に入られて
昨年夏に甘利夫婦が温泉旅行に行くときに運転手として同行しています。

甘利明大臣に1200万円の賄賂疑惑 全貌(後半)


●●●S社とUR 新たなトラブル●●●

補償金も入り、落ち着いたかと思ったら今度は、
URの道路工事によって、隣接するS社の敷地のコンクリートに亀裂が入ってしまいました。
これではS社の業務に支障をきたすため、一色武さんはURに抗議しました。
しかし、割れたコンクリートを補修するには、コンクリすべてを剥がす必要があったのです。

コンクリートの地面の下には、実は
地主の父親が登記した大量の産業廃棄物が埋まっていて、
すべて剥がす場合は埋まっている産廃を全て取り除くよう行政指導を受けてからです。
ちなみにURが工事する道路予定地の下にも同様の産廃が埋まっていました。

本来は不法投棄した地主が責任を持つべき産廃です。
しかしURは自分たちが工事する場所は、30億8000万かけて処理するといい
S社には1億3000万の補償金しか払わないといいます。
面積はS社のほうが広いのにです。
一色武さんは、また甘利事務所を頼ることにしました。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 
●●●甘利明大臣に相談したものの進展せず。●●●

2014年2月1日10:30すぎ
甘利明大臣の秘書の清島健一氏が所長を務める大和事務所の応接室で
一色武さんは甘利明大臣と会い、詳しい資料を渡しました。
説明や質問などが終わったあとで、清島健一氏から「例のものを」と言われ
一色武さんは甘利明大臣に50万円が入った封筒をわたし、大臣は「ありがとう」と受け取りました。
この50万円もピン札でコピーを取ってあります。

2014年7月半ば
相談から5ヶ月が過ぎても事態は進展しませんでした。
そして一色武さんの誕生日が近いという理由で、清島健一氏から会いたいといわれ
居酒屋で会うと大臣からのメッセージが書かれた色紙を渡されます。
そこには「得意淡然失意泰然」と書かれていました。焦らずに時期を待つべきという意味です。
「誕生日が近いという理由」で会いましたがこの日の会計は一色武さんが払いました。
この頃一色武さんと清島健一氏は毎週会うようになっていて
毎回、一色武さんが支払っています。

●●●賄賂に鈴木陵充氏が加わる●●●

2014年7月17日
甘利明大臣と清島健一氏が関わっていたURとの補償交渉に、新しいメンバーが。
政策秘書、鈴木陵充(すずき りょうすけ)氏です。

2014年9月25日17:30
鈴木陵充氏の提案で環境省の役人を議員会館に呼んで話をすることに。
このとき鈴木陵充氏は机を叩きながら環境省の課長ら2人に迫っていたといいます。
そしてその後、清島健一氏・鈴木陵充氏との3人で赤坂で食事、
錦糸町のキャバクラなどを2軒ハシゴしてます。

2014年11月20日
一ヶ月後に衆院選が迫った頃、清島健一氏から金銭提供を求められました。
S社名義50万円、一色武さん個人の名義で50万円を寄付しています。
※収支報告書には、S社名義50万円の記載しかありません。
 一色武さん個人の名義50万円は、政治団体として届け出のない
 「甘利明事務所」という手書きの領収書を清島健一氏が発行。

2015年
国交省の局長に口利きをするから商品券5万円を要求され、渡しました。
ほかにも
国交省の役人に商品券30万円を要求され、渡しています。
「口利き経費」として2人に渡したのは210万円にもなるといいます。

清島健一氏・鈴木陵充氏の要求は次第に露骨になっていき
鈴木陵充氏からはトヨタの高級車レクサスを要求されています。
清島健一氏とは毎週いっしょに食事をし
フィりりピンパブにもよく行き、
その経費はすべて一色武さんが支払いました。
こうした「飲食費」は160万円になります。

甘利明大臣「記憶にあいまい」


甘利明大臣は、週刊文春に掲載された一色武さんの賄賂告白について
「お騒がせしている。今朝、記事を読んだ」
「会社の社長一行が大臣室を表敬したのは事実だ。
記憶があいまいなところがあるので、きちんと整理をして説明したい」
とコメントしていて、
一色武さんと面会したことは認めているものの、
賄賂についてははっきりしていません。

秘書のことについても「事実関係が不透明」としていて
正確に把握してから説明すると言っていますが・・・
果たしてどうなるのか。

事実であると認めたら、これは大問題になります。
安倍政権にとって大打撃になるのは間違いないですね。
 
 

<スポンサードリンク>

  
  
※関連記事
>>千葉県白井市の建設会社S一色武が甘利明大臣に渡した賄賂1200万円の全貌。週刊文春の写真画像に衝撃(前半)
>>【マイナンバー替歌の甘利明大臣】賄賂全貌(後編)建設会社Sの一色武が衝撃告白。
>>【甘利明大臣の賄賂疑惑】白井市の建設会社Sがどこなのか注目が集まる。画像が手がかり
>>大和事務所所長、清島健一がニンマリ画像から一転、一家まるごと失踪。週刊文春の賄賂証拠が原因か
>>週刊文春「甘利明大臣賄賂」は、建設会社Sが用意周到に企てたことだったのか?
>>甘利明大臣のもう1人の秘書、名前は鈴木陵充。写真も週刊文春に掲載されている。
>>薩摩興業一色武の正体は、稲川会右翼だった。(前半)週刊新潮が特集で明らかに
>>一色武は稲川会右翼から薩摩興業へ。そして甘利明大臣に目をつけた(後半)週刊新潮が暴露
>>一色武の名刺画像と稲川会右翼からの経歴まとめが怖すぎる(顔モザイク画像あり)
>>「黒幕が民主党」は考えすぎ?甘利明大臣に罠をしかけた犯人、黒幕らをリストアップ。
>>薩摩興業一色武は稲川会以前から甘利明大臣・父親甘利正と知り合いだった
>>【甘利明大臣の賄賂】まとめから真相に迫る。罠をしかけた側とハメられた側のダークストーリー

コメント

    • sara mary
    • 2016年 1月 26日

    私は普通の主婦です。これってお互いに「頼む頼まれるの世界」ですよね。
    私は以前小泉さんに頼むトラブル・口利きは10万円が相場だと聞いていますし、政治家は党にかかわらず普通にあることじゃあないです?

    それは議員の贈収賄がいいわけないですよ。でも世間は実際そうなっています。
    改善しなければならないことです。

    問題は、甘利さんって今は日本の経済を支える匿名大臣で、一番大事な局面ですよね?  なぜこの時期にですか?  日本の国家の国益を大きく損なうのは芽に見えてるじゃあないですか??!!

    少なくとも夏過ぎであれば、大臣交代など責任を取れば事澄むのに。  本当にこれは「大変おかしな事」です。相談する方もたかりみたいにお金を何億も取ってい入るし、もっと取ろうとして取れなかったから・・・暴露>??!!   これ日本人でhないでしょ?

    やり方も汚すぎます!!!!!!!!!??

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP