【ASKA→清原和博】歴任運転手の名前が誰なのか注目が集まる「飯島愛から大金を横領した『おじさん』」

2014年5月17日に覚醒剤薬物で逮捕されたASKA氏と
2016年2月2日に同じく覚醒剤薬物で逮捕された清原和博氏の
運転手は、なんと同一人物だったことが判っています。
ネットでその歴任運転手の名前が誰なのか注目が集まっています。

それのそのはずです。状況的に、この謎の運転手が
ASKA氏と清原和博氏に覚醒剤薬物について関係していると
どうしても関連付けて考えてしまうからです。

この運転手の名前は誰かというのは、
一般人ですから、逮捕でもされない限りは公開されないでしょう。
ただ、どういった人物であるかは情報があるようです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

清原和博氏の運転手の仕事


運転手はみんな辞めていった

清原和博氏の事務所「株式会社オフィスキヨハラ」は
2012年9月22日に会社設立されましたが
大手転職サイト「DODA(デューダ)」で
「運転手兼マネージャー兼身の回りのサポート係」を募集していました。
運転する車は、愛車ベンツとアルファードです。

清原和博氏ほどの有名人なら、
業界の人脈から運転手を雇うことができそうなものですが
一般募集したのはなぜなのでしょう。それには理由がありました。

「運転手兼マネージャー兼世話係」になった人間がいても
清原和博氏のわがままについていけずに、精神的に参って次々に辞めたからです。

清原和博氏のわがままが酷い

運転手が次々辞めていった理由にはこんなものがあります。

・時間にルーズすぎて、遅刻の常習犯
・野球解説の仕事、イベント出演、講演会をドタキャンするのが日常茶飯事
・「身の回りのサポート」の仕事がキツすぎる

ドタキャン騒動では、
・2009年 WBCの解説をドタキャンし、生中継の仕事がなくなる
・2011年 ラジオを何度もドタキャンし、ラジオ局から敬遠される
・2012年 900人動員の講演会をドタキャン「金返せ」のクレーム
こういったものがあります。すべて酷くてフォローの言葉もありません。

身の回りのサポートでは
2009年6月・9月、銀座のクラブのママとの不倫報道があった際に
当時の運転手に「お前、記事を差し止めろ!」と怒鳴って命令しました。
案の定、運転手は精神的に参り、辞めています。

運転中には
後部座席に座った清原和博氏がモノスゴイ暴言を吐きながら、
運転席を後ろから何度も蹴るといいます。
ただでさえ、高級車を運転して緊張するのに、これは大変です。

西武時代の後輩も運転手をした

清原和博氏が人脈を活かして、西武時代の後輩も運転手をしましたが
上記のようなわがままぶりに付き合いきれなくなり、辞めています。

「オフィスキヨハラ」を設立したのは、前の事務所をクビなったから

清原和博氏は2008年に現役を引退したあと、
スポーツ選手が在籍する事務所に籍をおいていましたが
次々と起こすトラブルにより、「事実上のクビ」となっています。
「オフィスキヨハラ」を設立したのには、そういった過去がありました。

現在の運転手になったのはいつから?

ASKA氏が2014年5月17日に覚醒剤薬物で逮捕されているので、
その頃から清原和博氏の運転手になったと推測されます。
 
 

[スポンサードリンク]

 
 

ASKAと清原和博を歴任した運転手はどんな人物か


ASKA氏と清原和博氏を歴任した運転手、
仮にX氏と呼びます。

運転手A氏は、実はASKA氏の運転手をするまえ
故・飯島愛さんの運転手をしていました。

経歴1.飯島愛のもとで運転手

故・飯島愛さんの運転手を1~2年していて、
彼女からの信頼は厚く、部屋の合鍵を渡され掃除をしていたとか。
また2人は、深い仲でもあったようです。

しかし、2006年11月に飯島愛さんが大金を横領された事件があり、
その犯人は「運転手X氏」でした。信頼を裏切りで返したのです。

飯島愛さんの当時のブログによると「運転手X氏」は
横領した大金を、外国人の女性に貢いだようです。
横領した大金の金額は、1億円にまでいかないものの、
かなりの金額、数千万単位ではあったようです。

その後、「運転手X氏」はケータイ番号を変えて行方をくらましました。
また、飯島愛さんは、なぜか彼を訴えなかったので
そうできない何か、弱み(覚醒剤?)を握られているとか、
「運転手X氏」のバックに大きな組織があったのかもしれません。

飯島愛さんはブログで「運転手X氏」のことを
「おじさん」と書いているので、当時34才くらいだった彼女から見て
「おじさん」ということは、当時40~50代と思われます。
なので現在は50~60代と考えられます。

経歴2.ASKAのもとで運転手

ASKA氏のもとで運転手をするようになると
夜の遊び友達のひとりにもなっていったようです。
「運転手X氏」は、山口組の弘道会関係者ではないかという
噂もあります。

ASKA氏と飯島愛さんと「運転手X氏」は
薬物仲間でもあり、その模様のビデオが流出して
ASKA氏は精神的に追い込まれたようです。
そしてさらに覚醒剤薬物にのめりこんでいったようです。

経歴3.清原和博氏のもとで運転手

ASKA氏が2014年5月17日に覚醒剤薬物で逮捕されたあと、
「運転手X氏」は清原和博氏の運転手になったと思われます。

そしてASKA氏と同様に、
清原和博氏は薬物にのめり込んだ末、警察に逮捕されました。
同じ結果をたどっています。
これは「運転手X氏」が仕掛けたことなのか、
彼らが自滅してこうなったかは謎です。

「運転手X氏」の名前が誰なのかはわかりません。
ただひとついえるのは、
「運転手X氏」が運転手をした有名人は全員不幸になっていることです。
清原和博氏が逮捕されたことで、
「運転手X氏」は次の有名人を探しているかもしれません。
そう考えると非常に怖い話です。

警察はきっと「運転手X氏」のことも怪しいとマークしているはずですが、
証拠がなくて手がだせないのでしょう。
  
 

<スポンサードリンク>

 
 
関連記事
>>清原和博の現在の画像にショック。「薬物使用疑惑」は本当だった…【覚醒剤で逮捕】 
>>【病気の母を持つ清原和博】病名は難病だけではない。涙の親子エピソードが切ない
>>清原和博、覚醒剤逮捕の速報。文春前から捜査、左手に注射器とストロー、初公判は3月か4月。
>>【清原和博】覚醒剤の入手ルートはASKAと同じか?謎の運転手Xの存在も浮上
>>【オフィスキヨハラ】清原和博の事務所は評判最悪…衝撃ドタキャン3事例。売上減で倒産は確実か
>>清原和博が山口組「弘道会」ストラップを自慢することは、もうないかもしれない
>>清原和博はいつから刺青を足や背中に入れたのか。「小さい時からの憧れ」
>>清原和博、薬の真実。西武の後輩ではない、メールが語る証拠。野村貴仁で間違いないだろう
>>清原和博と野村貴仁、逮捕までの全貌。すべてはここから始まったのか
>>【清原和博と元会社社長はどこで】群馬の目撃場所が太田市である理由が怖い・・・
>>清原和博逮捕に「ハーフ美女」彼女が協力した理由が切ない…「もがき苦しむ彼の姿が辛くて」
>>【銀座リッツクラブの彼女】清原和博を覚醒剤中毒にしたホステスの闇が恐ろしい
>>【芸能人逮捕】清原和博の次はN(長渕剛)との噂。「イニシャルAKN」の詳細に衝撃
>>「群馬のシャブばばあ」清原和博の覚醒剤購入先。太田市に「シャブ御殿」建てた黒幕のプロフィールとは
>>【これが元巨人の今現在】野村貴仁の画像に衝撃。2006年に逮捕された元プロ野球選手は変わり果てていた
>>タニマチは清原和博を守るため逮捕されていた。名前は山田大輔(仮名)「生まれ変わりたい」
>>【覚醒剤逮捕の清原和博】巨人の先輩強打者が薬物を教えていた。「先輩は誰だ」ネットで話題
>>【現在の野村貴仁に衝撃連続】仕事もなく自宅は家中ゴミだらけ!「土足でいいですよ」
>>【清原和博と2ショット画像の大物歌手】誰でもない、「長渕剛」が有力な理由
>>【清原和博と長渕剛】殴り合いの喧嘩の原因は「薬物の噂をたしなめられたから」
>>【清原和博&長渕剛】絶縁の理由は「長渕剛の裏切り」週刊新潮の詳細がスゴイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP