【清原和博と長渕剛】殴り合いの喧嘩の原因は「薬物の噂をたしなめられたから」

清原和博容疑者(48才)と長渕剛さん(59才)は
かつて兄弟のような関係で、2にには薬物疑惑という
共通点もありました。

そんな清原和博容疑者とアニキ長渕剛さんには
「殴り合いの喧嘩」をしたという都市伝説があります。
これはどうやら事実で、原因は「薬物の噂」にあるようです。

ネットではもはや2人セットのような扱いで
清原和博容疑者の逮捕の次は、長渕剛さんだろうといわれています。

「薬物の噂」をたしなめたことから、
「殴り合いの喧嘩」に発展したのですが、今思うと
長渕剛さんは自分の薬物疑惑の目が向けられると困るから、
清原和博容疑者を注意したのではと考えられます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

清原和博 長渕剛 殴り合いの喧嘩


球界関係者によると
2008年10月に現役を引退してからというもの、
清原和博容疑者(48才)は暴飲暴食のせいで激太りし、太鼓腹に。
アニキ分の長渕剛さん(59才)は、
「ちゃんと体をしぼれ」と苦言を呈していました。

清原和博容疑者は刺青を入れるときも
長渕剛さんに相談をしていて、キツく叱られています。

2011~2012年頃には
球界では清原和博容疑者の薬物疑惑の噂も流れていました。

2013年の夏
「激太りを苦言」「刺青を叱られる」「薬物の噂」のなか、
清原和博容疑者と長渕剛さんは銀座の高級クラブに飲みに行きました。
そのとき、長渕剛さんは
弟分の「薬物の噂」について軽く注意したのですが、
清原和博容疑者はそれに腹を立ててしまい
店内のトイレの前で殴り合いの喧嘩を始めたといいます。

クラブの関係者によると
先に殴ったのは清原和博容疑者のほうで、それも突然でした。
殴られた長渕剛さんが殴り返して、
殴り合いのめちゃくちゃな喧嘩になった模様です。

しかし1ヶ月も経つと、
清原和博容疑者と長渕剛さんは
またその高級クラブに飲みに来たといいます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

ダウンタウンなうでは、殴り合いの喧嘩を否定

2015年8月に出演した「ダウンタウンなう」では、
清原和博容疑者は「ないです」と否定しています。
揉めたこと、少しもないと否定していましたが
態度が挙動不審だったので、ダウンタウンと坂上忍さんに
「挙動不審じゃん」と突っ込まれていました。

松本人志さんからの
「最近はあんまり連絡取っていないんですか」との問いには
「連絡取ってないですね」と答え
2014年3月の薬物疑惑報道のあと連絡が途絶えたと話しています。


 
 

<スポンサードリンク>

 
 
関連記事
>>清原和博の現在の画像にショック。「薬物使用疑惑」は本当だった…【覚醒剤で逮捕】 
>>【病気の母を持つ清原和博】病名は難病だけではない。涙の親子エピソードが切ない
>>清原和博、覚醒剤逮捕の速報。文春前から捜査、左手に注射器とストロー、初公判は3月か4月。
>>【清原和博】覚醒剤の入手ルートはASKAと同じか?謎の運転手Xの存在も浮上
>>【オフィスキヨハラ】清原和博の事務所は評判最悪…衝撃ドタキャン3事例。売上減で倒産は確実か
>>清原和博が山口組「弘道会」ストラップを自慢することは、もうないかもしれない
>>清原和博はいつから刺青を足や背中に入れたのか。「小さい時からの憧れ」
>>清原和博、薬の真実。西武の後輩ではない、メールが語る証拠。野村貴仁で間違いないだろう
>>清原和博と野村貴仁、逮捕までの全貌。すべてはここから始まったのか
>>【清原和博と元会社社長はどこで】群馬の目撃場所が太田市である理由が怖い・・・
>>清原和博逮捕に「ハーフ美女」彼女が協力した理由が切ない…「もがき苦しむ彼の姿が辛くて」
>>【銀座リッツクラブの彼女】清原和博を覚醒剤中毒にしたホステスの闇が恐ろしい
>>【芸能人逮捕】清原和博の次はN(長渕剛)との噂。「イニシャルAKN」の詳細に衝撃
>>「群馬のシャブばばあ」清原和博の覚醒剤購入先。太田市に「シャブ御殿」建てた黒幕のプロフィールとは
>>【これが元巨人の今現在】野村貴仁の画像に衝撃。2006年に逮捕された元プロ野球選手は変わり果てていた
>>タニマチは清原和博を守るため逮捕されていた。名前は山田大輔(仮名)「生まれ変わりたい」
>>【覚醒剤逮捕の清原和博】巨人の先輩強打者が薬物を教えていた。「先輩は誰だ」ネットで話題
>>【現在の野村貴仁に衝撃連続】仕事もなく自宅は家中ゴミだらけ!「土足でいいですよ」
>>【清原和博と2ショット画像の大物歌手】誰でもない、「長渕剛」が有力な理由
>>【清原和博と長渕剛】殴り合いの喧嘩の原因は「薬物の噂をたしなめられたから」
>>【清原和博&長渕剛】絶縁の理由は「長渕剛の裏切り」週刊新潮の詳細がスゴイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP